Category

平井かずみの、花のなまえ

平井かずみの「花のなまえ」

 

平井さんと知り合ったのは、もうずいぶん前のこと。
大好きな器の作家さんの個展に行ったら、
そこで平井さんがお店番をしていました。

 

キラキラ光る目をした美人さんで、
思わず「あなた、何をしている人?」と話しかけました。
そんな出会いをきっかけに
取材をさせてもらったり、
ご飯を一緒に食べに出かけたり。

 

そして、平井さんはあっという間にフラワースタイリストとして
キラキラ輝き始めました。
カフェ「イカニカ」を軸に、
花の教室やワークショップ、雑誌やラジオなどで活躍されています。

 

私は、「わあ、きれいだな」と思うと
どうしても、その花の名前を知りたくなります。
名前を知ると、
自分の暮らしの中に、花が入ってくる気がします。
季節が巡って、名前を覚えた花に再開すると、
「ああ、今年も咲いたな」と
去年と今年をつなげることができます。

 

そこで、平井さんに「花のなまえ」
という連載をお願いしました。
その季節季節に咲く花と、名前、
そして短いコメントを綴っていただく予定です。
一緒に花のなまえを覚えてみませんか?

img_7021
お友達ブログ 平井かずみの、花のなまえ

菊というと私たち日本人にとっては仏花という印象が強くて、お花屋さんに並んでいてもどうしてもそんな目線で見てしまうのではないでしょうか。 以前、友人から聞いたちょっと微笑ましい話しがあります。彼女の友人のお母さまが入院されて、そこにアメリカ人の彼がお見舞いにきた時の話しなのですが、花屋の軒先に出ている可愛らしい(と彼は思った)花束を持参してきたところ、皆んなでビックリしたというのです。 そう、なぜな […]…

img_2596
お友達ブログ 平井かずみの、花のなまえ

秋桜

子供の頃、母に好きな花をたずねると返ってきたきた答えは「秋桜(コスモス)」でした。 好きな人の好きな花を知っている。 小さな私にとって、それはささやかな喜びでした。 大人になった今でも、レッスンや撮影などの仕事時や、花屋さんで秋桜を見かけると自然と母を思い出します。 あなたの好きな人の好きな花はなんですか? 秋桜と書いて“コスモス”と読みます。 これは秋に咲く花で、花びらの形が桜に似ていることから […]…

img_2202
お友達ブログ 平井かずみの、花のなまえ

水無月

今日は水無月(みなづき)のお話しです。 「水無月=六月」という名ですが、今の暦では7月頃から花が咲きはじめます。 ライムグリーン〜白へと花の色が移り変わる様子は、我が家の夏の庭をいつも爽やかに、 そして秋の気配を感じる今頃になってくるとグリーンの褐色となり、リース作りの花材として活躍してくれるのです。 フレッシュなものはそのままリースに仕立て、ブーケのように束ねて逆さに吊るしてドライにしたものは、 […]…

img_6345
平井かずみの、花のなまえ

ダリア

夏の花で一番好きな花。 それは那須の池田さんが育てたダリアです。 見ての通り市場に出回っているダリアとは違い、花の大きさも茎の太さも華奢。 ダリアというととても華やかな印象かと思いますが、これは育て方が違うからなのです。 通常、ダリアは枝分かれをして夏のはじめ〜秋までの間に繰り返し咲きますが 大輪のダリアを育てるためには、この枝分かれをするところを全て摘み取って、 1輪の花に全ての栄養がいくように […]…

img_9705
平井かずみの、花のなまえ

山紫陽花

ちょっとご無沙汰していた間に…すっかりと雨の季節になりました。 梅雨になると湿気でじめじめとして過ごしにくくて、苦手という方も多いのでは。 私も以前は外出しづらいし、髪型は乱れるしと億劫に思っていたことは否めません。笑 でも、植物と暮らすようになりその視点で梅雨という季節を過ごすようになると、その思いが変わりました。ひと雨ごとに植物はその枝や葉を伸ばす姿は、とてもたおやか。なによりも葉っぱの緑が増 […]…

img_9556
平井かずみの、花のなまえ

大手毬

  大手毬(オオデマリ)をしつらえると、よく声をかけられるのが「これは紫陽花ですか?」という質問。確かに… 紫陽花と花の咲き方や感じはよく似ていますね。 まず、大きな違いは花の咲く季節です。 大手毬は5月のはじめ頃、つまり紫陽花よりも1ヶ月ほど早く咲きます。 ですので、道を歩いていて見かける時期によって見分けがつきますね。 お花屋さんなど切り花での見分けるポイントは葉っぱです! 大手毬の […]…

img_8644
平井かずみの、花のなまえ

東京の桜の見頃はいよいよ終わりを迎えようとしています。私は咲き始めの頃の桜より、咲き終わりを迎えたまさに今の桜の景色が美しいなぁ。。と思っています。 先日、撮影で伺ったスタジオに置いてあった随分前の雑誌に桜についてのお話しが載っていました。 ある国語の先生が卒業していく生徒たちに向けた言葉なのですが、私たち日本人にとっての桜とはまさにこういうことなのでは!と思いました。 日本の古典文学ではただ「花 […]…

img_8590
平井かずみの、花のなまえ

クリスマスローズ

眠たい目をこすりながら向かう朝の花市場。 いつも到着して最初に通りかかる仲卸のお店に働いている米山さん。 明るい笑顔とともに「平井さん、おはよう!あら、今日は元気そうね」とか、「今日は顔色がよくないわ、寝てる?」とか声をかけてくださる。そして、「今、うちの庭には◯◯の花が咲いてるわー」「うちもです!」とひとしきり花談義。 今度見に来てほしいともおっしゃってもくださるのだけど、きっと忙しいだろうから […]…

img_8419
平井かずみの、花のなまえ

ミモザ

春は黄色からはじまる。 ミモザをつかったリースやスワッグの教室などでは必ずといっていいほどしているお話し。 なぜ黄色い花からなのかというと、それは虫が見つけやすい色だからなのだそう。 更に、以前に雑誌で対談をさせていただいた静岡大学の稲垣先生に詳しくお聞きしたところ、春を感じて最初に動きだす虫はアブとのこと。斜めから差し込む、早春の柔らかい光に黄色の花がキラキラしている様子をみると、虫だけでなく私 […]…

img_29
平井かずみの、花のなまえ

チューリップ

  まだまだ朝晩の冷え込みは続くものの、日中の日差しは柔らかく、暖かで、春を感じる頃となりました。かれこれ13年になるikanika 花の会では毎年、2月はチューリップの〝くるくる〟と呼んでいるしつらいを楽しんでいます。これは、チューリップの茎をくるり と器の中でリースのように中心をあけていろいろな色や咲き方のを15種類くらい、添わせるように活けていきます。あとから写真で見直すとチューリ […]…