Category

大谷桃子の、母から娘へ。受け継ぐレシピ

mom-dd-inherited-recipes

私たちの子育ては、成り行き上、放任主義。
陶芸家である私と夫(哲也)の毎日はめまぐるしく、
子供達の成長をゆっくり眺める間もなくここまできました。
そして気がつけば長女が18歳、 もうすぐ家を出ていくという段になっていたのです。
これまでの私自身を思えば、ずっと仕事も子育てもどちらも中途半端。
「ちゃんと子どもと向き合う時間を作れていない」と落ち込んだり、
「仕事の完成度が低い」と自信をなくしたりの連続でした。
けれどそんな中で一つずっと守り続けていたことがあります。
それは、ご飯をちゃんと作ってみんなで一緒に食べるということでした。
どんなに遅くても疲れていても、 仕事がすんだら台所に立ちご飯を炊いておだしをとって
野菜や肉を刻んだり魚を焼いたり。
今までこの作業に一体どれほどの時間を費やしてきたことでしょう?(仕事より長い、、、ですね、多分。)
この連載のきっかけになったエピソードは、もうすぐ家から離れて暮らすことになる長女、花が発した一言。
「一人暮らしは楽しみやけど、もも(子供達は私のことを「もも」、父親のことを「てっちん」と呼びます。)
のご飯が食べれんくなるのがイヤやなあ」
私は突然発せられたその一言に不意打ちを食らって 「もう本当にすぐ旅立ってゆくんだ!」と驚き、瞬間、泣きそうになってしまったのですが、そこで涙を見せては普段の強がり母さんの面目丸つぶれ、グッとこらえて言いました。「自分で作れるようになれば、いつでもどこでもももの味が楽しめるやん?」
「じゃあ、教えて」 ということでここに至ったというわけです。(一田さんありがとうございます!)
その後少し落ち着いてこのやり取りについて考えると、
寂しいのと同じくらい嬉しい気持ちがこみ上げてきました。
「多分、この一言を聞くために私は毎日ご飯を作り続けてきたのではないか?」と。
ここにこれから紹介するいろんな食べ物は、 私がこれまでなんども作り続けてきた特別なことは何もないシンプルな(時々ちょっぴり豪華な)家庭料理。
一度覚えてなれてしまえばすぐできる。
きっと学校で勉強したりバイトしたりしている時に 「帰ってあれ作って食べよう」って想像して楽しくなる時間が増えるはず。
少しうまく作れるようになったら友達を呼んで一緒にご飯を食べよう!
ということにでもなればきっとホームシックにかかる暇もないくらい楽しい時間が増えますね。
これから旅立つ若いみんなに捧げます!

%e5%a4%a7%e8%b1%86%e3%83%88%e3%83%83%e3%83%97
大谷桃子の、母から娘へ。受け継ぐレシピ

大豆にまつわるエトセトラ

私は大のお豆好き。 大豆を先頭に、黒豆、ひよこ豆、金時豆、花豆、などなど、乾燥豆をまとめて茹でて、 冷蔵庫や冷凍庫に常備し、煮物や炒め物、サラダやペーストなどに入れて食べます。 私のお豆好きはどこから来たのだろう?と、記憶のページをめくってみると、、、 おばあちゃんの顔が思い浮んできました。 父方の祖母は豆を煮るのが上手で、五目豆や、エビ豆(琵琶湖の小エビと一緒に大豆を硬いまま炊く)、 金時豆やう […]…

%e7%9b%9b%e3%82%8a%e4%bb%98%e3%81%912
大谷桃子の、母から娘へ。受け継ぐレシピ 日々のこと

ナスのはさみ揚げ

今夏、アメリカはオレゴン州のポートランドで展覧会をするために2週間ほど渡米しました。 ポートランドは私が通ったオレゴン大学のあるユージーン市から車で北へ約2時間、 オレゴン州の中で一番大きな街です。 学生時代の友人が取り持ってくれた縁で、今回オレゴンで展覧会ができるという夢のような話が実現しました。 思えば、日本を恋しく思いながら母が送ってくれた料理本(栗原はるみさんの)を片手に 「普通のおかず( […]…

%e5%86%b7%e3%82%84%e3%81%97%e3%83%88%e3%83%9e%e3%83%88
大谷桃子の、母から娘へ。受け継ぐレシピ

野菜天国

夏は野菜の季節。田舎育ちの私にとって子供の頃の夏のおやつはもぎたてのキュウリやトマト、トウモロコシなど。 (ちょっと憧れの)駄菓子屋(今ならコンビニかな)は自力でいける範囲にはなかったけれど、 家の前の畑に行ってできているものを見つけて食べるのは、単なるおやつ以上に楽しいものでした。 大谷家の娘達も小さい頃は畑でたくさんの時間を過ごしました。 「トマトとってきて〜」とたのんだら、花を摘んだりキレイ […]…

