日々のこと

体も頭も心も「流れている」ことが大事

img_8607

 

11月ももう終わろうとしています。
私は、「暮らしのおへそ」次号の取材にあっちこっちへ飛び回り、
やっとひと段落しようとしています。

今回は、取材がギュッと一時期に集中していたので、
毎日朝早くから出かけ、緊張しながら色々な方に会い、感動し、刺激を受け、
クタクタになって帰ってくる……という毎日でした。

そんなこんなで、ずっとサボっていた朝のウォーキングに久しぶりに出かけました。
緑から黄色へ鮮やかに色を変えていた紅葉は、今は黄金色や赤へと移り変わり、
ああ、季節は確実に先に進んでいるんだなあと実感。

こんな都会でも、椿が咲き、ゆずの実が黄色くなり……。
寒い風の中「ユニクロ」で買ったスポーツウェアを着込んで歩いていると、
私にこんなに美しい姿を見せてくれてありがとう!と言いたくなります。

 

そして、凝り固まった全てのことが、ようやく流れ出します。
私は忙しくなると太る、という傾向があります。
原稿の合間にチョコなどをつまみ、食欲で気分転換するから……。
でも、多分一番の原因は、体の代謝が悪くなるから。

久しぶりに歩くと、
「あ〜、体がカチカチだなあ」とやっと感じられるようになり
下半身を動かすことで、血行が良くなって、代謝が上がるのを実感します。
腸の動きも良くなるし、腕を振って歩くと肩甲骨周りもほぐれる……。

 

そして、心と頭の流れもよくなるなあと感じます。
ずっと「今目の前にあること」しか見えず、
取材を無事にこなすこと、原稿を締め切りに
遅れないように書くこと、だけに必死になっていたけれど、
風や空を感じながら歩いていると、
「そういえば、昨日聞いたあのお話、随分前に会ったあの人も同じことを言ってたよな」とか
「そうだ、いつかこれを元にもう少し別の人にも話しを聞いてみようか」
と思考の範囲が過去から未来へ、より大きな世界へと自然に広がります。

「流れる」って大事だなあと思います。
滞って、止まっていたものを「動かして」みる。
たったそれだけで、見えてくるものが変わる……。
そんなことを感じながら歩いた気持ちのいい冬の朝でした。

 

 

 

You Might Also Like