日々のこと

スーパーへの道の幸せ

img_1096

 

突然ですが、上の写真は立川にあるスーパー「福島屋」さんの石窯クッキーです。
これが、美味しい!

「福島屋」さんは、暮らしのおへそvol23で、
フードムードのなかしましほさんが教えてくれたスーパーで、
トラネコボンボンの中西なちおちゃんも御用達。
取材後、随分時間が経ってしまったけれど、1か月ほど前に個人的に買い物に行き、
その品揃えの素晴らしさに、最近では、ちょっと時間ができると車を飛ばして買い出しに行っております。

なんせ、野菜も果物も、そして肉や魚も安くてものがいい!
例えば、ちょっと高級スーパーでグレープフルーツが1個250円。
中身はギュッと詰まってジューシーなんだけどちょっと高い。
一方ややお安いスーパーでは、1個100円なんだけど、
中身がムム〜っと唸ってしまう……。
そして、福島屋さんには、1個170円で中身もバッチリ!
なものが売っているというわけです。

緑豊かな浄水通を車で走っていく道すがらも楽しいのです。
そして、必ず買うのがこの石窯クッキー。
私は、クッキーはホロホロと柔らかいより、断然ポリポリと固い派で、
これは、しっかり焼き締められてまさにドンピシャ!

福島屋さんは、私は行ったことがないのですが、六本木のアークヒルズにも超おしゃれバージョン
が入っているらしいので、お近くに行かれたらみなさまぜひ!

 

img_7861

 

「わが家のお金を整える」の取材を通じて、私は初めて生まれて初めて1か月だけ
使ったお金の集計をしてみました。
すると!
なんと〜!
食費にかけているのがびっくりするほどの金額で、大いに反省。
そこで、いつも「便利だから」と仕事帰りに立ち寄っている、
やや高級スーパーでの買い物をなるべく控えたり、
やや安めのスーパーまで自転車を飛ばしたり……と
遅らばせながら、ちょっとだけ努力を始めたというわけです。

そして、今は自分のその日の「持ち時間」に合わせてスーパーホッピングをするように。
幸い、私が住んでいる吉祥寺には、ものすご〜くたくさんのスーパーがあります。
高級な「紀伊国屋」、ちょっと高級な「三浦屋」
自然食の「ぐるっぺ」
三鷹方向には、「サミット」などなど。

今日は調味料を買うから「ぐるっぺ」へ。
今日は時間があるから、ちょっと遠いけど自転車で「サミット」へ。
img_1098

面倒かな?と思ったけれど、これがなかなか楽しい……。
特にお気に入りの道が、ちょっと遠目の「サミット」へ。
成蹊大学の並木道を抜けて、住宅街を走り自転車で15分ぐらいかかります。
夕暮れの空を眺めながら、
「わあ、あの家素敵だなあ」「わあ、あの木に咲いている白い花はなんだろう?」など
観察するのが楽しい!
そして、そうやって住宅街を走っていると、
「あ〜、幸せだな〜」と思うのです。

今日も仕事をして、夕飯の買い物をして、ご飯を食べる……。
そんな今が幸せだなあとしみじみ感じる……。

 

そういえば、20代の頃、堀井和子さんのエッセイで、
数駅先の店まで、わざわざ紅茶に入れるための牛乳を買いに行く
というくだりを読んだ時、「へ〜!買い物ってそういうものなんだ〜」と
感動したことを覚えています。

 

私は、そんな繊細な買い物ではないけれど、
日常のさもない幸せを大事にしたいなあと思うのです。

 

 

You Might Also Like