美しきワガママンたち

本当は何がやりたいの?と連れ合いに聞きました。 広川マチ子さん vol3

 

 

1t1a5710rr%e5%b8%af%e4%bf%ae%e6%ad%a3s

吉祥寺で、ヴィンテージ生地や雑貨の店「Socks」、「Socks*ciao」を
その後、現代アートを展示する「A-things」、
セミオーダーの服を中心とした「A-materials」を営んでいた広川マチ子さんに
お話を伺っています。

西武百貨店で、商品企画のアドバイザーとして働き始めたマチ子さん。
そこで当時新入社員だった、後に連れ合いとなる林さんと出会います。
大学で、西洋美術史を学んだ林さんは、本当は西武美術館の仕事がしたかったそう。
でも、組織の中ではやりたいことをやるのはなかなか難しくて……。

マチ子さんと出会ったころ、「会社をやめてニューヨークに行こう」と決意。
すると「西武百貨店にもニューヨーク駐在があるから」と引き留められ、
フリーランス契約形で渡米することになりました。

 

そこで、マチ子さんも一緒に行くことに。
なんとなんと!
どこまでも、マチ子さんは自分に正直で、自由なのです。

「ニューヨークはね、空気が違うの。
道を行く見知らぬ人と『ハ〜イ!』で会話が始まるのよ。
水を得た魚のうように生き生きしましたね」。

そして、ここでもマチ子さんは知人から
「ニューヨークに行くなら、アンティークの買い付けをして欲しいっていう人がいるんだけど」と紹介され、
「『こういうのが欲しい』って指定された買い付けならやりたくない。
私が、『そのお店にこういうのがあったらいいと思いますよ』と提案し、
選択するということを任せてくれるならやります』って言ったの」と笑います。

蚤の市などをくまなく探して周り、まずは一箱分の古いものを送ると、
「素晴らしい!」と絶賛され、お店に並べても大好評に。
それが、下北沢で当時知る人ぞ知る雑貨店だった「Puri Chori」でした。

1t1a5831rs

 

 

一方で、マチ子さんはニューヨークで仕事を始めた林さんの様子をみて、こう尋ねたのだと言います。
「本当は何がやりたいの?」

すると

「僕は学問をやりたい」とおっしゃったそう。

「じゃあ、そうしましょう、って言いました。
でも、ここからがコーディネーターの腕の見せ所!
私たちは今、お金がない。
だから、まずあなたは出身大学の大学院に戻りましょう。そこでフルブライト奨学金をもらいましょう。
ちょっと回り道だけど、それでニューヨークの大学に行けばいい、って言ったんです」

 

一番身近にいる人が「本当はやりたいことをやっていない」と見抜いた目はさすが!
でも、それよりも、「その人が一番輝けることをすればいい」と大賛成し、
支えたマチ子さんの大きさ、
どうすれば「やりたいこと」が実現できるかと知恵を絞ったクレバーさに驚きました。

 

img_1098

 

img_1097

(上の写真2枚は、ニューヨークのアパートメントを引き上げるときに、マチ子さんが泣きながら撮ったという写真で作ったアーティストブック「a dictionary of moving out」)

 

 

 

こうして二人は一旦帰国。
林さんはひたすら勉強し、見事大学院に入学。トップの成績で奨学金を獲得し、ニューヨークに留学。
奨学金がなくなる2年目からは
アルバイトをしたりあちこちの奨学金をもらいながら、10年かかって博士号を取得しました。

1t1a5915rr%e5%b8%af%e4%bf%ae%e6%ad%a3s

 

 

その間、マチ子さんは買い付けをしたりと、楽しく仕事をしていたそう。

あちこちのお店のカラーに合わせて買い付けをしていましたが、
そのうちに、どこのお店にも属さない、自分の好きなものが見えてきたのだと言います。
「個性が強すぎたり、値段が高すぎたり。でも大好き!
だったら自分で引き受けるしかない」
とお店を開くことを考え始めました。

最初の店「Socks」をオープンさせたのは、手芸作家、下田直子さんとの出会いがきっかけでした。

「直子さんが、吉祥寺でアトリエをオープンさせたんです。
私は直子さんが大好きだったから、私も近くでお店を出そうかなあと言ったら、
直子さんが物件を探してきてくれたんですよね。
ある日ニューヨークのロフトにあるファックスがカタカタとなって
『マチ子さん、いい物件が出ました』って書いてありました。
直子さんが「いい」と言うなら間違いない、と思って、「うちの母親に契約しに行ってもらいます」って
お返事しました。物件を見もせずに決めたんです」

 

一旦帰国し、内装を整えお店をオープン。
「国民金融公庫でお金を借りました。
そして、またまた『好きなものしか置きません!』って決めて(笑)
半年間、何にも売れなくてもいい、そうなったら潔くやめようって思ったんです。
でも、これが意に反して売れたんですよ〜!
私が好きなものを好きな人っているんだ〜って思いましたね」

 

これが、マチ子さんが48歳の時のお話です。
ここから先はまた次回に。

 

撮影/清水美由紀
着付け/大野慶子

 

 

 

You Might Also Like