日々のこと

日曜日の3つの偶然

img_1107

 

東京では、少し雨風がおさまってきました。
皆様の地域は、ご無事でしょうか?

まるで、神様が天からカードを手渡してくれるように、
「あ、これさっき言ってたことと同じだ!」
「あれ、これも同じじゃん!」
と、耳にすること、目にすること、感じることすべてが、一つにつながってくることがあります。

昨日は雨の中、撮影のために朝から車で出かけたワタクシ。
ラジオでJ-waveを聞いていると、ゲストは「いきものがかり」水野良樹さんでした。
「いきものがかり」の「エール」という歌があります。

東日本大震災の後、東北に行ってこの歌を歌う時……。
歌詞の中に

「さよならは悲しいことじゃない」

というフレーズがあり、
「目の前に、『悲しい』なんてものじゃないほどの辛い体験をした人がいるのに、
この曲を歌えるだろうか?」
と考え込んでしまったそう。

でも、現地に行ってみると、高校生たちが、この歌を歌ってくれていたのだとか。

それを見た時、
「こんなちっぽけな自分より、歌の方が誠実。
自分より、歌の方がずっと信じられる」
と考えたのだと言います。

さらに、もう少しして桜が咲くと、
桜は「人間を楽しませよう」として咲いているのではないのに、
みんなが「こんな悲しいことが起こったのに、桜がまた咲いてくれた」と感じる……。

水野さんは、こんな桜みたいに、自分は歌うだけでいい。
と思ったのだそう。

 

そして、撮影を終えた帰り道。
台風で雨足が強くなり、「早く帰らなくちゃ」と思いながらハンドルを握っていると
今度はラジオから流れてきたのは、シンガーソングライターのmiwaさんの「we are the light」という新曲でした。

miwaさんがゲストで、その曲を書いた時のことを語っていました。
夜の街を、一人ぼっちで寂しく歩いていると、明かりが灯っているだけで、
「ああ、まだ働いている人がいるんだな」とか、「こんな時間でも頑張っている人がいるんだな」と
ちょっと元気づけられることがある……。

light=明かりって、そんな力があるもの。
別に、誰かを励まそうとか思って灯っているわけでないのに、
そこにあるだけで、誰かの役にたっていたりする。
だから、私たちはそれぞれが、誰かのlightになれる……
という思いが込められているそう。

 

 

さらに、寝る前に読んだ笹本稜平さんの「その峰の彼方」

 

img_8407

この物語は、厳冬のマッキンリーで消息をたった津田悟を
親友たちが必死の捜索に向かう、というお話なのですが、
その津田が、生きて帰れるかどうかがわからない、そんな極限の状態になった時、

「この世界から自分一人がけたとしても、それは些細なことにすぎない。
宇宙全体から見れば、もともといなかったようなものなのだ。
それなら深刻に考えるほどのことでもない」

と考え始め、

「自分が特別な存在と勘違いして、あるはずもないものを求めてここにやってきた。
今身に沁みて感じている絶望こそが、自分が手にした最大の成果なのではないのかと……」
と自分が山を登る理由にたどり着きます。

その途端、彼は、この世界と別れる切なさに襲われ、
すると、
山も木々も花々も、全てが懐かしく美しい。
もう一度その世界で生きられたら
と心の底から「生きたい」と願う……。

 

この3つの出来事重なって、なんだか自分へのメッセージのように感じられたのでした。

「いい文章を書こう」とか
「いい本を作ろう」とか

どんなにジタバタしても、
自分の力なんて、ちっぽけで些細なもの。

「私なんて」と卑下したり、
「いつまでたっても自身が持てなくて」と落ち込んだりすることさえ、
「私」にこだわっている証し。

だったら、今目の前にあることを見て、感じて、一生懸命書くだけでいいのかも。
3つの偶然が、
もっとシンプルになれば?
と言ってくれているようでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

You Might Also Like