ビジネスピープルからの贈り物

ヒーミー 下川宏道さん 里美さん vol3

 

img_7696

ジュエリーブランド「himie」のデザイナーであり、社長である下川宏道さんと、奥様の里美さんに
ビジネスについてのお話を伺っています。

 

「himie」のジュエリーには物語があります。
「暮らしのおへそ vol18」で「ジュエリーを贈る」という「himie」のお客様の習慣を掲載したことがあります。
そこでご紹介したのが、裁縫箱から想を得たという、
針にダイヤモンド一粒が通っている「クチュール」シリーズ。
そのほかにも
「tegami」というネックレスには、封筒の中に金の手紙が入っているというデザインなどなど……。

最近では、「最古のダイヤモンドは、宇宙のくしゃみ(爆発)で生まれた」という説を受けて、
ダイヤモンドをより輝かせるための「ブリリアンカット」を一切施さず、世界最高峰の技術で磨き上げ
球体に仕上げた、という「qshami」(くしゃみ)シリーズも。

そこで、今回は「himie」のものづくりとビジネスの関係について伺ってみました。
デザイナーであり、経営者でもある下川さん。
つまり、クリエイターとしての頭脳と、ビジネスの頭脳のどちらもを持っていなくてはいけないという
ことになります。
どうやって使い分けているんですか?と聞いてみました。

_mg_4817

 

「お客様に求められるのは、やっぱり洋服に合わせやすいもの。
それを考えると、デザインって自然に絞られてくるんです。
でも、それだけでなく僕自身が遊べるチャレンジングなデザインも2〜3パターン用意しておく。
そうすると、どれかが売れていきます。
要するに商品構成が大事。
たとえば、アルファベットのシリーズを作るとして、
「X」なんて、日本人の名前にはいないんですよね。
でも、「X」を作っちゃう。そうすると「A」や売れていったりするんですよ。
「X」を作った方が「A」が引き立つっていうか……。
無駄が大事なんです」と下川さん。

 

え〜っ!と思わず身を乗り出して、食いついてしまいました。
不必要なものがあると、引き立つ……。
それって面白い〜!
いったいどうしてなんでしょう?

 

「なぞですね〜」と下川さん。
「でもね、不必要なものでも、僕にとってはみんなかわいいものたちなんです。
売れる、売れないは、作るモチベーションには関係無いんです」

「そうそう、作りながら『これは売れる』とは言わないよね。
いつも『かわいい〜!』って言うんです」と笑う里美さん。

_mg_5217

 

 

ジュエリーを作るとき、石の仕入れから始めることがあります。
今では、「himie」に合うものを、とディーラーさんが世界中で買い付けてきてくれ、
その中から気に入ったものを選んでいるそう。
その石が輝くようにと、「フレーム」を作るのがデザイナー下川さんの役目です。

1回に何百万円分もの石を仕入れるなんて、とてつもない冒険のよう。

「ギャンブルですね。
でもね、確率のいいギャンブルなんですよ。
仕入れには、コミュニケーションがすごく大事。
ディーラーさんのセンスにもよりますね。
でも、センスのないインド人に頼んで、失敗かな〜と思うものでも、
逆にそれを生かせることもあるんです。
考え直して、かわいくする。
僕には、そういうセンスはあると思います」と下川さんは笑います。

「インド人の石屋さんに行くとね、
『お腹すいてると集中して選べないでしょ』とカレーを出してくれるんですよ。
それがまたおいしくてね。
おもてなしがすごくて、なんとなく親切にされて嬉しくなっちゃうんですよ。
でも、そんな彼らとの付き合いもだんだん慣れてきました。
最近では、石がしゃべりかけてくるのがわかるんです(笑)」とふたり。

 

今は、たとえは世界最大の宝石のマーケット、ツーソンに仕入れにいったディーラーさんが
LINEで「こんな石があるんだけど?」と写真を送ってくれ、
ずいぶん、思い通りのものが手に入るようになったそう。

 

さらに下川さんはこう言います。

「そうやって、みんながうまく食べていけるのっていいですよね。
ディーラーさんも石屋さんも僕らも……。
向こうも買ってほしいわけじゃないですか?
僕らもいい石がほしい。
そうやって、みんなで底上げしている感じがいいんですよ」。

 

ビジネスの成功者にお話を聞くと、みんなに共通していることがあります。
それが、人の悪口を言わないってこと。
当たり前のようにも思えますが、
これはつまり、人との接し方が「プラス方向に向いている」ということでもあります。
つまり、誰かの悪いところにフォーカスして、
「あそこがダメ、もっとこうして」と言うのではなく
どんなにダメな人の中でも
「あの人のここがいい。だからそこをもっと生かして」
という思考回路を持っている……。

_mg_5662

 

 

vol1の冒頭でも書きましたが、私は下川さんに会うといつも
胸の内側があったかくなるような、ほっとするような、
もっと大げさに言えば、「人生っていいものだ」と思えるような
そんな気分になるのです。
本当に仏様みたい!
このことが、意外やビジネスに大きく関わっているようです。

次回は、「himie」のスタッフについてお話を伺います。

 

 

撮影/近藤沙菜

 

 

 

 

You Might Also Like