平井かずみの、花のなまえ

ミモザ

img_8419

春は黄色からはじまる。
ミモザをつかったリースやスワッグの教室などでは必ずといっていいほどしているお話し。
なぜ黄色い花からなのかというと、それは虫が見つけやすい色だからなのだそう。 更に、以前に雑誌で対談をさせていただいた静岡大学の稲垣先生に詳しくお聞きしたところ、春を感じて最初に動きだす虫はアブとのこと。斜めから差し込む、早春の柔らかい光に黄色の花がキラキラしている様子をみると、虫だけでなく私たち人間もなんだかワクワクした気持ちになります。

ところで、3月8日はミモザの日。
ご存知でしたか? イタリアではこの日、「FESTA DELLA DONNA(フェスタ・デラ・ドンナ=女性の日)」とされ、男性が日ごろの感謝を込めて、女性にミモザを贈るのだそうです。公けに男性から花を贈られる日があるなんて羨ましいな。

マメ科・アカシア属
原産国 オーストラリア

You Might Also Like