日々のこと

重版決まりました! 3年前、誰もこの本の企画をいいって言ってくれなかった……。

img_2515

 

窓からの風が涼やかで、金木犀が香り、食欲がもりもり増して困ります。

「キッチンで読む、ビジネスのはなし」
昨夜、重版が決まりました〜!

も〜、嬉しくて嬉しくて。感謝でいっぱい!

3年ほど前になるでしょうか?
周囲の編集者さんたちに「私ね、『暮らし系のビジネスの本』が作りたいんです」
と言って回っておりました。

取材で出会った方から聞くビジネスの話
「おへそ展」や「大人になったら着たい服」で間近に見せて頂いた、
雑貨店や洋服のセレクトショップオーナーの、いつもとは違うビジネスの顔。
そこに「何か新しい扉がありそう!」と、
私の”聞きたがりアンテナ”がビンビン反応していたので。

でも、どの編集者の反応もイマイチでした。
暮らし系でもない、ビジネスでもない。
どっちつかずのそんな本は、面白そうだけれど、売れそうにない……って。

そっか……。と意気消沈しながらも、どうしても諦めきれなくて、
この「外の音、内の香」を立ち上げた時、
「そうだ!自分のサイトなら、好きなコンテンツを作って、好きな話を聞きにいけるじゃん!」
と思い
「ビジネスピープルからの贈り物」を立ち上げたのでした。

 

 

img_7125

自分で会社を立ち上げた方、
社長、オーナー、店長などにお話を伺いに行き始めたのが、今から2年前。
私の中で、少しずつ変化が起きました。
今まで全くなかった「ビジネス回路」が、知らず知らずのうちに育ってきた!

私が新たに知った「ビジネスアンテナ」は大きく3つです。

一つは、自分がやりたいことを見つけたら、「これって誰かの役にたつ?」と考えに考え抜くこと。

ビジネスマンたちは、みんな相手のことをとことん考えていました。
これには本当にびっくり!
誤解を恐れずに言えば、「自分がやりたいこと」をやりたいなら、「誰からやりたいこと」を
実現することが大事ってこと。
私は、これまで「自分がやりたいこと」しか見ていなかったなあと思うのです。
でも、ちょっと視点を変えれば、例えばこのサイトで文章を書く時、「これが誰かの役にたつ?」
と考えることで、全く違う書き方になります。

さらに、「自分も」ハッピーになる、ということも大事。
自分を消して誰かのために……って美しく見えるけれど、
自分を消耗してしまっては、力を出すことができないから。

 

 

_v0a1542

2つ目は、「ビジョン」を立てるということ。
わからなくても、立てる!

私は、「ビジョン」なんて、すぐにわかるわけがない。
とずっと思っていました。
でも、ビジョンは、とことん考えて考えて、違うかもしれないけれど、
私はこう思う!
と腹を括ること。

そして、「ビジョン」を自分で決めないと、
それがあっているか、間違っているかさえわからないということ。

まずは「決める」。
その力を教えていただきました。

 

7v0a5259

3つめは、わからなかったら誰かに聞きに行く、ということ。
「イーオクト」の高橋百合子さんの
ビジネスの始め方には、本当に色々なことを教えていただきました。

何にも知らない、何にもわからない。
でも、心から知りたい、理解したい、と思えば、必ず道が見つかることを
高橋さんの歩みが語っています。

 

もし本をまだ読んでいない方、ぜひ高橋さんのページを読んでみてください。

 

 

こうやって、いろんなビジネスのプロに会いながら、
自分の思考回路が少しずつ変わってきた頃「KADOKAWA」の編集者、中野さなえさんが
「本にしませんか?」と声をかけてくださったのです。

「面白いから絶対に大丈夫、売れますよ!」って。

そして、「何にも省かないで。全部書いてください」
と言ってくださり、
「え?こんな分厚くて大丈夫?」と私自身が心配になるような、
全345ページという「キッチンで読む ビジネスのはなし」を
世に出してくださったのでした。

 

中野さん、本当にありがとう。
ありのままに私の書きたいことを受け止めてくださって、
見守ってくださり、
背中を押してくださったこと、心より感謝いたします!

この本は、主婦の方をはじめ、ビジネスに全く関係ない方に読んでいただきたくて、
「キッチンで読む」
とタイトルにつけました。

ビジネスの話なんだけど、普段の何気ない日常の小さなヒントになれば嬉しく思います。

少しでも多くの方の手へ渡りますように。

 

 

 

You Might Also Like