日々のこと

湯たんぽのしあわせ。

img_3231-1

昨日は、代官山蔦屋書店での「キッチンで読む ビジネスのはなし」のトークイベント
にたくさんの方にお越しいただき、ありがとうございました。
ろみさんのお話は面白かったなあ〜。
このご報告は後日改めてアップしますね。

img_2245

 

 

さて!今年もこの季節がやってきました!
そう、湯たんぽです!
もうちょっと小洒落た湯たんぽも持っているのですが、私はこの昔からある陶器の素朴な湯たんぽさんが大好き!

img_3234

どっしりと重く、少々寝相が悪くて蹴っ飛ばしてもずれることなく、
朝までしっかり足元をぽかぽか暖かく保ってくれます。

 

毎晩、お風呂に入る前に、やかんいっぱいのお湯を沸かして湯たんぽに入れ
ベッドの中へ入れておきます。
「さあ、今日もお仕事頑張りました。寝ようっと」と
布団に入ると、足元がふんわり暖かい!
この幸せといったら!

「あ〜、幸せ!」って毎回思います。
仕事で何かを成し遂げたり、頑張って目標を達成したり……も大事だけれど、
歳を重ねるにつれ、この

「あ〜、幸せ!」

というため息を大事にしたいなあと思うこの頃。
チャチャッと料理を作って「あ〜、おいし〜!」
お笑い番組を見て、夫と「あ〜、おかし〜!」
車で出かけて遠くに雪をかぶった山々が見えて「あ〜、きれい〜!」

 

ものすご〜く単純だけど
こうした日々の小さな喜びが、少しずつ積み重なったものこそ
「幸せ」っていうものの中身なんじゃないかなあと思います。

 

陶器の湯たんぽは、じわじわ暖かくなって、じわじわ冷めていくのが特徴。
朝目覚めたとき、ちょっとずれてしまった湯たんぽを
足で手繰り寄せ、まだそこに残った温もりを足先に感じると
またまた「あ〜、幸せ〜」と感じるのです。

 

寒い冬の日々、無骨な湯たんぽが、小さな幸せを教えてくれます。

 

 

私は、これを10年ぐらい前に、マーマーマガジンの通販で買いました。
今、「マーマーなブックスアンドソックス」では、
この陶器のタイプの白やベージュもあるよう。
いいなあ〜、白!
興味がある方はチェックしてみてくださいね〜。

 

 

You Might Also Like