暮らしの「もの風景」

顔がバラ色になる入浴剤

img_7301

 

暮らしの「もの風景」として、道具がある日常を動画でお届けしようと思って
いたのですが、やはり動画を作るとなるとなかなか大変なので、
合間に写真での「もの風景」をご紹介しようと思います。

さて!
上記は私が先日いただいた入浴剤です。

高知県南国市の「松田医薬品」という会社で作られたもの。
紅花、生姜、唐辛子、ガイヨウ(よもぎ)、ダイウキキョウ(アニス)の
5種類の自然生薬が入っています。
まるごと刻んで入っているので、混じりけなし!

唐辛子が含まれていますが、ホホバオイルに漬け込んでから使用してあるので、
肌がピリピリすることもありません。

こういう生薬系の入浴剤の場合、
香りがイマイチ……ということが多いのですが、
これは、ナチュラルなそしてやや甘やかないい香りです。

 

ティーバックのように、お風呂に入れるとじわじわお湯に溶けていきます。
実は、いただいてすぐは「ふ〜ん」と思っただけで
あんまり期待していなかったのです。

ところが、その夜、入れてお風呂に入ってみたら……。
お風呂上りに洗面所の鏡を見て驚きました!

顔がバラ色なんです!
もともと、私は20分以上はお風呂に浸かって汗を出すので、
血色はよくなるのですが、
こんな、つやっつやのバラ色になったのは初めて!

(以前、アーユルベーダのマッサージ、アビアンカをしてもらったときにも、
こんな顔色になったなあと思い出しました)

そして、あがってからず〜っと体がポカポカです。
すごいぞ、この入浴剤!と思ったのでした。

私は朝と夜にお風呂に入るので、コレをいただいてから毎日使って入浴しているのですが、
毎回バラ色!

それを毎日繰り返しているとなんだかお肌がツヤツヤになってきました。

 

この入浴剤を作ったのは、松田製薬で40年以上も入浴剤について研究して
いらっしゃる岡崎雄二さんです。
何度かお会いしてお話を聞いたことがあるのですが、
まさに「入浴博士!」
ご自身も仕事を終えて家に帰るとまずお風呂に入るんだそうです。

img_7322

 

春めいてきたものの、まだまだ朝晩寒いこのごろ。
ぜひ試してみてください。

ネットでも購入できるみたいです。「生薬のめぐり湯」

 

 

You Might Also Like