日々のこと

努力しなくても、受け取っていいんだ!

img_9163

東京は朝から雨です。
ずっと晴れで、「こんなにいいお天気なのに……」と思っていたけれど
雨だと自然に意識が自分の心の奥へ向かうような気がして、
なかなかいいなと思っています。

さて、私ごとですが昨日は誕生日でありました。
毎年あまり大声で「誕生日だよ〜」とは言わないので、
去年までは、ひっそりと過ごしておりました。
が!
昨日はたくさんのサプライズ! びっくりするぐらい多くの人がお祝いのメッセージを送ってくださいました。

インスタやfacebookにはすでにあげましたが、
まずは朝イチにメールを開いたら、ライター塾1期生のみなさんが、
ZOOMで集まって、「いちださ〜ん、おめでとうございま〜す」とひとりずつメッセージを。
このサイトの「きときとノート」を書いてくれていて、
ライター塾ではいつも裏方で支えてくれているあやちゃんこと山本綾子さんが呼びかけてくださったそう。

も〜、朝からパソコンの前で大泣きしてしまいました。

img_9139
そして、夜になるとショートメールが……。
開いてみると、このサイトの「美しきワガママン」で取材させていただいた
藁谷恭子さんからでした。
ご主人は元ミュージシャンで、藁谷さんはずっとピアノをやってきた方。
今は専業主婦で「これでいいのか?」と悶々としたことも……。
でも、最近、少しずつ夫婦セッションを始めて、楽しくなってきた!という方です。
(すばらしい歌声を、「美しきワガママン」に動画で載せています。もしよかった聞いてみてください)

そのご夫婦が、動画で「ハッピーバースデー」を歌って送ってくださった!
みごとなハモリでもう素晴らしい!
これにも大泣きしてしまいました。(一番上の写真です)

私は実は、こうした「受け取るだけ」ということがとても苦手でした。
姉御体質なので、誰かに「やってもらう」より「やってあげる」立場の方が落ち着く……。

img_9157

私はフリーライターです。
雑誌に記事を書くと、ギャランティをいただくことができます。
知らず知らずのうちに、そんな経済の流れが自分の中にこびりついていたよう。
何かを「やった」から、その結果として「受け取る」ことができる。
つまり、受け取るためには必ず理由がある、という世界で生きてきた気がします。
それは、努力をすれば、その結果が自分に帰ってくるという「しくみ」でもあります。

でも……。
この新型コロナの流行によって、自分の力がなんにも役に立たなくなった……。
いくら取材に行きたいと思ってもいけないし、
「こんな企画、きっと面白い!」と考えても、打ち合わせすらできません。
姿さえ見えない相手に対して、どう対処したらいいかもわからずに、
ただただ家にいるしかできないのです。

いったい私はどう考えたらいいのだろう……。
とずっと悶々としています。

そんな中での今回のサプライズ。
あ、私、なんにもしなくてもいいのかもしれない、
と思ったのでした。

「何かをしたから」という理由がなにもないのに、
誰かが私のためにしてくれることを受け取る……。
それが、こんなにも嬉しくて、心に響いて、知らないうちにじわっと涙がでる。
そんな力を持っていると改めて知りました。

だったら、私も理由はなくても、誰かのために何かができる人になりたい……。
そんなことを今考えています。

まだ、具体的にどうしたらいいのかはまったく見えていないけれど、
何かが変わるかもしれないな、という予感がします。
これから、少しずつその正体が何なのかを確かめていきたいなと思います。

上の写真は、夫が買ってきてくれた花束。
「郵便出しに行ってくるわ」と行って、この花とケーキを買って、家の裏に隠しておいて
夕飯のときに出してくれました。
なかなかいいセンスやん!

STAY HOMEはまだ先が長いようです。
みなさま、どうぞお体に気をつけて。
いつもとは一味違う連休が、素敵な日々になりますように。

 

 

You Might Also Like