Category

平井かずみの、花のなまえ

平井かずみの「花のなまえ」

平井さんと知り合ったのは、もうずいぶん前のこと。
大好きな器の作家さんの個展に行ったら、
そこで平井さんがお店番をしていました。

キラキラ光る目をした美人さんで、
思わず「あなた、何をしている人?」と話しかけました。
そんな出会いをきっかけに
取材をさせてもらったり、
ご飯を一緒に食べに出かけたり。

そして、平井さんはあっという間にフラワースタイリストとして
キラキラ輝き始めました。
カフェ「イカニカ」を軸に、
花の教室やワークショップ、雑誌やラジオなどで活躍されています。

私は、「わあ、きれいだな」と思うと
どうしても、その花の名前を知りたくなります。
名前を知ると、
自分の暮らしの中に、花が入ってくる気がします。
季節が巡って、名前を覚えた花に再会すると、
「ああ、今年も咲いたな」と
去年と今年をつなげることができます。

そこで、平井さんに「花のなまえ」
という連載をお願いしました。
その季節季節に咲く花と、名前、
そして短いコメントを綴っていただく予定です。
一緒に花のなまえを覚えてみませんか?

img_0217
平井かずみの、花のなまえ

アグロステンマ

那須で花を育てている池田さんから、「アグロステンマの花が畑に咲きはじめたよ」との連絡をいただきました。 毎年、5月の終わりから6月に入ると花の教室に届くこの花。爽やかな初夏の風に揺れているような細くて柔らかい草姿と、渦巻きみたいな蕾の姿が愛らしく、薄い質感の花びらが優しい印象です。花は1本の茎から枝分かれをした蕾が順番に次々と咲き出すので、部屋の中で長く愛でられるのも嬉しいのです。 そのままアグロ […]…

img_0364
お友達ブログ 平井かずみの、花のなまえ

アマリリス

家で過ごす時間が長くなり、今までに増して自分のために花を買い、部屋のあちらこちらに生けています。 どこに飾ろう、 どんな器と合わせよう…。 朝起きて、 水替えをして、 葉っぱに霧吹きをする 途端に、元気を取り戻したかのように 植物がパァーっとした表情になる。 あらためて今、暮らしの中でささやかな幸せを感じています。 先日、テーブルの上にしつらえたのは真っ白なアマリリス。春の終わりから夏にかけて華や […]…

img_5388
平井かずみの、花のなまえ

アネモネ

先日、銀座の森岡書店で今年初めての平井生花店(出張の花屋)をしました。 おひとり、おひとりに、どんな花が好きか、今日はどんな気分か、それからこれからどこへお出かけなのか…などなどお聞きしながらブーケをつくりました。束ねながらあらためて感じたのは、本当に人それぞれのその時の心境に合わせて植物は寄り添ってくれるのだと言うこと。 「今日は息子の成人式なんです。」 「えっ、お母さんがこちらにいらしていて大 […]…

img_0795
お友達ブログ 平井かずみの、花のなまえ

乙女百合

    出会ったら必ず恋をしてしまう。。 見かけるとつい、自分のために買わずにはいられない花が「乙女百合(オトメユリ)です。 華奢な茎に、優しいピンクの花びら、凛とした佇まいで咲く姿は、梅雨の最中の清らかな風のようです。 花を(ましては何かを)好きになるのに理由はいらない…そんなことを気付かされます。 ユリ科/ユリ属 原産国 日本…

img_8951
お友達ブログ 平井かずみの、花のなまえ

花菖蒲

花菖蒲(ハナショウブ)は江戸時代を中心に品種改良が進んだアヤメ科の古典園芸植物です。とても人気があったことがうかがえるのは、なんとこれまでに5000種類以上の品種が生み出されたことでもよく分かります。紫色の品種がとても印象的ですが、私はこの純白の花菖蒲の美しさに惹きつけられてなりません。 まもなく迎える「端午の節句」ではその香りが邪気を払うとして菖蒲の葉を湯に浮かべますが、実はこの菖蒲と花菖蒲は全 […]…

c8abcb74-b2f7-4702-ae09-20b034e779c2
お友達ブログ 平井かずみの、花のなまえ

フリチラリア

フリチラリアには様々な咲き方や色の種類があります。 このフリチラリア メレアグリスは赤紫に白の市松模様の花びら。 花は細く折れ曲がった茎にぶら下がって、俯いていうような咲き姿です。 それ一輪だけでもとても絵になりますし、まとめてガサッと生ける贅沢な感じもこれまた好きです。 派手さがないからこそ、ギュッと心を掴まれる花なのです。 ユリ科 バイモ属 原産地 欧州〜西アジア…

a924306d-0f51-4f0b-9241-eec2a2f5cbf5
平井かずみの、花のなまえ

南天

新年、あけましておめでとうございます。 お正月には必ず「縁起もの」といわれる植物がしつらえられますが、その中でも私はこの南天(ナンテン)の真っ赤な実が大好きです。毎年、11月に入ると早々に注文をいれて、いつもお世話になっている市場の仲卸で、日本で一番!といわれている郡上八幡のものを取り寄せてもらいます。 その意味は「難を転じて福となす」。 そう、ピンチはいつだってチャンスなのです! 皆さまにとって […]…

img_2592
お友達ブログ 平井かずみの、花のなまえ

イタリアンベリー

ぷりぷりとしたこの赤い実はイタリアンベリー。 市場などではこの名前で出回っていますが、正式にはスマイラックスベリーというのだそうです。花の仕事をしていると、本来の名前とはちょっと違った名前で切り花として市場に出ていることがあるので「ん…これは。。」と思うと調べるようにしています。 さて、話しはイタリアンベリーに戻りますが、私がこの素敵な実を初めてみたのはもう18年くらい前。その頃は都内のインテリア […]…

img_9976
お友達ブログ 平井かずみの、花のなまえ

タカサゴユリ

道端などでよく見かけるタカサゴユリは、実は台湾原産のユリです。日本のテッポウユリととてもよく似ていますが、花びらの外側に柔らかいピンク色の筋が入るのがとても好きです。 日本にはたくさんの自生のユリがありますが、どれも発芽から花の開花まで数年かかるところ、タカサゴユリの繁殖ぶりはとても強く、発芽したよく年から花を咲かせます。そのため、しばしば迷惑がられてしまうことも…。 とはいえ、お盆の暑い盛りの中 […]…

img_8650-2
平井かずみの、花のなまえ 日々のこと

ドクダミ

身近にありすぎて、ついついそんなに注目しないことってありますよね。 いつもお花をお願いしている那須(栃木県)の花農家さんから届く6月の教室の花材の中に、ドクダミの花が入ってきました。そのドクダミは我が家の庭にある力強いイメージとは全然違っていて、華奢な茎でなんとも可憐で美しい〜。横浜に比べて、気温の低い高地で育っているからなのか?、なにか特別なことをしているのか?、とお聞きしてみたのですが、そうで […]…