坂下真希子の「毎日パンとサラダ弁当」ときどき「山生活日記」

作り置き活用!夕飯展開おかず

私はおかずを作るときは細々と作らずにどっさり作ります。余ったおかずを活用して夕飯メニューに展開させることで、いつもこれに助けられています。

一から何品も作るのは大変だけど、作り置きおかずがあれば、そのまま出せるのはもちろん、ちょっと手を加えるだけで新たなおかずになるので、簡単に一品できてしまいます。たくさん作っても、同じものが続かないように変化をつけて、使い切るようにしています。

週末山の家で作ったおかず3品↓

⚫︎あさりときのこのオイル煮

7ee66be9-c904-4736-8700-9acc54865149

→著者「パンによく合うかんたんサラダ弁当」P17の中でも紹介していますが、これはあさりの水煮缶を使って作るので手軽で簡単。他の料理にも展開しやすいので、よく作ります。今回はグリーンオリーブの替わりにアンチョビペーストで味付けしました。

あさりときのこのオイル煮  材料>あさり缶1缶、しめじきのこ1パック、アンチョビペースト、ニンニク1片、オリーブオイル適宜(120ml程度)         作り方>片手鍋に刻んだにんにくとあさり水煮(水気切る)、きのこ、アンチョビペーストを入れ、具材がかぶるくらいのオリーブオイルを入れたら火にかける。具材に火が通ったら最後に塩で味を整える

⚫︎キャベツと大根の葉のアンチョビバターソテーとジャーマンソーセージ

9e571d1f-ef7f-4696-a000-a292f9953e04

→ざく切りしたキャベツと大根の葉をニンニクオリーブオイルで炒め、仕上げにアンチョビペーストとバターでソテーしたもの。

⚫︎ミートソース

0ca8b776-f981-4f8d-8094-8c90b6c449db

→前回載せた作り方>たまねぎ1/2、にんじん1/2、セロリ1/2、石づきを取ったしいたけ3個をみじん切りする。厚手の鍋に潰したニンニクとオリーブオイルを入れて火にかけ、香りがしてきたら、野菜を入れ、弱火でよく炒める。しんなりしてきたら、しいたけを加えて炒める。そこに挽肉をほぐしながら入れ、ナツメグ2振り程度を加えて炒め、肉の色が変わったら、赤ワイン1カップ程度入れて煮詰め、汁気がなくなってきたらホールトマト2缶分(4カップ)を手で潰しながら加え、水分を飛ばしながら煮詰める。

上記3品を使って、平日展開したメニューをご紹介します。

展開メニュー

「かぼちゃのミートグラタン」

12b1300a-6712-46fd-a42e-6f35145457ad

かぼちゃはひと口大にカットし、耐熱皿に並べラップしレンジで加熱する。ラップを外し、⚫︎ミートソースを乗せる。(先日のチーズフォンデュが余っていたので、これもこのタイミングでかぼちゃに混ぜて使い切りました。カサ増ししたいときは、ナスやきのこを炒めてここに入れても!)

6fc9ae6f-9e57-4b3a-a561-4de6372bda12

200℃のオーブンに入れて10分ほど加熱。途中でやっぱりチーズを乗せたくなり、ピザ用チーズを乗せてオーブンでこんがりするまで焼きました。

a87476ac-a4e9-496b-877d-0cccf3cb8fe7

展開メニュー

「あさりとキャベツのジェノベーゼショートパスタ」

da6c377c-637f-4fd8-8e97-db1fc7dce11a

フライパンに火をかけ、⚫︎あさりときのこのオイル煮 を入れ、温まってきたら、⚫︎キャベツと大根の葉のアンチョビバターソテーを入れ、軽く炒め、ここに茹で上がったペンネ(この日はフジッリ)とバジルペーストを入れて、全体的に和える。味を見て塩で調整。

展開メニュー

「ソーセージと野菜のスープ」

出汁(しいたけと昆布)を鍋に移し、火にかける。沸騰するまでに、玉ねぎと人参をさいの目に切る。沸騰したら、潰しにんにくと一緒に入れ、煮る。この中に、⚫︎キャベツと大根の葉のアンチョビバターソテーとジャーマンソーセージを刻んで入れ、⚫︎あさりときのこのオイル煮 を入れる。味を見て塩気を調整。

これでこの日の平日夕飯リメイクおかず3品の完成です。

158b6e1c-684f-4162-b26f-0d267c5ea1fb

週末たくさん作ったものも、こんな風にちょっとずつリメイクしながら飽きずに無駄なく活用。使い切ったら、また新たなおかずを作り、ちょっとずつスライドしながら平日を回しています。

 

You Might Also Like