日々のこと

あけましておめでとうございます。今年の目標は「優しく」

img_3440

あけましておめでとうございます。
みなさま、どんな新年をお迎えでしょうか?

 

除夜の鐘を聞き、身の穢れを祓って、まっさらな気持ちで新年を迎える。
そんな日本の風習は素晴らしいなあと毎年思います。

どんなに失敗しても、どんなに成功しても一旦ゼロに戻る。
そしてまた一歩から始める。
だからお正月には、いつも背筋が伸びて、清々しい気持ちになります。

 

今年はどんな年にしようかなあ。
そう考えておりました。
去年は本を出させていただいたり、イベントをしたり、初めてのテレビに
出たりと、大忙しでした。

今年は、もちろん仕事も頑張るし、ワクワクすることをたくさん
やってみたいけれど、
一番は、「優しくいよう」と思います。

何を今更!という感じですが、
歳を重ねるにつれ、そんな思いが強くなってきました。

若い頃は、いいライターになりたくて、いい仕事がしたくて
野心もいっぱい、ヤル気もモリモリでした。

でも、どんなにいい仕事をしても、
すぐそばにいる人に喜んでもらえなかったらなんにもならない……。
すぐ横にいる人を、ほんのわずかな一言で傷つけるようでは、
どんなに成功したって意味がない。
最近そう思います。

 

img_3428

 

以前一度、ブログに書いたことがあるのですが、
かなり昔、母が東京に遊びにきたことがありました。
二人で買い物に出かけると、駅のホームはいつもの通りすごい人!
私は人ごみをかき分け、サッサカ進み、「こっちこっち!」と
呼ぼうと、ふと振り返ると
母が、すれ違いざまに人とぶつかって、
「あら、ごめんなさい」と深々と頭を下げているところでした。

「そんないちいち謝らなくたっていいから、はやくはやく!」
と手を引っ張りましたが、
母が帰っていった後、その時の駅の風景が忘れられなくなりました。

みんなが自分の目的地を目指して、サッサカと歩く中、
母だけが立ち止まって、「ごめんなさいね」と頭を下げている……。

ああ、私は、毎日なんて心を亡くして、ここを歩いていたんだろう、
と思ったのでした。
ぶつかった人にちゃんと謝る。
そんな心を取り戻さなくちゃと……。

 

img_3436

 

自転車置き場のおじさんに「お、寒いね!行ってらっしゃい!」
と笑顔で声をかけられると、
朝から嬉しくなります。

たった一言の挨拶、一瞬の笑顔で、
相手を幸せにできる……。
何かを成さなくても、
そうやって、人に優しく、温かく、いられればいいなあと思います。

まずは、最もそばにいる連れ合いに
今年こそはプンプン怒らない練習から始めなくちゃ!

 

今年も「外の音、内の香」をどうぞよろしくお願い致します。
昨年末は、コンテンツの更新がなかなかできなかったので、
今年は頑張りたいと思っています。

みなさまの新しい1年が笑顔で満ちあふれますように。

 

今年のお飾りは「みたて」さんのものです。

 

 

You Might Also Like