美しきワガママンたち

50歳を超えて家族を解散! 京都の町屋で一人暮らしを 西村美津子さん vol.1

 

img_3346

 

もう随分日にちが経ってしまいましたが、
今年のお正月明けに、京都の町屋で暮らす西村美津子さんに会いに行ってきました。

西村さんは、兵庫県芦屋市で開催した「おへそ塾」に来てくださった方。
その時に、「子供が3人いるんですが、そろそろ独立するので、
私もお母さんを卒業させてもらって、
京都の古い町屋を借りて、一人暮らしを始めようと思っているんです!」
とおっしゃっていて、びっくりたまげました。
そのワガママンっぷりに、面白いなあ〜、もっとお話聞いてみたいな〜と
思っていたのでした。

「おへそ塾」が終わってから、
facebookでつながって、西村さんが、京都の町屋を少しずつ改装されていく様子を
興味津々で拝見していました。
お子さん達と暮らしているご自宅は大阪。
そこから通って、新しい暮らしの舞台を作られたというわけです。

せっかく独立したというのに
「一人で寝るのが怖い!」
という投稿を読んで、思わずクスリと笑ってしまいました。

39歳で離婚し、管理栄養士として働きながら、3人のお子さんを養ってきました。
そんな子供達も、今年で30歳、28歳、24歳になるそうです。
28歳の娘さんは今年結婚。9月にはママになる予定なのだとか。
京都に家を借りることを決めてから、大阪の病院を辞め、
京都の病院に仕事場を移し、準備を整えてきたのだといいます。

それにしても、どうして家族を解散し、子育てを卒業しようと思ったのでしょうか?

img_2645

 

「始まりはね、ジャズ喫茶だったんです」と西村さん。
へ? どういうこと?と尋ねました。

「美味しいものを一緒に食べ歩く友達が、ジャズに詳しくて、
神戸のジャズ喫茶を巡り始めたんです。それが楽しくて。
そのうち京都まで足を伸ばしてみようか?と訪ねたのが、
出町柳にある『Lash Life』でした。
そこの奥様がたまたま同じ歳で、すっかり仲良くなって、
気がついたら毎週通うようになっていました。
ちょうど同じ頃、私、ヨガをやってみたかったんですよ。
でも、近所のカルチャーセンターでは面白くない。
だったら、ジャズ喫茶に行くついでに、京都で習ったらいいんじゃないか!
と思いついちゃった(笑)。
たままたインターネットで探したら、すごく良さそうな教室を見つけたんです。
それが『Studio BINDO』。
先生はアメリカ人で、奥様が日本人。
町屋を改装した素敵なスタジオで……。
すぐに申し込みをして、
朝からヨガに行って、昼間はジャズ喫茶に立ち寄り、大阪に帰る、という生活が
始まりました」。

 

食べることが好き、旅が好き。
アンテナがピピッと反応すれば、すぐに行動する。
そんな西村さんの行動があってこそ、この後、町屋を借りるという
大きな決断をいとも簡単に成し遂げられたのかもしれません。

とにかく、西村さんと話していると、こちらまでワクワクと楽しい気分になってくるのです。
ジャズ喫茶も面白そうだし、素敵なヨガスタジオをちょっと覗いてみたい……。

一緒にいる人までワクワクが伝染する……。
それが西村さんの明るさ、そして開いた心のパワーのよう。

img_2625

↑ここが、今も西村さんが通っているヨガ教室

このヨガ教室に東京から通っている一人の女性がいました。
彼女は、「これからヨガがやりたい!」と仕事を辞めて、京都に引っ越して
きたそうです。
「仲が良かったお友達が亡くなって、命の限りを感じたそうです。
自分ももっと自分のために生きよう!って思ったんですって。
ちょうどその頃、私も両親が立て続けに亡くなりました。
もう実家もなくなったし、離婚の時にマンションも手放して、
賃貸マンションで暮らしていました。
このまま、ここで暮らすのもなんだか違うよなあと思って、
『私、どこに住みたいんだろう?』と考えた時
『京都もありかもな……』と思い始めました。
まさか町屋に住むとは思ってもいなかったんですけど」

img_2896

 

そんなとき、ヨガの先生が海外に修行に行くことになり、
奥様がちょうど出産したばかりだったこともあって、子守をするために泊まりに行きました。
「奥さんが妊娠されていた時から、しんどかったらご飯作りに行きますよ〜って
言っていたんです。出産後2〜3回お手伝いに行っていましたね」。

ここで、「世話焼きスイッチ」がオン!
「誰かのために何かをしてあげたい!」
と西村さんが行動を起こす時、必ずいい風が吹きます。

「『京都に住みたいなら、隣の家が空いてるし、不動産屋さんに聞いてあげるよ』
と奥様が言ってくださって。
でも、隣の物件は家賃が15万〜20万と高かったんです。
『無理だなあ、5~6万であったらなあ』って言っていたら、
ポンと出てきたのが、今住んでいるこの家でした。
不動産屋さんは、
『大家さんがもう高齢だから、手入れはしないと言っているし、
住むにはかなり厳しいかもねえ』とおっしゃっていました。
見に行ってみると、畳は真っ黄色でヘナヘナ。かなり古くて痛んでいました。
でも、風情はあって……。
家賃が5万円だと聞いて、もう即決しましたね(笑)。
その場で『借ります!』って言いました」

なんとなんと!
その決断力には驚くばかり!

きっと西村さんは、「そういう時期」にきていらっしゃったのだと思います。
ずっと子供たちのために働いてきて、
人生の後半に差し掛かり、
これから歩いていくであろう道を、坂の上から見下ろしてみた……。
そんなとき、「このまま」と、「動いてみる」という分かれ道が目に入り、
「動いてみる」という細い道の先に
京都の暮らしがキラキラと輝いて見えた……。
そんな感じ。

でも、多くの人は、「きっと楽しそう」と思っても
なかなか行動を起こすことができません。
西村さんが、「エイッ」と飛ぶことができたのは、
これまでそういう歩き方をしてきたからこそ。
人は、無意識にでも「行きたい方向」へと準備を整えているもの。

次回は、これまでの西村さんについて伺います。

 

撮影:近藤沙菜

 

 

 

You Might Also Like