Category

きときとノート

 

_dsc0163

「きときと」とは富山県の方言で、新鮮な、活きのよい、という意味です。
私がこの言葉を知ったのは、音楽家の高木正勝さんの楽曲のタイトルがきっかけでした。

ある映画のために作られたその楽曲は、躍動感溢れるシーンとあいまって、命が輝きながら走り出すさま、大自然の美しさ、力強さが見事に表現されています。
飲料水のCMにも起用されていたので、タイトルは知らなくても耳にしたことがあるという方も多いかもしれません。

さて、そんな「きときと」と名付けたこのノート。
私はライター業や文字起こしというお仕事に関してまったくの初心者であり、一田さんのお手伝いをさせていただく日々は、たくさんの発見に満ちています。
その新鮮な驚きを「きときと」と呼び、ここに綴ることで、みなさんにお裾分けできたらと思いました。

(もともとはお魚の鮮度に対して生まれた言葉だったとか。富山県のみなさま、本来の用途とは異なる点、どうかご容赦くださいませ…!)

心が動いた瞬間を、そっとノートに記すように。
読んでくださるお一人お一人へ、お手紙を書くような気持ちで。
きときとノート、始まります。

山本綾子

6254803205766019339_img_0233
きときとノート

ノート2『ほんのちょっとの勇気で、今ここにいる』

  文字起こしスタッフの山本綾子です。 「きときとノート」は、私が日々の中で見つけた新鮮な驚きや喜びを、 みなさんにお裾分けするような気持ちで綴らせていただいています。 前回は、ブログを読んでお手伝いスイッチが入り、実際に一田さんにお会いするまでのお話でした。 お仕事を受け取ったその日の夜。さあやるぞ!とパソコンに向かった私は、 ほんの数秒で完全にフリーズしてしまいます。耳と、頭と、手の […]…

image1
きときとノート

ノート1『何者でもない私に、お手伝いスイッチが入った瞬間』

はじめまして。山本綾子と申します。 きときとノート、第1回目です。 「きときと」の由来はイントロダクションをご覧ください。 まずは、私が一田さんのお手伝いをすることになった経緯をお話ししていきたいと思います。 「憧れていた人のお仕事に関わらせていただいている」という事実に、 私自身、今でも不思議な気持ちになります。 でも、何か特別なことをしたわけではありません。必要なのは、ほんのちょっとの勇気でし […]…