大谷桃子の、母から娘へ。受け継ぐレシピ

お好み焼き

%e5%87%ba%e6%9d%a5%e4%b8%8a%e3%81%8c%e3%82%8a

「あーこれからご飯炊くのちょっと面倒くさいなあ…」
そんな時ありませんか?
そういう時に私がよく作るのがお好み焼き。
生まれも育ちも関西の私たちにとってお好み焼きは小さい時からずっと食べ続けているソウルフードのひとつ。
結婚した当初、晩御飯にお好み焼きを作ると、、、、
テツヤから「えー、お好み焼きはディナーじゃないやろ?!」というツッコミが。
彼の家ではお好み焼きは週末のお昼ご飯の定番だったようですが、私の実家では立派な晩御飯。
私たちが小さかった頃はホットプレートというものはなく、
40-50cm四方厚さ1cm弱の鉄板(父が近所の鉄工所で切ってもらってきた)を
プロパンガスのボンベにつないだコンロの上に乗せ、
鉄板いっぱいにお好み焼きの生地をどーんと広げ、
母が、大きなコテ2枚使って「えいや!」とひっくり返して、
焼けたらケーキのように放射状に切り分けて(笑)家族で食べる楽しい晩ご飯でした。
実家ではずっとこのいかつい鉄板で焼肉もホットケーキも焼かれていたのですが
離れて暮らしていた学生時代、いつのまにかこの鉄板がホットプレートに変わっていて
大切にしていたぬいぐるみや漫画がいつのまにか処分されていた時のような、
なんだか寂しい気持ちになったことを憶えています。
重くていかつくて全然可愛くないし、縁がないから焼肉の時は油が滴るし、
使いやすさではホットプレートの方がはるかに勝るのに、私にとって四角い鉄板はセピア色の思い出の品です。
現在我が家ではホットプレートに一人で食べやすいサイズのお好み焼きをいくつも並べて焼くのが定番。
フライパンで一枚づつ焼くこともできますが、
ホットプレートがあれば、友達と集まってワイワイ楽しく作れます。
家庭によって入れるものも微妙に違うので、
「うちではちくわ入れるよ」「えー、うちはこんにゃく!」
「紅ショウガは上にのせるよ」「焼きそば入りはお好み焼きじゃないやろ?」
と、お好み談義に花が咲くこと間違いなし(笑)
お好み焼きに使う材料ですぐに作れるおつまみも紹介するので、週末はお好み焼きパーティーいかがですか?

<材料>
卵 3個
だし汁 100cc
薄力粉 1カップ(約150g)
塩 ひとつまみ
山芋 150g(皮をむきすりおろす)
キャベツ 4分の1個(ざく切り)
青ネギ 1-2本(5mmくらいの輪切り)
豚バラ 200g
天かす 大さじ2くらい
紅ショウガ(みじん切り)大さじ2分の1
ちくわ 1本(3mmくらいの輪切り)(お好みで)
焼きそば麺 1パック(バラ肉の油でカリカリになる食感が好きで大谷家では必ず入れますが、オプショナルです)
ソース、マヨネーズ、青海苔、かつお節(適量)

*レシピは3〜4枚分です
*カップは200ccのものを使用
*大さじ1=15cc
*小さじ1=5cc
*うちのお好み焼きは山芋やだしが多めで柔らかいので、好みで粉の量を調整してください
*フライパンで1枚づつ焼いても良い
*残ったら一枚づつラップして冷凍しておけば、お腹が空いた時のスナックなどになります(レンジで温めて)

1.ボウルに卵、だし、すりおろした山芋、塩を入れて泡立て器で混ぜる。
2.混ざったら粉を入れて軽く混ぜ、キャベツ以外の材料を入れて大きめのスプーンなどで混ぜる
(私は無印良品の大きいスプーン型のゴムベラがちょうど良くて好きです)
3.2にキャベツを入れてよく混ぜる。
4.ホットプレートを温めて油を敷き3を直径12cmくらいに広げて、麺をのせ、豚バラを広げてかぶせる。
5.裏側にいい感じの焼き色がついてきたらひっくり返す。
肉の油が焼きそばになじむようにヘラで少し押さえる。
肉がこんがりといい焼き色になったら出来上がり。

%e6%9d%90%e6%96%99

いつものことながら材料はいたってシンプル

 

%e5%87%ba%e3%81%97%e5%8d%b5%e5%b1%b1%e8%8a%8b

だし、山芋、卵、塩を泡立て器でよく混ぜる

 

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%99%e3%83%84%e4%bb%a5%e5%a4%96

キャベツ以外の材料を入れてざっくり混ぜる

 

%e3%81%be%e3%81%9c%e3%81%be%e3%81%9c

キャベツを入れて粉っぽさがなくなる程度に混ぜる

 

%e3%83%a4%e3%82%ad%e3%83%a4%e3%82%ad1

ホットプレートを高温に温め軽く油をしき生地を広げて麺をのせる

 

%e7%84%bc%e3%81%8d2

バラ肉を生地を覆うようにのせ、裏がこんがり焼けるまで待つ(5〜10分くらい)

 

%e7%84%bc%e3%81%8d%ef%bc%93

ひっくり返して表もよく焼く(5〜10分くらい)

 

%e7%84%bc%e3%81%8d4

いい感じにお肉や麺がカリカリになって中まで焼けたら出来上がり!

 

%e3%83%95%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%91%e3%83%b3%e3%81%a7

フライパンでも作れます

 

%e8%b1%9a%e3%83%90%e3%83%a9%e5%b7%bb%e3%81%8d

お好み焼きに使った材料でできる簡単おつまみ(1)野菜の豚バラ巻き
冷蔵庫にある野菜を火が通りやすいように細く切って軽く塩胡椒した肉で巻き爪楊枝で止める。
フライパンを熱しジリジリ焼く。ホットプレートのお好み焼きの隙間で焼いても良い。

 

%e3%81%b0%e3%82%89%e5%b7%bb%e3%81%8d%e7%84%bc%e3%81%8f

仕上げにじゅっと醤油をたらし胡椒をふる。あればレモンを搾ってどうぞ!

 

%e5%b1%b1%e8%8a%8b%e3%81%9f%e3%82%93%e3%81%96%e3%81%8f

お好み焼きに使った材料でできる簡単おつまみ(2)山芋たんざく
山芋を短冊に切り、鰹節ともみ海苔をのせ醤油を少したらして混ぜるだけ!

 

%e3%81%a1%e3%81%8f%e3%82%8f%e3%81%8d%e3%82%85%e3%81%86%e3%82%8a

お好み焼きに使った材料でできる簡単おつまみ(3)ちくわきゅうり
きゅうりを細く切ってちくわに通して食べやすい大きさにカット。
マヨネーズやわさびじょうゆでどうぞ!

 

You Might Also Like