ビジネスピープルからの贈り物

ビジネスにおける正直と誠実

img_2754

気持ちがいい月曜の朝です。
ウォーキングに出かけると、足元に落ち葉が舞う季節となりました。
時が巡るのは早いですね〜。

 

 

さて、土曜日には吉祥寺のギャラリーフェブで、
「キッチンで読む、ビジネスのはなし」の新刊発売イベントがありました。

 

img_8498
本でもご紹介した「ダンディゾン」「ギャラリーフェブ」を営む引田ターセンさんと、
吉祥寺でカフェと洋服のお店「コロモチャヤ」を営む中臣美香さんに
お店を立ち上げる時のお話、
ビジネスにおいて大切だと思っていること、
苦労されていること、
など、本には書いていない、「ビジネス」にまつわるお話を伺いました。

お二人ともお話がとっても上手で、
私は自分も登壇者だということを忘れて、「フムフム」と聞き入っておりました。
内容の詳細は、改めて後日アップしようと思っています。

その中で改めて感じたこと……。
ターセンさんは「自分がやりたいこと」「気持ちいいこと」にとことん正直なんだな〜
ということ。
そして、自分に嘘をつかず、正しいと思ったことをやりきる強さこそ、ビジネスを成功させる
力となるんだなあということ。

 

img_8456

パン屋業界の労働状況は、なかなか過酷なのだと言います。
でも、ターセンさんは、それが許せなかった。
4時から仕込みを始めないといけない、とスタッフが言うのに、
あえて「6時からにして」と伝え、
お休みの日数を増やし、
休憩室をゆったりととり、
みんなが気持ちよく働き、仕事だけでなく各々の暮らしも大事にできるようにした……。

一般的に言う「生産性を上げる」こととは、
真逆なことばかりを手がけられた、と言うわけです。

パン屋なんてやったこともなかったというターセンさんとカーリンさん。
でも、「パン屋っていうものは……」という言葉に負けなかった。
自分たちが、「こいうのがいい!」ということにとことん正直だった……。

これって、強くないとできないなあと思うのです。
つい、私たちは、世の中ってこういうものだから……と、
自分が望んでもいないことに向かって頑張りがち。
自分が我慢すればいい。無理するのは当たり前。

そうやって、自分の心を捻じ曲げていると、
一体何のために働き、何のためにビジネスをしているのかさえわからなくなって、
結局、結果もよくない方向へ向かってしまいます。

私は、ずっと「成功するためには、これは我慢しなくちゃ仕方がない」
というマインドで働いてきたような気がします。
でも、それでは、自分の力を120%生かすことができないのかも。

伸びやかに、自由に、正直に。
自分が本当にやりたいこと、やりたいやり方ってどんなのだったっけ?
無理を重ねて、いろんなことを封印したが故に、見えなくなってしまった
「本当の思い」を
草をかき分けて、改めて探してみたくなりました。

 

そして美香さんは、もう喋り方、その佇まい全てから、
誠実さが伝わってくるようでした。

img_8413

お店の作り方も、
スイーツや洋服の企画の仕方も、
そしてスタッフやお客様との向き合い方も、
「こうした方がいいのかな?」と迷いながら、
誠心誠意、仕事に向き合う……。
普通なら、「どうしたら、あっちへ行けるのかな?」と成功を急ぎがちなのに、
「私はどうしたいと思っているのかな?」
「お客様は何を喜んでくださるのかな?」
「それが、どうビジネスに結びつくのかな?」
と一つ一つの行程を面倒がらず、丁寧に、時間をかけて、深く掘り下げていく……。

早く結果を見たがる私は、
そんな美香さんの、「誠実に」という心のあり方、時間のかけ方に
姿勢を正された気がしました。

午前と午後、20名ずつ。来てくださった方々は、
本当に熱心に耳を傾けてくださって、うれしかったです。
ビジネスのお話は、ビジネスをするためだけに役立つわけではありません。
それは、日々の過ごし方、暮らし方、生き方につながっているなあと、
今回も改めて感じました。

 

イベントをしませんか?と声をかけてくださった、
ターセンさん、カーリンさんに心より感謝いたします。

今回、「行きたかったのに満席で……」というお声をたくさんいただきました。
12月頃に、またこの本のトークイベントを企画しています。
詳細が決まったらお知らせしますね。

 

みなさま、よい一週間を。

 

image1

中臣さんと私の間にいるのは、あやちゃんこと山本綾子さん。
この本の文字起こしを手伝ってくれました。
この写真はあやちゃんにお借りしました。

トークイベント中の写真は、編集者の中野さなえさんが撮ってくれました。

 

 

 

 

 

 

 

You Might Also Like