暮らしの「もの風景」

賢い買い物ってなんだ?

_99a8843r

一つのアクセサリーとの出会いから名古屋市の有松を訪ねました。
前回は、「有松絞り」を「今」の暮らしに取り入れやすいデザインに変換したブランド「cucuri」について、そして「有松絞り」の歴史について伺いました。

 

さて、今回私を有松に連れていってくださったのがこの方。

_99a9071r

マイルストーンターンアラウンドマネジメント(株)のプロジェクトマネジャー高橋元希さんです。
サーフィン焼けという真っ黒な肌でダンディなおしゃれさん。
白いポロシャツは「ユニクロ」。パンツは「エルメス」という落差の激しいコーディネートも
只者じゃない感が溢れています(笑)

 

世界的に有名な某デザイナーズブランドや、アパレル会社で働いていたという高橋さん。

高橋:デザイナーズブランドでは、オフィスにいるより機屋さんに行ったりと、現場に出かけることが多かったんです。そこで、手作りだからこそ偶然できるもの。例えば、「指示したものとは違うんだけど、こっちの方が可愛いよね」と偶然を大事にする物作りを学びました。現場に通っている人でないと見えないものがあるんです。

一方で、アパレル会社の時代には、調子がいいときには、工場にどんどん発注をし、一日でも早く、一枚でも多くと依頼する。でも、調子が悪くなると途端に疎遠になる。
アパレルの都合で産地が右往左往するのは何かが違うんじゃないだろうか? 生産と販売の流れには、もっと違う方法はないのだろうか?と思っていましたね。

 

_99a8934r

そこで考えたのが、物作りの現場と消費者を直接繋ぐ仕組みを考える、ということです。
今まで、ものを作る職人さんたちや工場は、アパレル会社の下請けという形で、依頼されたものだけを作っていました。アパレル会社がデザインをし、製作だけを請け負うということです。
でも、物作りの現場が、「何を作るか」を独自で考え、企画から生産、販売までを行う。
そうすれば、コストも下がり、消費者はいいものを安く手に入れることもできます。

ただ、今まで物作りしか手がけてこなかった工場が、いきなりデザインや販売をすることが難しい場合もあります。そんなときに手助けをするのが、高橋さんの役目というわけです。

 

そんな中で昨年立ち上がった企画が「工場十貨店」。
洋服だけでなく、雑貨や食品まで、
国内の職人さんや工場が作ったものを一堂に集めたセレクトショップが誕生!
「十貨店」というネーミングは「百貨店」に対して、
本当に必要なものは少しでいい、という意味なのだとか。

 

_99a8752r

 

高橋:これからの時代、生活はよりシンプルに、少ないものでの暮らしになってくると思うんです。あれもこれもと欲張って買って消費するのではなく、ものに愛おしさを感じたり、その由来に感謝する。少ないものでも、ひとつひとつを大事にすれば、多くのものも、広い家も必要ないし、時間も豊かになる。そんな循環が生まれればいいなあと思います。たくさん買うのではなく、本当に気にいるものをひとつ買う。これからは、そんな「賢い買い物」の時代だと思いますね。

 

私はこの「賢い買い物」という言葉に、思わず唸ってしまいました。

「大人になったら着たい服」の取材でもよく耳にするのは、
「クローゼットに洋服がいっぱい詰まっているのに、今日着ていく服がない」というもの。
流行や「誰かが良かったと言っていた」と選んだもの、なんとなく買ったものは、
「これ!」と一枚選ぶことができないのです。

今、私が自分のアクセサリーケースの中に、あの有松絞りのネックレスをしまっていたとしたら、パーティーの日、迷わず「これ」と選べると思います。
それは、ネックレスの後ろにあの日訪ねた有松の町並みと、有松の歴史や職人さんたちの物語が繋がって、「愛着」という形にとしてそこにに宿っているから。

有松を訪ねたことで、普段の買い物の姿勢や、ものの「持ち方」についても深く考えさせられた、とても貴重な体験でした。
皆さんも、いつもの買い物をちょっと違う角度から見つめてみませんか?
「なんとなく欲しい」「気分転換に買い物をする」
そんな買い物グセを抜け出して、本当の「賢い買い物」ができるようになりたいものです。

 

全国の素材屋さん、縫製屋さん、加工屋さんなどの「工場」で作られたファクトリーブランドを集めた、新しいコンセプトのセレクトショップが生まれるそうです。
その名も「工場十貨店」。

そのポップアップショップが日本橋三越本店で開催されます。
上記の写真のアクセサリーやブラウスも販売されるそう。
みなさま、ぜひ今に変換された素晴らしい手わざを見にいらしてくださいね〜。

「工場十貨店」
日本橋三越本店本館4階 リスタイルレディ
9月19日(水)〜10月2日(火)

 

撮影/清水美由紀

 

You Might Also Like