日々のこと

おしゃれのまねしんぼ

img_0748

 

みなさま、「大人になったら着たい服 2018春夏」はもうお手にとっていただけたでしょうか?
毎回、取材をしながら、いろんな方のおしゃれのテクを間近に見せていただけて
本当に勉強になります。
そして、自分にできそうなことから「まねしんぼ」してみます。
私は、まだまだおしゃれ初心者だから、
真似する内容は、すご〜く当たり前のことだったり、初歩的なことばかり。

今回真っ先に真似して買ったのが、「ユナイテッドアスレ」のTシャツです。
これ、「ヘインズ」みたいに10枚セットでいくら、と販売されている
メイドインアメリカのもの。

img_0743

スタイリストのマネージメントを手がけていらっしゃる、おしゃれの大先輩、高橋明美さんに
教えていただきました。

特徴は、すっごくしっかりした生地と、
襟ぐりがいい具合に詰まっていること。
何度洗濯しても、襟元がよれないし、
セーターやカーディガンから、ちらりと白をワンライン出すのにちょうどいいつまり加減。
1枚で着てもサマになります。

そしてなんといってもリーズナブル!
私は2枚セット1980円で買いました。

こんな風に、主役でないもの。
なんでもいいんだけど、なんでもよくないもの、
がおしゃれにはとても大事なんだ、ということがわかってきました。

パーマネントエイジの林多佳子さんも、
dajaの板倉直子さんも、
インナーを襟ぐりの空き違いで、数枚揃えて、いらっしゃいましたっけ!

そして、これから真似したいのがこれ!

img_0741

新潟のセレクトショップ「ストアルーム」のオリジナルブランド「アピースオブライブラリー」の
白シャツです。

これまで、白シャツといえば、ボタンダウンを中心に、トラッドなものしか選びませんでした。
こんな風にフリルやタックが入ったものは「私じゃないかも」と思っていたのです。
でも、店主でデザイナーんも小林泰子さんのコーディネートの素敵だったこと!

img_0740

 

古着のようなメンズライクなパンツに、ちょっとエレガントなシャツを合わせる。
ちょっとエレガントなスカーフをプラスする。
そんな甘辛バランスが絶妙で、
あれ?私もフリル、着てみようかしら、と思わされました。
ぜひこれからゲットしてみようと思っています。

 

今回の取材で、改めて思ったのが「おしゃれの力」でした。

img_0745

 

茨城県のつくばみらい市で、娘さんとともにセレクトショップ「ヒュッテ」を営む阿部由美さん。
ご主人を亡くされて、しょんぼりしている時に
娘さんに背中を押されてお店をオープンしたそうです。
若いころには、「きれい目ファッション」だったのに、50歳をすぎて、カジュアルなおしゃれを知り
「ストッキングを履かない」ようになったそう。

ちょっと派手めの「快晴堂」のチェックのプリーツスカートに「アーメン」のスニーカーを合わせた
コーディネートの爽やかなこと!

おしゃれって人を変える力がある。
おしゃれって、明日を変える力がある。

そう教えられた気がします。

 

その他にも、それぞれの方のおしゃれには、その人だけのストーリーが繋がっています。
私は、おしゃれの本なのに、そのストーリーに興味があって、
そこを一生懸命書きました。
ぜひみなさん、お手にとってみてくださいね。

 

 

さらにさらに!
本の中でも告知させていただいていますが、
4月18日〜26日まで、阪急うめだ本店で
「おしゃれの新陳代謝展」が開催されます。
大人気のパーマネントエイジさん、dajaさんをはじめ、上でご紹介した「ストアルーム」さんも参加。
今回は、ファッショントークショーからメイクレッスンまで、いろんなイベントも盛りだくさん!
詳しくは、また改めてご紹介しますね。

お近くの方、ぜひスケジュール帳にチェックいれておいてくださいませ〜!

 

 

img_0750

 

 

You Might Also Like