Event/News

中川正子さん トークイベント報告3

 

_mg_5388

「外の音、内の香」主宰、中川正子さんのトークイベントのご報告です。
テーマは「自分をプロデュースするって?」

vol2では、フォトグラファーとして中川さんが自分を「中川正子化」する方法について伺いました。
今回は、妻として母としての中川さんのお話です。

一田
前回は、撮影の仕事の中に「中川正子」をバンバン入れていく、っていうお話だったけれど、
写真家としての中川さんじゃなくて、彩源くんのおかあさんだっり、主婦だったりする中川さんにも
「中川正子化」っていうのはあるんですか?

中川
私ね、何をするにも「やった感」っていうのが必要なんです(笑)。
料理でも洗濯でも掃除でも、自分の中で「100%満足できるものができた!」っていう
満足感が欲しい。
それも中川正子化の一部かなあ。
でも、やっぱり人とかかわるのが好きだから、何かしら外へ出て行っちゃうかも。
地域のコミュニティーとか、バザーとかはすごいはりきるし。

一田
認めてくれる人が必要だってこと?

中川
う〜ん、認めてくれる人がいればいたで嬉しいけれど、それよりも自分で自分を認めたい、っていうのが
すごく強いと思います。
いつも「自分」なんですよね。
みんなが褒めてくれても、自分の中でちょっと手を抜いているって知っているときは、
自分が本当に許せないし、
逆に、いつもは180点だしているけど、今回はたまたまテイストがあっていないかったから100点しか出せなかった……っていう時でも、自分ではやることはきっちりやった、と思えば「OK」って思える……。

一田
それは料理作ったり、子育てでも?

中川
子育てに関しては本当にそうでしたね。
180点のホームランを打ち続けたいと思ったけど、もう毎日眠たすぎて、家もぐちゃぐちゃだし。
できないことがバンバンでてきたので、自己合理化をしたんです。
無理しすぎてピリピリしてるのも、よくないから、
「今週はハードだから、朝ごはんは作らないよ〜」とか、
1日が失敗した、と思っても、1週間でトータルで見ていい感じだったらいいやって。
自分の中でどんどん基準を変えていくんです。
夫に褒められたり、息子が喜んだり、という基準ではなく、
私が採点しているって感じですね。

_mg_6054

 

 

一田
なりたい自分をイメージして、目標を設定する、ってことを常にやっているっておっしゃってましたよね?

中川
『マーマーマガジン」の服部みれいさんに、いろんなことを教えていただいたんですが、
そのひとつがアファメーションというもの。
月に1回、新月の前後にこれから1か月の私が「こうなる」という目標というか、
ビジョンのようなものを10個、
宣言として紙に書くんですよね。
「写真集に必要な写真を完全に選び切ります」
とか
仕事のタスクのような予定も書くし、
ちょっと内面的なことも……。
たとえば「私はこの1か月も、いつもみたいに出会いをぜ〜んぶ大事にして、
会う人のいいところがいっぱい見えて、楽しい楽しい1か月を送ります」
みたいなふわっとしたこととか……。
できなくてもいいんです。
「毎朝5時に起きます」って書いたけど、起きれる気がしなくて
『起きれるときだけでいいので、元気よく起きます」って書き直したり(笑)

一田
長期的な計画みたいなことも書くの?

中川
私はあんまり長期的な目標を立てるタイプじゃないんだけど、
たとえば、写真集を出すとか、
もし、これをやったら大きな変化があるかも……と思うときは、
旗をぐさっと遠くの山に立てるみたいに、
「何年何月までに、私はこうなっている」という目標を立てて、
そこに合わせて10個ずつの決めごとをやっていく、というのはありますね。

そうすると、だいたいそこへたどり着くことができる。
ちょっと遠い目標でも、それをイメージしたときに、
そこにちゃんと自分が見えれば大丈夫なんです。

大したことはやってないけど、10個ずつ決めていくというのはすごく大事かも。
今の自分をすごく客観的に見れるし。
1か月に1回だけ、自分に聞く……って、効果大なんです。

 

_mg_6002

 

 

一田
目標を決めるときに、とっても具体的に妄想するって言ってましたよね?

