日々のこと

本当のことは、小さな声で伝わる

img_5340

蒸し暑い日が続きますね。
昨日は選挙に行き、クーラーをガンガンにかけて原稿を書いておりました。

先日、文筆家の清野恵里子さんに誘っていただいて、
増田いずみさん、という方の歌を聴きに行ってきました。
会場は、東京沼袋にある「シルクラブ」。
1988年に建てられた建物は、純日本家屋で能舞台を備え、地下はホールがあります。

私は原稿てんこ盛り状態の中だったので、
行く前は、気が重くて……。
増田いずみさんについても、全く知識を持たないまま出かけました。

でも……。
1曲目の「アリュールの香り」(G線上のアリア J.S.バッハ作曲)が
始まるやいなや、思いもよらずツ〜ッと涙がこぼれました。

 

それほど増田さんの歌声が素晴らしかった!

今まで、クラシックやオペラの歌を聴きに行くと、
どうしてもお尻がムズムズしてしまいました。
それは、歌っている人の熱量がものすご〜く高くて、
私がそれについていけないから……。

でも、増田さんはとてもさりげなく、静かに、そっと歌われるのです。
だからこそ、あえて抑えた小さな声が、聴く人の胸に、一本の光の線のように
す〜っと届く……。

ああ、本当のことは、こうやって伝わるのだ……と思いました。

そして、私は「書く」ということで、こんな風にできているだろうか?と思い返しました。
つい、伝えたい想いが前に出て、必要以上に強い言葉を使ったり、
大げさに書いたりしていないだろうか……って。

増田さんは、ニューヨークのジュリアード音楽学院で学び、宮本亜門さん演出のミュージカル
「キャンティード」デヒロイン役を務めるなど、確かな実力の持ち主。

大きく誇ることなく、「自分が」と主張しなくても、持っている力が本物だと必ず伝わる……。
歌の心は、大きな声でなく、自分の心で届けるもの……。
そう感じさせていただきました。

img_5351

自分の仕事とは、全く違うジャンルの世界に触れて、
そこにある「本当のこと」に刺激を受け、
「自分のこと」に戻って変換して取り入れてみる。

私は、そんなプロセスが大好きです。
今日も、増田いずみさんの初期のアルバム「Heal My Heart」を聴きながら原稿を書こうと思います。

みなさま、いい1日を

You Might Also Like