日々のこと

好きなことはやめられない

img_6760

 

取材で北海道へ行ってきました。
とあるペンションに泊まり、朝目覚めて窓の外を見てみたら……。
うっすらと夜があけるところ。
雪と雲とかすかな光。
その墨絵のような風景がなんとも美しくて……。

しばらく見とれていると、あれ?
なんだか人影が……。
新雪の上に足跡を残しながら、あっちへ行ったり、こっちへ来たり。

一緒に行ったカメラマン、興村憲彦さんが夢中になって写真を撮っていたのでした。
この朝だけではありません。

車で移動中、「わ〜、きれいだな〜」「お〜すごい!」
運転しながら、感動しまくる興村くん。
とうとう「ちょっと、いいっすか」と車を止めて、カメラを持って
外へ飛び出してしまいました。

あ〜、この人は美しい景色と、それを切り取る写真が
本当に好きなんだな、と
しみじみ思いました。

「好き」ってこうこうことなんだよな〜って。

私も雪の風景は、なんてきれいだろうと感動したけれど、
きっと興村くんの目には、何十倍、何百倍も美しく映っていたのだろうと思います。
それだけ感動できるからこそ、いい写真が撮れる。

努力をしなくても、
頑張らなくても
力を出せること。
それが、その人が「本当に好きなこと」なんだと思います。
それさえ見つければ、
努力を努力ともおもわず
頑張ろうと力むことなく、
自然に、自分の中にある火種に着火して
ボボボボ〜〜ッと飛び立つことができるのだと思います。

それは、私にとって何なのだろう?と考えると
やっぱり「暮らし」と「書くこと」なんですよね。

それはたとえばこんなこと。
img_0761

取材先で見た「無印良品」の「ひっかけるワイヤークリップ」をさっそく真似して
キッチンのスポンジやたわしを、吊るしてみるってこと。

img_0764

また違った取材で知った、夜寝る前に洗いカゴを吊るしておく、という
テクを真似してみるってこと。

そんな小さな暮らしの工夫が、楽しいしワクワクするのです。
さらに、それを発見したときのことを
文章に綴るのは、また別の種類のお楽しみ……。

私はつくづく、「暮らし」ってことが好きなのだなあと思います。
それを「書く」っていう仕事にできて本当に幸せだなあと思います。

でも、それが「好き」なんだって、わかったのはごく最近のことです。
以前は、「書く」ってことは仕事で、「暮らし」は単なるテーマだった。
でも、やり続けるうちに、
「書く」ってことも「暮らし」ってことも
ちっとも飽きないし、どんどん面白く深くなってきて。

どうやら、私は魂のレベルでこれが好きらしい。
とわかってきたのです。

自分の「好き」を見つけるのって、案外難しい……。

つい人の目に惑わされ
「これを好きって言ってるアタシってどうよ?」と思ってしまう。

でも、嵐が大好きな人は、
嵐から魂のレベルでいろんなことを学ぶはずだし、

食べることが大好きな人は、
おいしいものから、人生に欠かせない何かを学ぶはず。

みなさんの「好き」はなんでしょうか?

You Might Also Like