美しきワガママンたち

写真家 回里純子さん No1

 

img_0607

回里純子さんは、私が「大人になったら着たい服」などの
雑誌の取材でお仕事をご一緒している写真家さんです。

初めてあったのは、「ナチュリラ」の撮影だったでしょうか。
数々の女性誌や広告で活躍していると聞き、どんな方かなあと思っていたら
驚くほど物静かで驚いたことを覚えています。
でも、写真があがってみると、
透明感があって、その人がキラキラ輝いて見えて、他のどんな写真家さんの写真とも違う……。
不思議な力を秘めた人だなあと思っていました。

そんな回里さんから、写真展をお知らせをいただいたのは2011年のこと。
なんと、会場は六本木ヒルズ!
しかも、同時期に写真集も発刊。
なんだ、なんだ? 何が起こっているんだろう?

そんな興味を持ちつつ、
「タカラモノ123」と名付けられたその写真展に足を運んだのです。

_f8i1242

 

 

それは、回里さんが2010年に立ち上げた「タカラモノ・プロジェクト」の一環でした。
2000年生まれの子供たちを対象にした撮影プロジェクトだそうです。

「いちばん大切なものはなに?」
という問いかけをもとに、タカラモノを持参してもらい、
こどもたちひとりひとりにインタビューをしながらポートレート撮影をする、
というものです。

ヘアメイクもちゃんとして、
白いバック布の前でカシャッ。

その子供たちの表情の自由なこと!

「タカラモノ持ってきて、と言ったら、今どきの子供だから
ゲームか携帯電話かな?と思っていたんです。
そうしたら、フタをあけてみたら、
『僕のタカラモノは妹です』って妹を連れてくる男の子がいたり、
得意のバレエを披露してくれる女の子がいたり……」

_f8i1290

そう語ってくれた回里さんの言葉の「熱さ」に驚きました。
あれ? 回里さんってこんな人だっけ?って……。

六本木ヒルズの会場は、それはそれは広い空間でした。
大きく引き伸ばした写真がずらりと並び、その光景はまさに圧巻!
聞けば、いつも利用しているラボの社長さんに、
「企画の内容に賛同してもらえる企業を探した方がいい」
と「キャノン」の担当者を紹介してもらったそう。
この展示のプリントは、すべて協賛でお願いできたので、
これほど大きく引き伸ばしての展示が可能になったのだとか……。

_f8i1234

へ〜〜〜!
と二度目のびっくり!
写真展をやりたくても、その舞台作りには
さまざまな準備が必要で、写真を撮る技術以外に
作品を見せるためのプロデュース能力が必要になります。
この規模での展示に
回里さんは、さぞかし時間と手間とパワーと心を注いだに違いない。

そのときに、私の回里さんに対する印象がカチリと切り替わったのでした。
そう、一見物静かな姿の裏には、きっと「ワガママン」がいるに違いない!
と思ったというわけです。

img_0621

 

 

そこで、今回改めてお話を伺ってみました。
「すごい行動力だったよね」
と聞いてみると
「いやいや。基本的に行動力なんてないんですよ。
でもね、10年に一度とか、5年に一度とか、
何かあったときに、突然グワ〜ッて力が湧いてくることがあるの」

この後、私は回里さんのこれまでの歩みの中で
この「グワ〜〜ッ」の正体を知ることになります。

 

次回は、回里さんが写真の世界へ一歩足を踏み込むお話から伺います。

You Might Also Like