坂下真希子の「毎日パンとサラダ弁当」ときどき「山生活日記」

本日(9/4)のパン&簡単サラダ弁当

今日もいつもの簡単サラダ弁当。今日サラダの上に乗せた惣菜はこちらの2種類。

img_4109

⚫︎さつまいもとれんこんのカレー炒め
作り方>
厚手の鍋にオリーブオイルと潰しにんにくと生姜みじん切りをいれて火をかける。香りがしてきたら、カレー粉を入れ、しっかり炒める。ひと口大にカットしたさつまいも、れんこん、ベーコンを入れてよく炒め合わせ、酒と塩をふり、蓋をして蒸す。具材に火が通ったら、ナンプラーと醤油を回し入れ、全体炒め合わせる。
ポイント>
カレー粉を最初に炒めるのがポイントです。スパイスはしっかり炒めると苦味や粉っぽさがなくなります。ヨーグルトやトマトを入れるとマイルドな味わいになります。

⚫︎焼き鯖とキャベツのディルレモンサラダ
作り方>
鯖に塩をふり、魚グリルまたはオーブンで焼く。ざく切りしたキャベツに塩をふり、よくなじませたら、レモン、ごま油、ディルを入れて混ぜ合わせる。その上に焼きサバを乗せる。
ポイント>
焼きサバを使ったサラダが食べたくて作りました。家族はこのキャベツのディルレモンサラダをバーベキューの時の箸休めサラダとして、よく食べています。肉料理の付け合わせにもオススメです。

前日に切っておいたベース野菜は、水菜、キャベツ、バターナッツ、紫玉ねぎ、シャインマスカット。

img_4110

この上に順番に惣菜を乗せていきます。まずは焼きサバとキャベツのレモンディルサラダから。

img_4111

次は、さつまいもとれんこんのカレー炒め。

img_4112

最後にレモンとレッドブロッコリースプライトを乗せ、上から塩、オリーブオイル、クミンシード、ブラックペッパーを回しかけて完成です。

img_4113

今日このサラダに合わせたパンは、dans dix ans (ダンディゾン) の「ピスターシュ」というパン。ここはショップカードやショッパー、リーフレットのデザインもステキです。

img_4116

吉祥寺駅から徒歩10分のところにあるベーカリー「dans dix ans (ダンディゾン)」。毎日食べるパンだから、体にやさしいものを、そしてその10年後も食べていてほしいという意味を込めてダンディゾン(10年後)という店名をつけたというこだわりのパン屋さん。店装やグラフィックも独特のスタイルがあります。

BL30(フレッシュバター30+牛乳)、BL20(フレッシュバター+水)、OE15(イタリアオリーブオイル無農薬15%+水)、S100(京都のお豆腐屋さんの豆乳100%)という4種類の食パンを中心に、その他バゲットやハード系、おやつパンや季節のパンなど、おいしくて体にやさしい、素材にこだわったパンを販売しています。

今回友人からいただいたのは「ピスタージュ」というパン。軽くローストしたピスタチオを練り込んだ、セミハードのパンだそう。ピスタチオペーストをつけていただきます。

img_4114

というわけで、本日のパン&簡単サラダ弁当の完成です。

今日も一日このパンで乗り切ります!

 

店舗情報>
住所/東京都武蔵野市 吉祥寺本町2‐28‐2 B1F
TEL/0422-23-2595
営業時間/10:00~18:00日曜営業
定休日/火曜日・水曜日

You Might Also Like