Category

平井かずみの、花のなまえ

平井かずみの「花のなまえ」

平井さんと知り合ったのは、もうずいぶん前のこと。
大好きな器の作家さんの個展に行ったら、
そこで平井さんがお店番をしていました。

キラキラ光る目をした美人さんで、
思わず「あなた、何をしている人?」と話しかけました。
そんな出会いをきっかけに
取材をさせてもらったり、
ご飯を一緒に食べに出かけたり。

そして、平井さんはあっという間にフラワースタイリストとして
キラキラ輝き始めました。
カフェ「イカニカ」を軸に、
花の教室やワークショップ、雑誌やラジオなどで活躍されています。

私は、「わあ、きれいだな」と思うと
どうしても、その花の名前を知りたくなります。
名前を知ると、
自分の暮らしの中に、花が入ってくる気がします。
季節が巡って、名前を覚えた花に再会すると、
「ああ、今年も咲いたな」と
去年と今年をつなげることができます。

そこで、平井さんに「花のなまえ」
という連載をお願いしました。
その季節季節に咲く花と、名前、
そして短いコメントを綴っていただく予定です。
一緒に花のなまえを覚えてみませんか?

c8abcb74-b2f7-4702-ae09-20b034e779c2
お友達ブログ 平井かずみの、花のなまえ

フリチラリア

フリチラリアには様々な咲き方や色の種類があります。 このフリチラリア メレアグリスは赤紫に白の市松模様の花びら。 花は細く折れ曲がった茎にぶら下がって、俯いていうような咲き姿です。 それ一輪だけでもとても絵になりますし、まとめてガサッと生ける贅沢な感じもこれまた好きです。 派手さがないからこそ、ギュッと心を掴まれる花なのです。 ユリ科 バイモ属 原産地 欧州〜西アジア…

a924306d-0f51-4f0b-9241-eec2a2f5cbf5
平井かずみの、花のなまえ

南天

新年、あけましておめでとうございます。 お正月には必ず「縁起もの」といわれる植物がしつらえられますが、その中でも私はこの南天(ナンテン)の真っ赤な実が大好きです。毎年、11月に入ると早々に注文をいれて、いつもお世話になっている市場の仲卸で、日本で一番!といわれている郡上八幡のものを取り寄せてもらいます。 その意味は「難を転じて福となす」。 そう、ピンチはいつだってチャンスなのです! 皆さまにとって […]…

img_2592
お友達ブログ 平井かずみの、花のなまえ

イタリアンベリー

ぷりぷりとしたこの赤い実はイタリアンベリー。 市場などではこの名前で出回っていますが、正式にはスマイラックスベリーというのだそうです。花の仕事をしていると、本来の名前とはちょっと違った名前で切り花として市場に出ていることがあるので「ん…これは。。」と思うと調べるようにしています。 さて、話しはイタリアンベリーに戻りますが、私がこの素敵な実を初めてみたのはもう18年くらい前。その頃は都内のインテリア […]…

img_9976
お友達ブログ 平井かずみの、花のなまえ

タカサゴユリ

道端などでよく見かけるタカサゴユリは、実は台湾原産のユリです。日本のテッポウユリととてもよく似ていますが、花びらの外側に柔らかいピンク色の筋が入るのがとても好きです。 日本にはたくさんの自生のユリがありますが、どれも発芽から花の開花まで数年かかるところ、タカサゴユリの繁殖ぶりはとても強く、発芽したよく年から花を咲かせます。そのため、しばしば迷惑がられてしまうことも…。 とはいえ、お盆の暑い盛りの中 […]…

img_8650-2
平井かずみの、花のなまえ 日々のこと

ドクダミ

身近にありすぎて、ついついそんなに注目しないことってありますよね。 いつもお花をお願いしている那須(栃木県)の花農家さんから届く6月の教室の花材の中に、ドクダミの花が入ってきました。そのドクダミは我が家の庭にある力強いイメージとは全然違っていて、華奢な茎でなんとも可憐で美しい〜。横浜に比べて、気温の低い高地で育っているからなのか?、なにか特別なことをしているのか?、とお聞きしてみたのですが、そうで […]…

img_7924-3
お友達ブログ 平井かずみの、花のなまえ

バンクシア

今回はちょっと変わった植物のお話しです。 バンクシアはオーストラリア原産の植物。 開花時は花柱が長く伸び、ブラシような姿です。葉の形もユニークなので、部屋にしつらえるときはどこかオブジェのような感覚です。花持ちも長いので、気分によってコンソールの上のお気に入りの写真と合わせたり、窓辺に立てかけた洋書の脇に置いたり…と何かとコーディネートして楽しんでいます。 飾りながら、最後はドライになっていくので […]…

img_7775-2
お友達ブログ 平井かずみの、花のなまえ

菖蒲

植物には花の姿形がよく似ているのに実は違うというものがあります。 ちょっと知っておくと面白いですよ。 この花は菖蒲(アヤメ)です。同じ漢字でショウブとも読みますが、見た目もよく似たこの二つはちょっと違った花なのです。そしてさらに似た花としてカキツバタもあります。 実はこの3つ、それぞれに見分け方があります。 まずは、花の咲く時期です。アヤメ(5/上旬)→カキツバタ(5/中旬)→ショウブ(5/下旬〜 […]…

img_7315
お友達ブログ 平井かずみの、花のなまえ

芍薬

清く凛とした純白の芍薬。 壁の影にも目を奪われて、本当に美しい花だなぁ…と見惚れてしまいます。 芍薬はその昔、中国では人と別れを惜しむ際に渡されていた花だと聞いたことがあります。 こんな美しい花を渡されたら、きっといつまでも記憶に残ることでしょうね。 原産地 中国東北部~シベリア ボタン科・ボタン属…

1711c777-8753-414f-a79c-0726ef5b98e9
お友達ブログ 平井かずみの、花のなまえ

鈴蘭

  数日の旅から戻ってくると、出発前に見頃を迎えていた桜はあっという間に葉桜となり、まるで「びゅーん」という音が聞こえてくるような速さで植物たちが動き出していました。 我が家の庭のジューンベリー、アメリカンハナズオウや、白山吹なども花を咲かせて、緑の色も増してきています。 そんな中、ふと足元を見ると鈴蘭(スズラン)の花が今年も花をつけていました。 もうどのくらい前に植えたのか覚えていない […]…

fb1a841c-bf36-4793-8802-20086d01d953
お友達ブログ 平井かずみの、花のなまえ

木瓜

春が足踏みしているようですが、二十四節気の『雨水(うすい)』の頃となりました。 雨水とは文字通り雨と水のことで、降っていた雪は雨に変わり、冬の間積もっていた雪や張っていた氷が解けて水になる頃という意味なのだそう。 この頃から草木も芽ぶき、昔から雨水は農作業の準備を始める目安とされました。 木瓜(ボケ)は梅にも似た花で、透き通ったこの赤がなんともピリッとしていて清らかです。 (他にも白やピンクの花も […]…