All Posts By

一田憲子

i20
ビジネスピープルからの贈り物

なんと多い月で月収が夫の4倍に! でも何かが違った……。

愛媛県松山市で「せいかつ編集室」というウェブサイトを運営され、 そこから生まれたビジネスを手がけている、大木春菜さんにお話を伺っています。 第一話では、勤めていたウェブ制作会社の危機に直面し、 初めて自ら営業に出かけて、大きな手応えを感じたお話を伺いました。 その後、長男の台(ウテナ)くんの出産を機に退社。 独立して、「せいかつ編集室」を立ち上げたという大木さん。 出産予定日まで大きなお腹を抱えて […]…

img_4626
日々のこと

自分に揺さぶりをかけるって?

今日は日差しが明るくて、爽やかな風が吹いています。 先日、松屋銀座で開催された「銀座・暮らしの商店街」というイベントに行ってきました。 というか……。 知人との待ち合わせがこの会場だったのです。 私は人混みもパーティも苦手で、最近滅多にこういう集まりには行かなくなっていました。 でも……。 会場に到着してみると、あちこちに見知った顔が! 「わあ〜!元気?」と挨拶したり、「久しぶりだね〜、どうしてる […]…

%e3%82%84%e3%82%81%e3%81%9f%e3%81%93%e3%81%a8%ef%bc%91
日々のこと

みんなが「やめたこと」には、それぞれの暮らしが繋がっていました!

庭のクレマチスが大輪の花を次々に咲かせています。 この時期は、駅までの道も、季節の花が次々に咲いて、本当に気持ちがいいですね。 私は、先週からちょっと風邪気味だったのですが、 発熱までには至らず、ようやく回復してきました。 さて! 拙著「大人になってやめたこと」(扶桑社刊)の発売を機に 「あなたは、何をやめましたか?」キャンペーンをしま〜す! 「あなたがやめたこと」送ってください! と告知したとこ […]…

img_4612
日々のこと

母の日のプレゼントはなし!

            東京は気持ちのいい晴れです。 みなさまいかがおすごしでしょうか? 今週末は母の日ですね。 この写真は、私が幼かった時のもの。 いつだったか、 実家の納戸の奥底に眠っていた8ミリカメラのフィルムを DVDに焼き直してもらったことがありました。 初めてみる動いている幼い頃のワタシ。 それを見て、思わず号泣しました。 よ […]…

img_4456
もっと早く言ってよ!

「弱さ」って悪いものじゃない。

  「もっと早く言ってよ!」は、ずっと前から知っている、と思っていたことなのに、この年齢になって「あ、そうか!」とやっとわかったきがする体験を、50代の私が、20代だった私に伝えるつもりで綴っています。   一見しっかり者に見えるのに、傷つきやすくて、すぐにメソメソする。そんな自分の「弱さ」を、どうしたら変えられるんだろうか? もっと心が強い人になりたい。人の評価に振り回されな […]…

59501676_651522655294578_1238169969707974656_n
日々のこと

あなたは、最近何をやめましたか?

  昨日は肌寒い1日でしたね。 思わず一度しまった膝掛けを引っ張り出しました。 「大人になってやめたこと」(扶桑社刊)の重版が決まりました! やった〜! 嬉しいなあ。 手に取っていただいた皆様のおかげです! ありがとうございます。 そして! 「ビジネスピープルからの贈り物」で、連載が始まったばかりの 大木春菜さんが、本を読んでくださって、上のようにメモにまとめてくださいました! なんと、 […]…

img_4599
日々のこと

「わたし、定時で帰ります。」と言える人に。

  とうとうゴールデンウィークの最終日となりました。 少しブルーな気分で朝を迎えた方もいらっしゃるのではないでしょうか?   そんな時にオススメの本を1冊を。 ドラマ化もされた朱野帰子さん作のお仕事小説「わたし、定時で帰ります。」です。 たまたま手持ちの本を読んでしまって、駅ビルでササっと買ったのですが、 面白かったなあ。 主人公の東山結衣は、絶対に定時で帰ると心に決めている会 […]…

img_4517
日々のこと

ゴールデンウィーク「私の棚卸し」情報の整理編

ゴールデンウィークも後半になってきました。 みなさま、いかがおすごしですか? さて、連休中の「私の棚卸し大作戦」 第二弾は、情報の整理です。 まずは手帳「アクションプランナー」にある年間スケジュールを仕上げました。 これ、本当はお正月にやるべき作業だったのに、延び延びになってしまっていたこと。 さらに、過去の仕事を見直して、 どんな仕事にどれぐらいの日数が必要だったのかを計算しました。 つまり、例 […]…

i7
ビジネスピープルからの贈り物

「ない」ものの中から「ある」を生み出すには、自分の思い込みを外すことが大事。大木春菜さん vol1

  大木春菜さんは、愛媛県松山市で「せいかつ編集室」というウェブサイトを運営され、 そこから生まれたビジネスで、家族4人を養っているお母さんです。 愛媛県大洲市の洋服のお店「Sa-Rah」さんで、「おへそ塾」をさせていただいたときに ご参加いただき、知り合いました。 その際、 「夫に主夫になってもらって、私が働くことにしたんです」 と語られていてびっくり! 一見可愛らしくて、しゃべり方も […]…

img_4541
日々のこと

「やめられない」から「やめる」までに何が起こったのか?

今日から令和となりましたね。 なんだか不思議な気分がします。 連休中ですが、取材で福岡に来ています。 さて、皆さま、拙著「大人になってやめたこと」(扶桑社刊)は お手に取っていただけたでしょうか? 私は、今回の本で、この見返しのなんとも女らしい、 でもちょっとキリッとした色が大好きです。   実はこの本、編集者からお話をいただいた時、 「一田さんが、毎日やっていること、今始めたことを書い […]…