日々のこと

出し惜しみしている暇はないけれど

img_0394

 

朝ウォーキングに出かけると、あちこちから梅の香りが漂ってくるようになりました。
蝋梅、白梅、紅梅……。
まだ冷たい空気の中、凛とした姿で気高く咲く梅はいいですね〜。

 

昨日は、拙著「丁寧に暮らしている暇はないけれど。」の発売日で、
なんだか落ち着かず、お尻がモゾモゾする感じで1日を過ごしました。
もし、読んでくださったら、感想など聞かせていただけると嬉しいです!

さて!

少し前のことになりますが……。
昨年、新木場にオープンした「casica」へ行ってきました。
古い銘木倉庫を改装したという店舗で、
鈴木善雄さんと引田舞さんがリノベーションを手がけたもの。
それは、素晴らしい空間で、他のどこにもないディスプレイに度肝を抜かれました!

この空間の2階での展示会に、いつもお世話になっている福岡の北欧雑貨の店「トラム」さんが
参加されていたのです。
会場に行くと、「あれ!」「あら!」と知った顔がいっぱい。

img_0393

コロモチャヤ」の中臣さんともバッタリ会いました。
帰りは吉祥寺まで一緒に帰りました。
新木場から吉祥寺まで小一時間。
電車に揺られながら、いろんなお話をしました。

ご自身の洋服のブランド「ホーチュニアコダータ」のデザイナーでもある中臣さん。
ものづくりのこと、カフェのこと。
色々悩みながら、精一杯背伸びして頑張っている姿には、
なんだか胸が熱くなるようで、フレッシュな心を持つことを思い出させてもらいました。

そして、私は最近あったこと、見たこと、感じたことを色々お話しました。
もし、私の些細な経験が、何かの糧になったら嬉しいなあと思って……。

実は、こんな風に話すようになったのは、ごく最近のことです。
以前は、「たかが私の経験をそんな風にエラソウに話すなんて……」と
妙に自意識過剰になって、自分にブレーキをかけておりました。

ずっと「偉そうに話す」ということを極端に恐れてきたような気がします。
「お前、そんなに偉いのか!」とささやく自分がどこかにいて……。

でも、ここ最近、「出し惜しみしている暇はない」と思うようになったのです。

そんな大したことを成し遂げたわけではないけれど、
私は私なりに、20代の頃から一生懸命「ライターになる」ことを模索して、
あちこちにガチンと頭をぶつけ、学んできました。
暗中模索の只中で、一体どうしたらいいのかわからず、
「正しい道ってどうやって探すの? 誰か教えて!」と思ったものです。
もちろん、それは自分で探すしかなかったのですが、
ほんの少しの誰かの言葉に、「あっ、そうか!」と光を見たことも数知れず……。

だからこそ、歳を重ねた今、
「そんなに偉いわけじゃない」などと、自分を出し惜しみするのではなく、
「こう思った」「あんなことがあった」「こういう方法もある」と
自分が経験したことを、語ろう!と思ったのです。

 

こう思うようになった理由のもう一つに、大きな心の変化があります。
正直に告白すれば、
若いころは「一人勝ちしてやろう」と思っていたのだと思います。
誰かを出し抜いて、自分が一番になってやろうって……。

そんなことしても、ちっとも嬉しくないし、ハッピーじゃない。
ってことが、お恥ずかしくも最近分かってきました。
素敵なものは、みんなで分け合って、みんなでハッピーになる方が、ずっといい。

だから、私が見たり、知ったり、聞いたことは、どんどん放出するし、
求められれば、教えるし、助けるし、役に立ちたいと思う……。

 

そう、「出し惜しみしている暇はないけれど」なのです!

You Might Also Like