Event/News

新刊が出ます! 「暮らしに必要なものは、自分で決めていい」

%e3%82%ab%e3%83%90%e3%83%bc%e5%85%a5%e7%a8%bf%e3%83%87%e3%83%bc%e3%82%bf_ol%e5%b8%af%e3%81%aa%e3%81%97

 

東京に戻り、いよいよ本格始動です。
みなさま、どんな月曜日を迎えていらっしゃるでしょうか?
からりと晴れた青空のように、
ご機嫌に、軽やかに、一歩を踏み出したいですね。

 

さて!
ジャジャジャン!
1月22日に新刊が出ます。

「暮らしに必要なものは、自分で決めていい」(秀和システム)

若い頃から、ずっと「あの人が使っているから」とか
「巷で人気だから」とか
「これを持ってる私ってどうよ?」と
誰かの目を気にしてものを選んできたワタクシ……。

50歳を過ぎて、ようやく
自分の暮らしに必要なものは、自分で選んでいいんだ、と思えるようになりました。
おそっ!

自分に正直に、本当に「これ便利」「これ素敵」「これ大好き」と選んだ
衣食住にまつわるものを、小さなエッセイと共にご紹介しています。

 

たとえは……。
お尻が大きくてもきれいにはける「ビショップ」のテイパードパンツだったり、

img_0501

 

我が家でおかずを取り分ける時には、なくてはならない、坂野友紀さん作の
サーバーだったり、

 

img_0601

かかとがツルツルになる「ドクターショール」の電動角質リムーバーだったり。

img_2850

どれも私がリアルに使っているものばかりなので、
ちょっとお恥ずかしいのですが、
リアルだからこそ、読んでくださるみなさまの
何かのヒントになればいいなあと思っています。

実は、この本を担当してくださった編集者、
「秀和システム」の黒川裕二さんは、
今から20年ほど前に「主婦と生活社」で「美しい部屋」の編集長だった方です。
まだフリーライターになりたてだった私は、
当時、夜中まで編集部で入稿したり、
終わって屋台にラーメンを食べに行ったり、
がっつり一緒にお仕事をさせていただきました。

「20年ぶりにイチダさんの原稿を読んだよ。
懐が深くて、味わいのある原稿でした。こんなにうまかったかなあ〜」
と言っていただいた時には、感無量で思わず涙がこぼれました。

 

デザインは、引田大さん。
写真は、このサイトでも写真を撮ってくれていて、昨年フォトグラファーとして
独立した近藤さなさんです。

Amazonでは、予約が始まっているようです。(表紙の写真はまだアップされていませんが)
みなさま、よかったらぜひ読んでみてくださいね。

 

 

You Might Also Like