Category

特集

_v0a2461
ビジネスピープルからの贈り物

コロモチャヤ 中臣幸次さん美香さん最終回

吉祥寺のカフェ&セレクトショップ「コロモチャヤ」オーナーの中臣幸次さんと美香さんに ビジネスについてのお話を聞いています。             これまで、幸次さんのコンサルタントの仕事についてお話を伺ってきました。 最後に、幸次さんと美香さんが二人で立ち上げられた「コロモチャヤ」について、 聞いてみました。 今、「コロモチャヤ」では、 […]…

_v0a2305
ビジネスピープルからの贈り物

コロモチャヤ 中臣幸次さん美香さん Vol5

吉祥寺のカフェ&セレクトショップ「コロモチャヤ」オーナーの中臣幸次さんと美香さんに ビジネスについてのお話を聞いています。     アパレル関係の会社のコンサルタントをされている中臣さん。 新たにお付き合いする会社が決まったら、 まず最初に何をするのですか?と聞いてみました。   「まずは数字ですね。 売り上げと利益を見ます。 私は経費については、一切関わりません。 […]…

_v0a2198
ビジネスピープルからの贈り物

コロモチャヤ 中臣幸次さん美香さん vol4

吉祥寺のカフェ&セレクトショップ「コロモチャヤ」の中臣幸次さんと美香さんに、 ビジネスについてのお話を伺っています。       ずっと同じ店に通い続けると、「売れる」ものの流れが見えてくる。   中臣さんが、今コンサルティングを行うために、一番重要視しているのが「調査」だそうです。 「まずはその日のテーマを決めて、ショップを見に行くんです。 たとえば、今日 […]…

_v0a1971
ビジネスピープルからの贈り物

コロモチャヤ 中臣幸次さん美香さん vol3

吉祥寺のカフェ&セレクトショップオーナーの中臣幸次さんと美香さんに ビジネスについてのお話を伺っています。           人を動かすために必要なのは、「自分がやりたいこと」じゃない     アパレル会社でのバイヤーを経て、先輩の立ち上げたコンサルティング会社に 入ったという中臣さん。 とは言っても、いきなりコンサルタントな […]…

_v0a2043
ビジネスピープルからの贈り物

コロモチャヤ 中臣幸次さん美香さん vol2

吉祥寺のカフェ&セレクトショップオーナー、中臣幸次さんと美香さんに ビジネスについてのお話を伺っています。(vol1はこちら)           「何を」やるかはあまり関係ない。 どんな環境であれ、そこで頑張ることで次のステージに行くことができる。     現在コロモチャヤを営みながら、アパレル関係の会社のコンサルタントをされ […]…

_v0a1709
ビジネスピープルからの贈り物

コロモチャヤ 中臣幸次さん 美香さん

  久しぶりの「ビジネスピープルからの贈り物」。 ずいぶん間が空いてしまったので、少し復習をしておきます。 お店や会社を立ち上げたり、自分が作ったものを売ったり、 どこかで仕入れてきたものを販売したり。 そんな「ビジネス」をやるつもりなんて全くなくても、 「ビジネス」の話には興味がある。 そんな人も多いのではないでしょうか?   お金って何だろう? 儲かるって何だろう? 好きな […]…

17236831_1001902416609601_1938203775_o
いちだ&さかねの往復書簡

いちだ&さかねの往復書簡 Vol12  書き手として、ここだけは譲れないってことはなんですか?

新米ライターの坂根美季さんと、私が交わす往復書簡。 「毎回、楽しみにしています」とか 「坂根さん、がんばれ〜って思うんです」とか 「自分と重ね合わせて読んでます」などなど……。 思っていた以上の反響をいただき、ちょっとびっくりしています。 今回は12通目になります。     いちださま Vol.11の中で、一田さんの「多少ノートがグシャグシャだっていい!」の言葉に 「今のままで […]…

1t1a2525rr
美しきワガママンたち

コアコア 久文麻未さん 最終回 悲しみの中にもワクワクの種を見つけることができる。それがワガママンの強さ

  ソーイングと手芸のユニット「Quoi? Quoi?」のデザイナー、久文麻未さんのご紹介も最終回となりました。 Vol4では、出産後、膠原病を発症。 友達の力を借りて、少しずつ立ち直った様子を伺いました。 体力が回復するにつれ、少しずつ仕事を再開したという久文さん。 岡田美里さんの手芸教室「アトリエミリミリ」や、知り合いの刺繍作家さんの教室を手伝ったり、 作品を縫ったり、後輩が勤めてい […]…

17230348_1001903073276202_395504585_o
いちだ&さかねの往復書簡

いちだ&さかねの往復書簡 VOL11 その一言を書き留める

いちださま Vol.10 の中で、 「伝えることが複雑であればあるほど、読者の心に届くまでに時間がかかる」 という一田さんの言葉がとても印象に残りました。 ……というのも、いつも取材をした後、原稿を書く時に感じていたのは 「全てを表現しきれない哀しさ」でした。   そのページでは書ききれないほどの質問に答えていただいている訳ですから、 その方の暮らし方のみならず、生き方に一番影響を受けて […]…

1t1a2526rr
美しきワガママンたち

コアコア 久文麻未さんvol4 人間っていつどうなるかわからない。それを知っていれば、たいていのことはへっちゃら!

  ソーイングと手芸のユニット「Quoi? Quoi?」のデザイナー、久文麻未さんをご紹介しています。 Vol3では、「Do family」に入社してからの、ワクワクと楽しい日々について伺いました。 結婚して退社。 「子育てがしてみたかったんです」と久文さん。 ところが……。 やっぱり久文さんは、「作る」ことを手放せませんでした。 生まれたばかりの息子さんはかわいかったし、愛おしくてたま […]…