日々のこと

お茶でも入れて読書をどうぞ

img_0027

 

今年も残すところ10日ほどになりました。
私は、「暮らしのおへそ vol25」の校正や、新たな書籍の原稿、チェックなど
「も〜、本当に仕事終わるのかしら?」と思うほどバタバタと過ごしておりました。
それで、すっかりご報告が遅くなってしまったのですが、
新たに出た本2冊のご紹介です。

まずは「暮らしのまんなか」。
表紙がマット加工になり、大きくリニューアル。
デザイナーの引田大さんと相談しながら大胆なデザインに。
とても素敵な1冊になったと思います。

今回この本で取材させていただいた方々、本当に素敵なお住まいでした。
今号のテーマは、「昨日より今日を進化させるマイルール」。
色々な方の暮らしのルールを紹介しています。

 

img_0028

名古屋にお住いで、古布や糸でものづくりをされている小菊永吏子さんは、家具を極力おかずに、
箱やかごで収納を。

 

 

img_0029

フォトグラファーの高見朋実さんは、ものを厳選して見せる収納に。

 

 

img_0034

島根の田中健さんと純子さんは、元酒屋をリフォームして、自分たちで考えた自由な部屋づくりを。

 

そのほか、料理家冷水さんのお宅や

img_0030

 

トラネコボンボンの中西なちおさんには、冬野菜を使った料理を教えていただきました。

img_0033

 

見応えたっぷりだと思います。
ぜひお手にとってくださいね。

 

そしてもう1冊!

img_0036

halの後藤由紀子さんの新刊「地元な暮らしー後藤さん、今日はどちらへ?」
のお手伝いをさせていただきました。

この表紙、美しいでしょ〜!
うっすらと見える山は富士山です。
デザインはサイトヲヒデユキさん。
写真は、大沼ショージさんです。

この個性豊かなスタッフで、今までのライフスタイル本にはない1冊になったなあと思います。

この本は、後藤さんの地元、沼津のあれこれを紹介したもの。
でも、一見ガイド本に見えるのですが、実は
19歳で沼津をでて、キラキラとした東京で楽しい日々を過ごし、24歳で故郷へ戻り、結婚してお母さんになった。
そんな後藤さんにとっての「地元」ってどんな存在だったのか。
富士山や、美味しい水や、アジフライを紹介しながら、
それを見つめる後藤さんと、何を大事にするかを選び取ってきた過程、
後藤さんの足跡を綴っています。

 

img_0037

こんな立派なアジの干物や

img_0038

暮らしのすぐ横にある海や

img_0040

地元だからこその気のおけない仲間や、

img_0042

東京から招いたお客様を案内することや(今回はフラワースタイリストの平井かずみさんをご案内。
二人の対談も掲載されています)

などなど。
この本を読んだら、きっと自分の「地元」を見直してみたくなるはず。
そんなきっかけになったらいいなあと思う1冊です。

こちらもぜひ!

年末の慌ただしい中で、ちょっとお茶でも入れて読書タイムをつくってみたり、
または、年始のために、読む本をストックしておくのもいいかもしれません。

 

 

You Might Also Like