日々のこと

旅土産は、和菓子とタクシー運転手さんのおもしろ会話でした!

img_4956

一雨ごとに緑が深くなってきましたね。
新しい一週間の始まり。
みなさま、どんな朝を迎えられたでしょうか?

週末は、板倉直子さんの新刊「頑張らないおしゃれ」(主婦と生活社)の
トークイベントが、松江の板倉さんのお店「Daja」と、米子の今井書店さんで開催され
二人で登壇してまいりました。

たくさんの方に来ていただき、楽しいひと時でした。
ご参加いただいた方々、書店スタッフのみなさま、本当にありがとうございました。

img_4952

 

私は、地方に行った時、その土地の和菓子を買ってくるのが大好きです。
松江、出雲に行った時、必ず買うのがこれ。

来間屋さんの生姜糖。
一度お店にも伺ったことがありますが、もう時が止まったような古〜いお店構えでした。
この箱のデザインもいいですよね。

中を開けるとこんな感じ。
img_4959

板チョコスタイルで、パキンと割っていただきます。
コーヒーや紅茶にも合うし、お煎茶やほうじ茶にも。
原稿を書いていて疲れた時に、ポキン、パキンと割って食べるのが楽しみです。

もう一つが板倉さんに教えてもらったこれ。
img_4960

img_4961

桂月堂の薄小倉。
シャリッとした歯ざわりがいいんです。

 

皆さんのご当地お菓子はなんでしょうか?
美味しい和菓子があったらぜひ教えてください!

トークイベントが終わり、今井書店さんから米子空港までタクシーで向かいました。
そのタクシーの運転手さんの面白かったこと!

ホームセンターで働いていたけれど、50歳を過ぎてガクンとお給料がダウンしたので、
一念発起して辞めてタクシーの運転手さんになったそうです。

「いや〜、転職して大成功でしたよ〜」とニコニコしながら語ってくれました。

車椅子をのせることができるタイプのタクシーなのですが、
他のドライバーさんは、車椅子を乗せるというと、面倒がる人もいるそうです。
でも、その人はその車に誇りを持っていて、
おばあちゃんを運んで、一緒に買い物について行ってあげたり、
外国人の老夫婦を乗せた時には、「日本食は口に合わないから」と言われて
ハンバーガーショップに連れて行ったり……。

運転の外側にある仕事は、本来の仕事ではありません。
それを「面倒」ととらえる人もいれば、
「人の役に立つ仕事」ととらえる人もいる。

私たちはつい、効率や、「自分の仕事範囲」にとらわれて
そこにある「本当の必要」に気づかないことが多いのかも……。

「いや〜、お客さんお急ぎのようだから残念だけど
米子にも、いいところいっぱいありますから、案内したいんですけどね〜」
と話しながら、最後に
「あ、ここから僕は黙らなくちゃいかんのです」
と急に静かに。

米子空港の手前に「メロディロード」という道があります。
車が通ると、道路とタイヤの摩擦で、「ゲゲゲの鬼太郎」のテーマソングが聞こえる仕組み。

「ほんとだ〜!聞こえた〜!」と盛り上がりました。

ほんの数分の車内での会話ですが、
空港について「じゃあ、お疲れと思うので気をつけてくださいね〜!」
とこれまたニコニコ挨拶されると
なんだかすごく幸せな気持ちになりました。

おしゃべりと、笑顔で旅人をいい気持ちで送り出す。
たったこれだけでも、タクシドライバーという仕事が輝いて見えました。

仕事をするってこういうこと。
どんな仕事も「やり方」で変わると、教えていただいた気がします。

私も、自分がいつもやっている仕事の「外側」にあることに目を向けてみたいなと思いました。

みなさま、いい一週間を!

 

 

 

You Might Also Like