%e3%83%88%e3%83%bc%e3%83%95%e3%83%80%e3%83%b3%e3%82%b4
大谷桃子の、母から娘へ。受け継ぐレシピ

豆腐だんご

前回の記事では、雪が降っていた信楽ですが、一転、もう半袖で過ごせる気持ちの良い季節となりました。 みなさん、お元気ですか? 今回紹介するのは外はサクサク、中はフワフワ、大谷家では大人気の豆腐だんご。 豆腐をつぶして鶏の挽肉やいろんなお野菜を混ぜて揚げるおかずです。 ピンポン球より少し大きいくらいのおだんごを山の様に皿に盛ってテーブルの真ん中に置くと、 ちょっととぼけたかわいさに、みんなが笑顔になる […]…

%e5%87%ba%e6%9d%a5%e4%b8%8a%e3%81%8c%e3%82%8a
大谷桃子の、母から娘へ。受け継ぐレシピ

カブと鶏のシチュー

つい先日、4月2日のこと。朝、目を覚ますと外から入って来る光がぼんやり青白い… カーテンを開けると、なんと真っ白な雪景色が広がっていました! 信楽暮らしは長いけれど、4月にこの景色は初めてです。 ねぼけまなこをこすりながら、しばし美しさに見惚れていると…. 「今夜はシチューだな」とひらめきました。タイミングよく冷蔵庫にはカブも鶏肉もあるし。 甘いカブをトロトロ煮込んだ白いシ […]…

bananatoast
大谷桃子の、母から娘へ。受け継ぐレシピ

バナナブレッド

私はバナナが好きです。食べることはもちろん、ワサワサ繁る葉っぱや大きな花など、その姿も。 学生時代から、美味しそうなバナナをスーパーで見つけるとついつい房で買っていました、1人で暮らしているのに。 でも、消費するのに時間がかかって、いつの間にか熟しすぎて黒くなってしまうこともしばしば。 そんな時に作り方をおぼえて、今でもずっと作っているのがバナナブレッド。 熟したバナナをつぶして、砂糖や卵にミルク […]…

%e3%83%88%e3%83%83%e3%83%97
大谷桃子の、母から娘へ。受け継ぐレシピ

春巻き

そろそろお正月気分からも抜け出していつもの暮らしが戻りつつある頃。 おせちもいいけど、いつものご飯がやっぱり落ち着くなって感じます。 新しい年の始まりに紹介したいのは、大谷家の家庭料理の定番、春巻き。 春巻きにはちょっといい思い出がふたつあります。 ひとつめは、結婚して初めて作った時に哲也が「オレの春巻きとおんなじ味!」って喜んでくれたこと。 全然違うバックグラウンドを持つ2人の間に同じ味の春巻き […]…

rp%e3%82%ab%e3%83%83%e3%83%88
大谷桃子の、母から娘へ。受け継ぐレシピ

ローストポーク

師走ですね。 坂道を転がり落ちるように年の瀬が迫ってきますが、 ちょっと一息、友達を誘って少し華やかなホームパーティーはどうですか? そんな時に作りたいのが、見た目も味も存在感たっぷりのローストポーク。 失敗しないヒントを添えて紹介します。 普段は大きな肉の塊を買うことはあまりないかもしれないけれど、年末なので奮発しましょう! そして、せっかく張り切って購入した豚ロースの塊を 美味しく焼き上げるた […]…

%e3%83%88%e3%83%83%e3%83%97%e3%83%9a%e3%83%bc%e3%82%b8
大谷桃子の、母から娘へ。受け継ぐレシピ

あんかけ焼きそば

今回は娘のリクエストに答えて、大谷家のお父さん、哲也の得意料理を紹介します。 うちの娘たちはソース味の焼きそばより、どちらかというとこちらの中華風焼きそばが好き。 週末のお昼、てっちゃんが「何食べたい?」と尋ねると「あんかけ焼きそば!」と答える確率はかなり高い。 そうすると「よっしゃよっしゃ〜」と冷蔵庫の中にあるものを使ってささっと作ってくれます。 私はその光景を、「料理が上手なお父さんがいるって […]…

%e3%82%a2%e3%82%a4%e3%82%b9%e3%81%a8
大谷桃子の、母から娘へ。受け継ぐレシピ

アップルクランブル

朝夕ぐっと冷え込んで信楽の山の木々が色づき始めました。 黄色や橙色、赤色に針葉樹の深緑色のパッチワークはため息が出るくらい美しいです。 毎年この季節になると、紅玉リンゴをたくさん買ってジャムや、タルト・タタン、アップルクランブルを作ります。 その中でも大谷家のみんなが大好きなアップルクランブルを紹介します。 秋風がだんだん冷たくなり、コートがいるようになるになる頃、 ストーブの灯った部屋で温かいア […]…