日々のこと

「時間」って何? と真剣に向き合いました。

img_1082

やっと今朝は光が戻ってきた東京です。
さて、昨日は「暮らしのおへそ」別冊の校了作業で編集部へ。

5月30日にいよいよ発売です!
「暮らしを、整える」「『おいしい』の、段取り」「暮らしを、磨く」
「まずは、体を整える」「わが家のお金を、整える」
と1年に1冊ずつ出してきた「暮らしのおへそ」の実用シリーズ。

ものすご〜く好評をいただいていて、
「暮らしを整える」はなんと11刷り!
「まずは、体を整える」は、7刷り!
ありがたいことです!

そして!!!
次号はというと………。
ジャ〜ン!

img_1085

 

「時間を、整える」

であります!

私自身、毎日時間に追われ、
なのにダラダラ過ごしてあっという間に時間が流れ……。
と時間の使い方がなかなかうまくいきません。
どうやったら「時間」を味方につけることができるのでしょう?

そんな時間上手な人に話を聞きました。

 

が!

それだけではないのが「おへそ」の別冊たるところ。

能率がいいこと、効率がいいことだけが、大事なのだろうか?
あの人のこの人の時間の流れは違うし
だったら、時間って一体何?

 

そんな「時間」についての根っこのお話を
いろんな方に伺いました。

詳細はまた改めて「おへそのすきま」の方でお伝えしますが、
ここでちょっとだけ……。

巻頭は映画監督の河瀬直美さん。
あの、樹木希林さんが、美味しそうな餡子を煮るシーンが忘れられない「あん」や、
永瀬正敏さんが光を失ったカメラマンを演じた「光」など
数々の作品を生み出し、カンヌ映画祭の常連でもあります。
次回作はフランスの人気女優ジュリエット・ピノシュを迎えた「Vison」なのだとか。

 

img_1086

(これは、まだ校正紙の段階のもの)

も〜!
私は、この時期に河瀬さんにお会いでき、お話を聞けて本当によかったと思いました。
この仕事をする幸せをしみじみ感じたインタビューでした。

河瀬さんの映画作りは、業界ではちょっと有名です。
映画を創る時には、俳優さんたちにまずはそこで暮らしてもらうそう。
森の中での映画なら
山の暮らしをしてもらわなければ、山の所作はわからない……。

トマトがなっているシーンがあれば、
春から畑に苗を植えて、夏の撮影に間に合うようにみんなで育てるそう。
リアルにそこに野菜がなっていることで、
俳優さんたちは、ちゃんど「もいで、食べる」ことができる。

そこにかけた時間は、絶対映画に映る……。

リアリティというものを、本当の時間というものを教えていただきました。

 

 

最後に聞かせてくれた河瀬さんの言葉が忘れられません。

 

 

「柿を食べたいと、
桜の時期に思っても食べられへんで。
柿の時期に、桜を見たいと思っても見られへんで。
だから、河瀬さんにはまだ時期が来てへんだけや。
もうちょっと我慢しいや」
奈良の山のじいちゃんがそう教えてくれました。

 

 

その他にも、時間にまつわる素晴らしいお話がいっぱいです。
5月30日発売!
みなさまぜひ!

 

校了作業を終えた帰り道、なんと河瀬監督とばったり!
びっくりしたなあ〜。
いいご縁を、神様がプレゼントしてくれているみたいでした!

You Might Also Like