All Posts By

大谷桃子

%e6%9d%90%e6%96%99%e4%b8%8a
大谷桃子の、母から娘へ。受け継ぐレシピ

思い出のさっぱりトマトカレー

もう2月になってしまいましたが、今年初めての更新です。 今年もよろしくお願いします。 さて、少し前のことになってしまいますが……。 例年、来客や外出が多くお正月も忙しい大谷家ですが、 今年はお家で家族とゆっくり平和な時間を過ごしました。 日のある内から、おせちをつまみに日本酒の杯を傾けながら思ったこと。 「おせちってどれもだいたい同じ味だな」 甘辛い醤油の味、お酢の聞いた味、お砂糖の味。 美味しい […]…

%e7%89%b9%e5%a4%a7
大谷桃子の、母から娘へ。受け継ぐレシピ

幸せの大きなチーズケーキ

お菓子作りに初めて挑戦したのは小学校高学年の頃でしょうか。 始まりは母が持っていたお菓子の本。 「あー、このグレープフルーツの皮の中に入ってるゼリー食べたいなあ〜」 「カステラやドーナツっておうちで作れるんだ!」 「このお花の形のクッキーきれい、真ん中のドレンチェリーはちょっと苦手だけど、美味しそう〜」 写真を見るのが大好きで、よだれが出そうになりながらページをめくって楽しんでいました。 そのうち […]…

top
大谷桃子の、母から娘へ。受け継ぐレシピ

カボチャのグラタン

信楽の冬は駆け足でやってきます。11月も中盤に入るとジェットコースターのように気温は急降下。 Welcome to「薪ストーブに火が灯る季節」となります。 あたたかい都会では考えられないかもしれませんが、そこから、GWの始まる4月の終わりくらいまで、 約半年間、ストーブの火が絶えることはありません。 寒い季節の始まりを思うと辛い部分もあるのですが、毎年、薪ストーブに点火する時は家中が幸福な空気に満 […]…

%e5%a4%a7%e8%b1%86%e3%83%88%e3%83%83%e3%83%97
大谷桃子の、母から娘へ。受け継ぐレシピ

大豆にまつわるエトセトラ

私は大のお豆好き。 大豆を先頭に、黒豆、ひよこ豆、金時豆、花豆、などなど、乾燥豆をまとめて茹でて、 冷蔵庫や冷凍庫に常備し、煮物や炒め物、サラダやペーストなどに入れて食べます。 私のお豆好きはどこから来たのだろう?と、記憶のページをめくってみると、、、 おばあちゃんの顔が思い浮んできました。 父方の祖母は豆を煮るのが上手で、五目豆や、エビ豆(琵琶湖の小エビと一緒に大豆を硬いまま炊く)、 金時豆やう […]…

%e7%9b%9b%e3%82%8a%e4%bb%98%e3%81%912
大谷桃子の、母から娘へ。受け継ぐレシピ 日々のこと

ナスのはさみ揚げ

今夏、アメリカはオレゴン州のポートランドで展覧会をするために2週間ほど渡米しました。 ポートランドは私が通ったオレゴン大学のあるユージーン市から車で北へ約2時間、 オレゴン州の中で一番大きな街です。 学生時代の友人が取り持ってくれた縁で、今回オレゴンで展覧会ができるという夢のような話が実現しました。 思えば、日本を恋しく思いながら母が送ってくれた料理本(栗原はるみさんの)を片手に 「普通のおかず( […]…

%e5%86%b7%e3%82%84%e3%81%97%e3%83%88%e3%83%9e%e3%83%88
大谷桃子の、母から娘へ。受け継ぐレシピ

野菜天国

夏は野菜の季節。田舎育ちの私にとって子供の頃の夏のおやつはもぎたてのキュウリやトマト、トウモロコシなど。 (ちょっと憧れの)駄菓子屋(今ならコンビニかな)は自力でいける範囲にはなかったけれど、 家の前の畑に行ってできているものを見つけて食べるのは、単なるおやつ以上に楽しいものでした。 大谷家の娘達も小さい頃は畑でたくさんの時間を過ごしました。 「トマトとってきて〜」とたのんだら、花を摘んだりキレイ […]…

%e3%83%88%e3%83%bc%e3%83%95%e3%83%80%e3%83%b3%e3%82%b4
大谷桃子の、母から娘へ。受け継ぐレシピ

豆腐だんご

前回の記事では、雪が降っていた信楽ですが、一転、もう半袖で過ごせる気持ちの良い季節となりました。 みなさん、お元気ですか? 今回紹介するのは外はサクサク、中はフワフワ、大谷家では大人気の豆腐だんご。 豆腐をつぶして鶏の挽肉やいろんなお野菜を混ぜて揚げるおかずです。 ピンポン球より少し大きいくらいのおだんごを山の様に皿に盛ってテーブルの真ん中に置くと、 ちょっととぼけたかわいさに、みんなが笑顔になる […]…

%e5%87%ba%e6%9d%a5%e4%b8%8a%e3%81%8c%e3%82%8a
大谷桃子の、母から娘へ。受け継ぐレシピ

カブと鶏のシチュー

つい先日、4月2日のこと。朝、目を覚ますと外から入って来る光がぼんやり青白い… カーテンを開けると、なんと真っ白な雪景色が広がっていました! 信楽暮らしは長いけれど、4月にこの景色は初めてです。 ねぼけまなこをこすりながら、しばし美しさに見惚れていると…. 「今夜はシチューだな」とひらめきました。タイミングよく冷蔵庫にはカブも鶏肉もあるし。 甘いカブをトロトロ煮込んだ白いシ […]…

bananatoast
大谷桃子の、母から娘へ。受け継ぐレシピ

バナナブレッド

私はバナナが好きです。食べることはもちろん、ワサワサ繁る葉っぱや大きな花など、その姿も。 学生時代から、美味しそうなバナナをスーパーで見つけるとついつい房で買っていました、1人で暮らしているのに。 でも、消費するのに時間がかかって、いつの間にか熟しすぎて黒くなってしまうこともしばしば。 そんな時に作り方をおぼえて、今でもずっと作っているのがバナナブレッド。 熟したバナナをつぶして、砂糖や卵にミルク […]…

%e3%83%88%e3%83%83%e3%83%97
大谷桃子の、母から娘へ。受け継ぐレシピ

春巻き

そろそろお正月気分からも抜け出していつもの暮らしが戻りつつある頃。 おせちもいいけど、いつものご飯がやっぱり落ち着くなって感じます。 新しい年の始まりに紹介したいのは、大谷家の家庭料理の定番、春巻き。 春巻きにはちょっといい思い出がふたつあります。 ひとつめは、結婚して初めて作った時に哲也が「オレの春巻きとおんなじ味!」って喜んでくれたこと。 全然違うバックグラウンドを持つ2人の間に同じ味の春巻き […]…