Category

大谷桃子の、母から娘へ。受け継ぐレシピ

mom-dd-inherited-recipes

私たちの子育ては、成り行き上、放任主義。
陶芸家である私と夫(哲也)の毎日はめまぐるしく、
子供達の成長をゆっくり眺める間もなくここまできました。
そして気がつけば長女が18歳、 もうすぐ家を出ていくという段になっていたのです。
これまでの私自身を思えば、ずっと仕事も子育てもどちらも中途半端。
「ちゃんと子どもと向き合う時間を作れていない」と落ち込んだり、
「仕事の完成度が低い」と自信をなくしたりの連続でした。
けれどそんな中で一つずっと守り続けていたことがあります。
それは、ご飯をちゃんと作ってみんなで一緒に食べるということでした。
どんなに遅くても疲れていても、 仕事がすんだら台所に立ちご飯を炊いておだしをとって
野菜や肉を刻んだり魚を焼いたり。
今までこの作業に一体どれほどの時間を費やしてきたことでしょう?(仕事より長い、、、ですね、多分。)
この連載のきっかけになったエピソードは、もうすぐ家から離れて暮らすことになる長女、花が発した一言。
「一人暮らしは楽しみやけど、もも(子供達は私のことを「もも」、父親のことを「てっちん」と呼びます。)
のご飯が食べれんくなるのがイヤやなあ」
私は突然発せられたその一言に不意打ちを食らって 「もう本当にすぐ旅立ってゆくんだ!」と驚き、瞬間、泣きそうになってしまったのですが、そこで涙を見せては普段の強がり母さんの面目丸つぶれ、グッとこらえて言いました。「自分で作れるようになれば、いつでもどこでもももの味が楽しめるやん?」
「じゃあ、教えて」 ということでここに至ったというわけです。(一田さんありがとうございます!)
その後少し落ち着いてこのやり取りについて考えると、
寂しいのと同じくらい嬉しい気持ちがこみ上げてきました。
「多分、この一言を聞くために私は毎日ご飯を作り続けてきたのではないか?」と。
ここにこれから紹介するいろんな食べ物は、 私がこれまでなんども作り続けてきた特別なことは何もないシンプルな(時々ちょっぴり豪華な)家庭料理。
一度覚えてなれてしまえばすぐできる。
きっと学校で勉強したりバイトしたりしている時に 「帰ってあれ作って食べよう」って想像して楽しくなる時間が増えるはず。
少しうまく作れるようになったら友達を呼んで一緒にご飯を食べよう!
ということにでもなればきっとホームシックにかかる暇もないくらい楽しい時間が増えますね。
これから旅立つ若いみんなに捧げます!

%e3%83%88%e3%83%83%e3%83%97
大谷桃子の、母から娘へ。受け継ぐレシピ

ハンバーグ

大人も子供もみんな大好きなハンバーグ。 私にとっては小さい頃から慣れ親しんだ洋風家庭料理の一つですが、 いつ頃からこんなにポピュラーになったのでしょう? 以前、お義母さん(門司出身)と話していた時に、 「大学受験のために汽車で神戸に向かう途中、食堂車で生まれて初めてハンバーグを食べたの。 目玉焼きがのっていて、それはそれはお洒落で美味しくてびっくりしたわ!」と聞いて、 その当時(昭和30年代後半) […]…

beach
大谷桃子の、母から娘へ。受け継ぐレシピ

番外編 大谷家の旅 3人娘の料理現地実習 

職場と住まいがつながっている私たちにとって、 家にいる限り仕事から完全に離れることができないというのが悩みのタネ。 家にはずっといるけれど基本的には仕事モード、子供達とゆっくり過ごすことはあまりないのです。 というわけで数年前から、大谷製陶所は子供が夏休みの期間に海外での展覧会の予定を入れ、 家族で仕事を兼ねた旅行に出かけることにしています。 これを目標に一年を通して働いているといっても過言ではな […]…

%e5%87%ba%e6%9d%a5%e4%b8%8a%e3%81%8c%e3%82%8a
大谷桃子の、母から娘へ。受け継ぐレシピ

お好み焼き

「あーこれからご飯炊くのちょっと面倒くさいなあ…」 そんな時ありませんか? そういう時に私がよく作るのがお好み焼き。 生まれも育ちも関西の私たちにとってお好み焼きは小さい時からずっと食べ続けているソウルフードのひとつ。 結婚した当初、晩御飯にお好み焼きを作ると、、、、 テツヤから「えー、お好み焼きはディナーじゃないやろ?!」というツッコミが。 彼の家ではお好み焼きは週末のお昼ご飯の定番だったようで […]…

%e5%ae%9a%e9%a3%9f
大谷桃子の、母から娘へ。受け継ぐレシピ 日々のこと

肉じゃが定食

身近にある材料で簡単にできて美味しいおかずの代表、肉じゃが。 肉、玉ねぎ、じゃがいも、人参、どこでも手に入る材料でできるので、 アメリカにいる時もよく作ったし、インドネシアでも作りました。 ただ、海外で作るときにちょっと困るのが薄切りの肉があまり売られていないこと。 塊肉を頑張って薄く切ろうとしてみたもののうまくいかず、 薄切り肉がいつでも手に入る日本っていいなあとちょっとホームシックになってみた […]…

%e5%87%ba%e6%9d%a5%e4%b8%8a%e3%81%8c%e3%82%8a
大谷桃子の、母から娘へ。受け継ぐレシピ

チキンのトマト煮

鶏肉とトマト缶、玉ねぎニンニクさえあればパパッとできるこの料理。 キノコやピーマン、ホーレンソウ、2つ3つ冷蔵庫の野菜を足せば上等な晩御飯になります。 今回はクスクスを使いますが、このトマト煮はご飯でもパンでもパスタでも何にでもよく合うのです。 少し多めに作ってまずはクスクスと食べて、次の日はパスタやご飯+目玉焼きをトッピングとかでもいいし、 パンの上に薄くのばしてチーズをのせてトースターで焼いて […]…

%e3%82%b3%e3%83%ad%e3%83%83%e3%82%b1%e9%a3%9f%e3%81%b9%e3%82%88%e3%81%86
大谷桃子の、母から娘へ。受け継ぐレシピ

コロッケ

記念すべき連載第一弾はコロッケ。 長女、花に「どれからいこう?」と尋ねたところ迷った挙句「コロッケ!」という答えが。 コロッケといえば思い出す、馬場のぼるさんの名作『11ぴきのネコとあほうどり』 この本を一体何度読んだことでしょう… 11ぴきのねこがコロッケ屋さんを始めます。 しばらく繁盛していたのですが、そのうちだんだん売れ残るようになって… ねこたちがコロッケ作りに奮闘するシーンは子供達のお気 […]…

1t1a9654rs
大谷桃子の、母から娘へ。受け継ぐレシピ

「母から娘へ。受け継ぐレシピ」新連載、始まります!

    この度、新しい連載が始まります。 お願いしたのは、陶芸家の大谷桃子さん。 滋賀県の信楽町で、夫で同じく陶芸家の大谷哲也さんと共に作陶していらっしゃいます。 18歳の花ちゃん、15歳の風ちゃん、13歳の緑ちゃんの3人娘のお母さんでもあります。         私が初めて大谷夫妻とお会いしたのは、今から10年以上前のこと。 当時古い借 […]…