日々のこと

決断という名の階段

img_8466

 

木枯らし一号が吹き、東京は一気に冬の香りに包まれました。
みなさま、いかがお過ごしでしょうか?

 

「まねしんぼ日記」が、とうとうこんな状態に……。
この箱いっぱいに詰まって届いた時には、
「私、これ一生売り歩かないといけないかも……」と思ったのですが、
ありがたいことに、あれよあれよという間に旅立って行き、
残りがこんな少なくなってしまいました。

まだ「欲しいんですけど」とおっしゃってくださる方もあり……。

ということで、

じゃ〜〜ん!!

「まねしんぼ日記」重版いたします〜〜!!

ふふふ。一人で決めて、自分で発注する初めての重版。
出版社で出すより、ほんのわずかな冊数だけど、喜びはひとしおです!

 

取り扱ってくださる書店の皆様、
欲しいと手にとってくださった皆様、
本当にありがとうございます!

 

伊勢丹新宿店での、「大人になったら着たい服」展、無事終了いたしました。
今回改めて感じたのが、参加してくださった店主の皆さんのスゴさです。

何がすごいって、お店を営むということは、決断の連続だということ。
小さな店を大きくした人もいれば、
大きな店をあえて小さくした人もいます。

大きくした人は、より多くの人へおしゃれを提案したいと腹をくくり、
小さくした人は、よりお客様と近く、丁寧に接したいとあえて規模を小さくする方向へと舵をきった。

今期、何を仕入れようかと決め、
オリジナルや別注の服を作ろうと決め、オーダーし、伊勢丹というキラキラした舞台へ
運んでくる……。

全てが決断の連続です。

そんな方々の姿を見て、
決断は、次へ登る階段を作ってくれるのだなあと、しみじみ感じました。

反対に、決断しなければ、次へ進む階段は作れない=足場が固まらないということ。

 

「まねしんぼ日記」の中にも書きましたが、
私は、この「決める」ということをずっと長い間避けてきました。

「決める」って、「決められない」ことを切り捨ててしまうこと。
こぼれ落ちてしまうものの中に、大切なことが隠されているんじゃないか。
真実ってそんなに単純なものじゃない。パシッと決めて割り切れるものじゃない……。

(「まねしんぼ日記」より)
決断するということは、その結果を引き受けるということ。
私は、それが怖かったのだと思います。
でも、決断しなければ、何が良くて、何が悪いのか、いつまでたってもわかりません。

たとえもし、失敗したとしても、そこから学ぶことの大きさは、きっと計り知れないはず。

 

私も、この「外の音、内の香」を立ち上げて、
「まねしんぼ日記」を作ったことで、
本当に色々なことを学びました。
「続けられるかな?」「売れるかな?」とあれこれ心配もいっぱいしたし、
全て自分でやることで、時間もかかったし、手間もかかったし、
大変だったけれど、
エイっと新しいことをやったことで、
「いつも読んでいます」と声をかけていただく嬉しさを知り、
本を1冊1冊直接届ける喜びを味わうことができました。
サイトから広がったご縁もあります。
「決める」ことで足場が固まり、次へ登る自分の足をかける、階段となる……。
ああ、どうしてもっと早く「決断」しなかったのだろう。
そうしたら、もっとたくさんの階段を登れたかもしれないのに……と後悔しかり。

これから、時に頭を打ってタンコブを作ることがあるかもしれないけれど、
「決める」という
怖くて楽しい行程を楽しんでみたいと思います。

 

 

 

img_8475

 

 

「まねしんぼ日記」のお取り扱い店

hal(沼津)
スロウな本屋(岡山)
パーマネントエイジ(兵庫)
コロモチャヤ(東京)
サボンデシェスタ(北海道)
アロマハウスリーフ(愛媛)

 

 

 

 

 

 

 

 

You Might Also Like