日々のこと

大人になったら着たい服 発売です

img_0850

年明けからずっと取材に回っていた「大人になったら着たい服」が発売されました!
表紙は、ミナペルホネンの新店「call」のスタッフ、長谷川泰恵さん、66歳!
写真は中川正子さんです。
この方、本当にかわいいんです。
何がかわいいかって、その笑顔!
朝、お店がオープンする前に、「call」に伺って、撮影とインタビューをさせていただいたのですが
どの場面でも満面の笑み。

初対面ですこし緊張しているみんなの空気をたちまち緩めてくださるし、
こちらまで嬉しくなっちゃうし、
笑顔って、こんなにも人をハッピーにできるんだ!
どんな服より、その人を素敵に見せる武器になるんだと実感。
私もいつも笑顔でいよう!と思ったのでした。

東京、青山の「call」に行くと会えます。みなさん、ぜひ本物の笑顔に
出会いに行ってみてください。

 

 

そして、今回の取材で私がいちばん面白かったのが、「大人のおしゃれアーカイブ」
でインタビューさせていただいた秋山恵倭子さんのお話です。
(写真は枦木功さん)

img_0855

img_0854

 

秋山さんは、セリーヌ、アルマーニ、プラダ、ティファニーなど、
数々のインポートブランドでトップセールスを誇ってきた方。
今は、そのスキルを後輩たちに伝えようと、店舗運営のコンサルティング会社代表
を務められています。

「大人になったら着たい服」は、カジュアルでトラッドな普通の服での
おしゃれを紹介する本なので、ハイブランドにはほとんど触れたことがなく、
「こんなに無知な私がお話を伺えるかしら」と心配でした。
でも、秋山さんは、すぐにこちらのニーズをキャッチしてくださり、
神戸元町のセリーヌに販売スタッフとして立った日に
「あなたの髪型なに?」「その歩き方はなに?」とすべてにダメ出しをされたことから
これまで歩んでこられた道をとても丁寧に、そして面白おかしく話してくださって
大盛り上がりでインタビューを終えたのでした。

その中で、いちばん私がびっくりしたこと。
それが、顧客になったお客様には、洋服を選んでさしあげることはもちろん
その方が素敵になるための、すべてのサポートをするということ……。

そして、
「歳をとって、なんだか今までの洋服ぜんぶ似合わなくなってきちゃった」
と言われたら、アドバイスをするのが
「美容室行ってきてください」
なのだとか。
「どんな素敵な洋服を着ても、髪型が決まってないとダメなんです」と秋山さん。

へ〜!と驚きました。
洋服を売るのが仕事なのに、まずアドバイスするのがヘアスタイルだなんて!
それほど髪の毛って、おしゃれにとって重要なんだと納得。

「ときには、皮膚科を紹介したりね」
とも教えてくれました。

髪の毛、肌……。
まずは自分のケアをすることが、おしゃれの第一歩。
私もちゃんとお肌のケアをしなくちゃと反省……。

秋山さんは、「なんだかいけてない」と感じたら
「どうしていけてないのか」を考えて、その解決法を提案し続けてきた方です。
「歳だから」「太っているから」「背が低いから」とあきらめないで、
ダメを素敵にひっくり返す……。
そこには、「人は変わることができる」という確信がありました。

いつもは、決して会わない業界の方と会うと本当に刺激になります。
たぶん、私はこれからも、セリーヌやプラダの洋服を着ることはほとんどないと思うけれど
ファッションのトップレベルで働いていた方が見つけた「ほんとうのこと」は、
決して遠い世界のことでなく、
私にとっての真実でもありました。

 

秋山さんの歩みやおしゃれのアドバイスなど、詳しいことはぜひ本誌で読んでみてくださいね。

 

そして!
最近私が肌のケアで見つけたいいもの!

tao」のプレミアムシートマスク。
私の行きつけのサロンで販売しているのですが、岩内海洋深層水と、りんごのエキスが入っていて、
もう、本当に肌がふっくら!
使ってみてとってもよくて、手放せなくなりました。
おすすめです!

img_0857

 

You Might Also Like