Event/News

9月20日 新著「キッチンで読む ビジネスのはなし」が出ます!

kitchen_withobi

 

やっと、やっと、お知らせできる日がやってきました。

9月20日に新しい本が出ます。

タイトルは

キッチンで読む ビジネスのはなし  
              11人の社長に聞いた仕事とお金のこと」  

 

自分の毎日を全然別のところから見つめて、
今までとは全く違う「暮らしを変えるためのアンテナ」を手に入れたいなあと思いませんか?

昨日とは全く変わらない今日なんだけど、
違うメガネをかけてみたら、今日が全く違って見える。
そんなメガネが欲しいと思いませんか?

今までの自分の引き出しにはなかった「アンテナ」や「メガネ」となってくれるのが、
実は「ビジネス」ってものじゃないか。
ずっと以前から私はこの仮説を胸の中で温め続けてきました。

 

というのも、取材先でちょっと聞きかじったビジネスの話が「へ〜!」「ほ〜!」と
心に染み入るように面白かったから。

 

 

 

_mg_4459

 

ギャラリーフェブの引田ターセンさんはこんな風に教えてくれました。

「高いものを売る。
相手がもう持っているものを売る。
それは引田保を売るということです。
私を気に入ってくれれば、なんでも買ってくれる。
気に入ってもらうためには
とことん相手のことを考えることでしょうね」。

 

 

 

 

 

 

7v0a6049

 

「北欧暮らしの道具店」の店長、佐藤友子さんに

「売れる、と売れない、の境目はなんなんでしょうね?」と聞いてみると

「それは、『切実さ』の違いじゃないかなあ」と教えてくれました。

「切実さ」って何?
そのお話の面白かったこと!

 

元々は、この「外の音、内の香」のコンテンツ「ビジネスピープルからの贈り物」を書籍化したものです。
といっても、半分以上は新たに取材をし、
すでにサイト内でご紹介した方の記事もイチから書き直したので、ほぼ丸ごと新たな1冊です。

 

_mg_0089

 

そう、テーマは「ビジネス」であります。
ビジネスのことなんて何にも知らないワタシが、11人の社長にビジネスのお話を聞きに行く、
という1冊です。

 

そして、「キッチンで読む〜〜」というタイトルをつけたのは、

この本を子育てをしているお母さんに、
毎日料理や洗濯をしている専業主婦の方に
自分らしい仕事を探している人に読んで欲しいと思ったから。

 

つまり、ビジネスマンのためのビジネスの本ではなく、
暮らしを大事にしている人たちのためのビジネスの本です。

ビジネスをいつもの暮らしに落とし込む。
そうすると、今までとは全く違う「暮らしの見方」ができる。そう思います。
明日のための新しい扉を見つけたい!
そう思っている方にぜひ読んでいただけたらと思います。

 

 

これから発売までの間に、少しずつ内容をご紹介していこうと思います。
アマゾンではすでに予約が始まっているようです。

 

「へ〜!」「ほ〜!」
私がビジネスマンたちに聞いたお話の面白さを、一人でも多くの方に
お裾分けできたら嬉しいです。

 

 

 

 

You Might Also Like