日々のこと

いつ書いてるの?

img_4480

昨日は、まるで初夏のような1日でした。
今日はぐんと寒くなるのだとか。
毎日、何を着て出かけるか迷ってしまいます。

さて!
「大人になってやめたこと」
そろそろ書店に並び始めている頃でしょうか?

本を出すとよく聞かれることがあります。
「一田さん、いつもすっごく忙しそうなのに、一体いつ書いているんですか?」
って。

はい。
私も1冊の原稿を書くのにどれぐらい時間がかかるのかわからなくて、
最初の頃は、目の前の仕事に追われて、自分の本の執筆がどんどん後回しになり、
いつまでたっても書けない……と編集者に大迷惑をかけたのでした。

これはいかん!
と考えたのが、朝起きたら必ず1本エッセイを書く、という習慣をつけることでした。
もちろん、朝早くから取材に出る、という日などは書けないのですが、
そんな時には、帰ってから1本書く。
そうやって、少し長めに執筆時間をいただいて、
コツコツと書き溜めていきます。

やらなくちゃいけないことが、てんこ盛りになってくると、
つい、間近に締め切りが迫っていることから手をつけたくなります。
でも、そうすると、どんどん「すぐにやらなくちゃいけないこと」
で1日が塗りつぶされていって、
長期スパンでやることができなくなっていきます。
「やりたいこと」が、「やらなくちゃいけないこと」に乗っ取られていく…….

 
どうしてもこれをやる!
と決める時、意志の力でそれを続けるのは難しいと思っています。
それよりも、「これをやる」ための環境を整えることが大事。
家事と育児と仕事でいっぱいいっぱいで、自分の時間がない、
という方なら、
だったら、どうしてもやりたいことを一つ決めて、
そのための時間を先に確保するってこと。

そのためには、優先順位を決めなくてはいけません。
自分のために一番大切なことってなんなのか?
私にとって、それは自分の本の原稿を書く、ということでした。

だから、1冊の本には、私の1日1日のコツコツとした積み重ねが詰まっています。

img_4482

この本には、私が「やめた」いろんなことを綴っています。
4つのカテゴリーに分かれていますが、
一番読んでいただきたいのは「心のこと」という章。

 

ここには、私がず〜っとコンプレックスに思っていたこと、
くよくよしてきたこと、モヤモヤしてきたことを、
「え〜い、やめた!」と振り切るまでのプロセスを綴りました。
完全に「やめた」わけでなく、「やめるぞ」と決めたことも含まれています。

img_4483

そのほかの章には、「おしゃれ」や「食べること」「日々の暮らし」の中でやめたことを
あれこれ書きました。

 

img_4486

 

そっか、こんなこともやめていいんだ……と
思いながら読んでいただければ嬉しいです。

 

 

みなさま、いい1日を。

 

You Might Also Like