日々のこと

生きるスピード感

img_7242

 

近所の住宅街の白梅紅梅が満開で、
こぶしはふさふさした蕾を膨らませ
風は冷たいけれど、春の訪れを感じるこのごろです。

年明けから追われていた1冊本の原稿のめどがやっとたち
ほっと一息ついています。
前回、朝のおへそを再構築中と書きましたが、
やっと毎日掃除をするペースに戻ってきました。
そして、「やっぱり毎日掃除しよ!」と決意を新たにしております。

というのも、毎日掃除したほうが、断然ラクだから。
「昨日もやったから今日は、ま、いいか」とやめると
次の日も「朝早くでないといけないから、できなくて当たり前だよね」
となって、
どんどん「やらない日」が増えていきます。

でも、どんなに大雑把でもいいから「毎日」やると、
昨日やったから、あんまり汚れていないし、すぐきれいになります。
このあたりは「おへそのすきま」に詳しく書きましたので、
ぜひ読んでみてください。

 

img_7238

そして、今日掃除機をかけながら思ったのでした。

暮らしは、「リズム感」だよな〜って。
振り子が、最初のひと振りをするときはエネルギーがいるけれど、
ふた振り目、3振り目とだんだんスムーズに揺れるように、
暮らしにも「リズム感」ってものがある。

それは掃除のリズムだったり、
料理のリズムだったり、
仕事のリズムだったり。

どんなことも「リズム」を生み出すまでが大変!

うんこらしょと、力を入れて、ネジを巻いて、走り出さないといけないから…….
でも、一旦走り出せば、リズムに乗って、できちゃう!

そんなとき、大好きな知人と会ってゆっくり話をしました。
彼女はキラキラ輝いて、いつも明るく前向きで、
やりたいことを、どんどん形にしている人です。
いろんな話をしたけれど、
いちばん「そっか」と感じたのが、彼女の「生きるリズム感」でした。

「素敵だな」と思う人に出会ったらすぐ真似する。
「いいな」と思う本を読んだら、その内容をすぐやってみる。
そのスタートダッシュの早いこと!

同時に、驚いたのが
「違うと思ったら、すぐ手放す」ってこと。

私は、今までやり始めたことをやめるとき、
「あ〜あ、私ってやっぱり三日坊主なのよね〜」とちょっぴり後ろめたかったのですが、
彼女は「それは必要なかったこと」と
潔くどんどん手放していました。

すぐやる。
すぐ手放す。
またやる。
また手放す。

その繰り返しで生まれたリズムにのって、彼女はどんどん磨かれて
どんどん光り輝いていたのでした……。

じっと立ち止まっていたら風は起こらない……。
あれこれ吟味してから、とか
できるかどうかわからないから、とか
いいか、悪いか判断できない、とか

いろんなジャッジをする前に、とにかく動き出す!

やっていくうちに、自分に合うもの合わないものを
肌で感じられるから
そこで、続けるか、やめるかをジャッジすればいい。

というわけ。

 

春はなにかを始めたくなる時期です。
みなさんの、生きるリズムは、どんなふうに響くのでしょうか?

 

写真は、岡澤悦子さんのマグカップ。
掃除が終わると、これで爽やかなミントの香りの、マリアージュフレールの「カサブランカ」を
飲みます。

 

 

 

You Might Also Like