日々のこと

10年後も、「桃を煮ました」って書いていてはつまんない!

img_9636

朝、カーテンを開けて日差しが差し込むと嬉しくなりますね。
みなさま、いかがお過ごしでしょうか?

大、大、大好きな桃の季節がやってきました。
さっそく近所の産地直送の果物屋さんで、まだ固い桃を買ってきました。
これでコンポートを作ります。

氷砂糖と白ワインを鍋に入れて、カットした桃を加えて15分ほど煮ればできあがり!
ほのかな桃の香りが広がって、幸せなこと!

img_9638

さて。
先日ある方とお話ししていたら……。
「イチダさんは、10年後どうなっていたいんですか?」
と聞かれました。

きたきたきた!
私は、この質問が大キライなのです。
だって、10年後に自分がどうなってるかなんて、わからないもの。

正直に「この質問、苦手なんですよ〜」
とお伝えし
「私は10年後も、細々とでもいいから、書いていたいだけです〜」と
頭をポリポリ書きながら言いました。

すると……。
「じゃあ、10年後書いているためには、今何をしたらいいと思います?」とその方。

えっ〜、今?
と思わず考え込みました。
「書く」という仕事は、依頼をされてこそ成り立つので、
そこはアンダーコントロールな分野なのです。
自分を磨いて、お仕事をいただき続ける努力をするしかない……。
そうぼんやり思っていただけなので、
わざわざ「今何かをする」という発想がなかった!

img_9640

「暮らし系のことじゃない、まったく違う記事を書いてみたらおもしろいかもね」
とその方。

う〜ん……。
それってどんな記事だろう? 政治とか? 経済とか? アートとか? サブカルとか?
いや〜、それは無理無理!

そんな時、ふと思ったのでした。
10年後も書いていられるためには、
書いていることが面白くなくてはいけないんだ!って。
今から10年間、ず〜っと「桃煮ました」だけでは、面白くないんだなあって。

だったら、今全然知らないこと、関係ないと思っていることを
勉強してみなくちゃ!
と突然思い立ったのでした。

たぶん、私は10年後も暮らしまわりのことを書いていると思います。
でも、「生活」とはまったく違うこと。
政治とか、経済とか、アートとか、サブカルとか、医療とか、物理とか……。
そういうことを、学んで、知って、「へ〜っ」とそっちの世界で何かを発見してから
「暮らし」へと戻ってきたら、
10年後も、面白いことが書けるんじゃないか? と思いました。

この分野は自分には関係ない、とシャッターを閉めてしまうのではなく、
ちょっと、首を突っ込んでみようか……。
そうやって、「今できること」の糸口がちょっと見えてきたら、
とたんにワクワクしてきました!

お母さんが、ジャズの世界にのめり込んでもいいし、
事務職で働きながら、物理の本を読んでみてもいいし、
お店を営みながら、数式について学んだっていい。
今いる世界と、まったく関係ない世界のことを学んで、
自分の世界に戻ってきたら、見える世界は変わるのでしょうか?

 

みなさんは、学びたいこと、ありますか?

 

また1週間が始まりますね。
今日もいい1日を!

img_9644

 

You Might Also Like