中川
そうそう!
ファッションを変えることも書くんです。
これからの私は大人にふさわしく、シックで、でもプレーンに走りすぎて個性がないっていうのではなくて、
どこか私らしいエッジがきいた服を選びます。みたいな。

一田
具体的〜〜!(笑)

中川
具体的ですよ!たとえば、ブランド名だって書いたりする。
まずは、ジルサンダーを見に行ってみようとか(笑)
「高くて買えないかもしれないけど、必ず試着しに行きます」とか、
そんな予定も書く。
それで、ジルサンダーの20万円のワンピースを着てみて、
「すごく美しいけど、買えるわけないか。またいつか来ます!」って納得するの(笑)

一田
え〜!ほんとに試着しに行ったの?

中川
伊勢丹にね。
路面店だと緊張するから。

一田
それって、試着しに行くのと行かないのでは全然違うの?

中川
そうですね。
昔ね、ドルチェ&ガッパーナのコートを試着したことがあるんです。
あ、ラグタグ(注‥ブランド古着屋さん)でですけど(笑)。
やっぱりね、びっくりするぐらいシルエットが美しかった。
尋常でなくいい女に見えるとんでもないコートで、縫製も本当にきれいで、
結構ギラギラしたブランドと思われがちですけれど、さすがイタリアのブランドっていう
感じがビンビンして……。
そんな経験があったから、全然知らずになんとなく過ごすより、一回着てみようと思って。

 

一田
ちなみにアファメーションで、旗を立てに行くとき、
身の丈の旗なのか、手が届かない旗なのか、っていうのは立ててみたらわかるんですか?

中川
最初の頃は、確かにできもしない目標を立ててましたね。
でもね、目標をたてた後に妄想する、というプロセスがすごく大事なんです。
昔は、その妄想も「いやいやできるはず」と自分に嘘をついて、できるふりをしてたりして、
うまくいかなかったんですけど、今は妄想が上手になりました(笑)
たとえばですけど、自分が写真展をするためにニューヨークに行って、そのときはどういう服を着て、
どんな感じで英語をしゃべってて、どんなお客さんが来てくれて、
そのときは、どんなスーツケースでいくかまで妄想するの。
具体的なんだけど、スライドショーみたいに、パッパッと。
そして大抵の絵が出揃ったら、
もしくは全部揃っていなくても、メインの絵は描けていたら
あ、いけるわ!って思うんです。

 

_mg_5680

 

 

 

 

どうやら中川さんの「プロデュース」の正体は「妄想」のよう。
豊かに妄想できる、というのはひとつの才能だと思います。
あれこれ、夢を描いてみても
「どうせ、かなわないし……」と、妙に現実的になってしまう……。
そんな人も多いのでは?

池を渡る飛び石があって、ホップ・ステップ・ジャンプ!と飛ぶとき、
うまく飛べる姿を想像して、ひょひょいのヒョイ〜!と飛べば、うまくいきます。
でも、怖くなって、そのリズムが刻めなくなったとき、
足が竦んで、うまく飛べなくなってしまう……。

妄想上手になるためには、それが実現する可能性を計算しない、
ということがポイントなのかも。
計算せずに、信じる。
中川さんは、その妄想の回路が素晴らしくクリアで早いのかもしれません。

私はどうしても、妄想しながら
片方の脳みそで、どうやったら実現できるのだろう?とか
これが実現する可能性はどれぐらいあるだろう?
などあれこれ考えてしまうのです。

世の中には、現実を捉え、計画し、考えて、準備して、
コツコツと願いを叶えていく、というプロセスがあります。
でも、それとはまったく別の次元で、
夢を叶えるという方法がある……。

その「別の次元」には、
才能も、スキルも、準備も、必要ない。
ただただ、そこには「妄想」というエンジンがあるだけ……。
考えないで、そこに飛び乗っちゃえば
きっとどこかへ到着する。
中川さんのお話を聞きながら、
私も、そんな「妄想力」を高めたいなあと思いました。

 

 

写真/近藤沙菜

 

 

 

 

 

You Might Also Like