美しきワガママンたち

自分の中に答えは必ずある。

2019_04_30_0249

福岡県糸島で、野草ハーバリストとして活躍する加藤美帆さんにお話を伺っています。

Vol1 . 回り道してたどり着いたのは、素のままの自分に還ること
Vol2. 自分がやりたいことは、自分で決めていい
Vol3, 自然の一部として生きれば、自分に素直になれる
Vol4, 人生は、舞台の上でたった一人で踊っているダンス

よもぎ茶を作りながら、加藤さんは糸島のサロンで、
月に数組だけの「薬草リトリート」を行なっています。
リトーリートってなんですか?と聞いてみました。

「非日常、という意味で、普段忙しく生活している人が、
自然の中に入って自分を取り戻す時間を持つ、というものです。
まずは、朝10時頃来ていただいたら、ウェルカムティーの季節の薬草茶をお出ししながら
体調や今、どんな心持ちなのか、お話を伺います。
その後カゴを持って一緒に野草を探しながら散策し、
季節のさまざまな山菜や野草、野の花を学びます。
一旦戻って、糸島産の新鮮な野菜と、摘みたての野草を蒸篭や土鍋などを使って調理。
滋味深い食事を作ります。
ノンアルコールの発酵ドリンクや、さまざまな薬草酒とともにランチタイムを。
午後は、数十種類の薬草エキスや、たくさんの精油の中から、
自分の心とお肌にぴったりの薬草化粧水を作ります。
こうやって、おいしいものを食べながらのんびり過ごしていただきます。

私が何かを『してあげる』というのではなく、
あくまで自然の中に入って、その人自身が自分の強さやしなやかさ、痛みに気づいて
一人で自分自身を癒していく……という感じですね」。

2019_04_30_0584

私も、今回一緒に野草を摘みに出かけ、一緒にキッチンにたってお手伝いをし、
ご飯をいただきました。

なんだか、古い友達の家を訪ねたよう……。
キッチンのすぐ外に広がる自然を感じるということは、 想像以上に大きな体験でした。
縁もゆかりもなかった糸島に移住し、
ゼロから自分が好きなことを立ち上げていった美帆さん。
今は仕事も軌道に乗り、新たなパートナーとも出会い、
「今が最高に幸せ」と語ります。

 

2019_04_30_0334

 

好きなことをして食べていきたいけれど、勇気がなくて悶々としている人たちに
何か言ってあげられることはありますか?と聞くと、こんな風に答えてくれました。

 

「自分が自分を満たしていなかったら、好きな仕事は始まらないと思います。
自分が好きなことをやりたくて、もがいている人って、真面目な方が多くて
そういう人は、何か価値があることをしないと、自分には価値がない……って
思ってしまうところがあるんですよね。
でも、全然そんなことはなくて、 私もまだ思いきれていない時もありますが、
自分は自分でいい……。
自分が自分であることに心地よくなると、
自然と心底リラックスした状態になって、
ふっと思い込みがほどけて、
初めて内側の『本当にやりたいこと』にアクセスできるんだと思います。

だから、まずは嫌なことからやめてみるとか、
すごく小さなことでもいいから、自分のしたいことをするとか……。
そんなことを続けているうちに、「やりたいこと」をやる方法がぽろりと出てくる。
『自分の中に必ず答えはある』ということは、信じていいと思います」。

 

2019_04_30_0397

私も若い頃は、「まだまだ」「もっともっと」と
自分を否定することで、さらに高く飛ぼうと思っていました。
確かにそれは、ひとつの力になりました。
自分が足らないことを満たす何かを渇望する……。
その「上昇欲」があったから、頑張れたし、まだ見ぬ世界にやっと手が届いた喜びも
体験できたと思います。

でも、ずっと「まだまだ」と思い続けていると、自分を消耗してしまいます。
どこかで矢印を自分に向けて、
「私は私のままでいい」と思える時期がやってくるのだと思います。
それは、「自分」に対して腹を括ることでもあります。
「私はこれでいいんだ」と。
そして、腹を括るからこそ、「そんな私ができることってなんだろう?」
と自分の中から力を引っ張り出すことができる……。

 

「あ、みつけた!」
野草を摘みに出かけた美帆さんの笑顔のさわやかなこと!
「自分でいる」ことで、こんないい顔になれるんだと感動してしまいました。
私もこんな風ににこやかに笑える毎日を送りたいと思います。

 

You Might Also Like