坂下真希子の「毎日パンとサラダ弁当」ときどき「山生活日記」

本日(2/21)のパン&簡単サラダ弁当

今日もいつもの簡単サラダ弁当。今日サラダの上に乗せた作りおき惣菜はこちらの2種類。

img_1173

⚫︎かぼちゃのシンプルサラダ  カリカリベーコンのせ
→かぼちゃはひと口大にカットし、蒸してからあたたかいうちにボールに入れ潰す。塩、オリーブオイル、メープルシロップ、豆乳を入れて混ぜ合わせる。今回は厚切りベーコンを千切りし、フライパンでカリカリに炒め、トッピング。仕上げにナツメグをかけてもおいしいです。

→シンプルなかぼちゃサラダはトーストにのせたり、フレンチトーストにしたり、玉子焼きに混ぜたり、春巻きの餡にしたり、アレンジが出来て便利です

⚫︎春野菜とゆで卵のアンチョビタルタルショートパスタ(カサレッチャ)
→菜の花はひと口大にカット、スナップえんどうは筋をとり、蒸し器で蒸す。ボールにディル、刻んだゆで卵とスライスした紫玉ねぎ、オリーブオイル、千鳥酢、アンチョビペースト、マヨネーズを和える。茹でたショートパスタ(カサレッチャ)を入れ、最後に塩や豆乳で味を調整。

 

前日にカットしておいた野菜サラダは、水菜、キャベツ、紫キャベツ、紫玉ねぎ↓

img_1174

この上に順番に惣菜を乗せていきます。まずはかぼちゃのシンプルサラダから。

img_1175

次は、春野菜とゆで卵のアンチョビタルタルショートパスタ。

img_1176

最後にレモンを添え、上から塩、オリーブオイル、ナツメグをかけて完成です。食べるときにレモンを絞りながらいただきます。

このサラダに合わせたパンは、神楽坂にある『Pain des Philosophes(パン デ フィロゾフ)の「バゲット ジ コンプレット ドゥミ」

img_1100

→北海道産キタアカリの全粒粉を使ったバゲットです。今日はレモンカードでいただきます。

パンデフィロゾフは、神楽坂駅からほど近い赤城神社の裏手にあります。店構えもオシャレです ↓

img_1094

お店に並ぶパンは全て長時間発酵で、バゲット3種、ロデブやリュスティック、ワインのパン「ルージュ」と「ブラン」など、シンプルなハード系の食事パンが並びます。

img_1099

ハード系の他、お店一番人気は「クロワッサン」。出来たてを歩きながらいただきました ↓ サクサク生地にじゅわ〜とバターの香りが口いっぱいに広がります。

img_1151

これはポミエというりんご酵母とフレッシュジンジャーをつかったパン↓

img_1150

どれもこれも全てこだわりが詰まったパンばかり。 早くもまた行って買えなかったパンたちを全部制覇したいです。

というわけで、本日のパン&サラダ弁当はこちら↓

img_1178

今日もこのパンで一日頑張れそうです。

 

店舗情報>
Pain des Philosophes(パン デ フィロゾフ)
住所:東京都新宿区東五軒町1-8
TEL:03−6874−5808
営業時間:10:00〜19:00
※パンが売り切れ次第終了
定休日:月曜日+不定休

 

You Might Also Like