日々のこと

己のスペックを無視して、自分を愛おしむ

img_8443

ぐんと暖かくなりましたね。
昨日は、自宅に取材が入ったため、早朝からバタバタ……。
HPの更新ができませんでした。ごめんなさい。
どんな取材だったかは、もう少ししたらお知らせしますね。

さて。
この時期、リモートワークなど、自宅で過ごす人も多いはず。
そんな今の状況を逆に楽しく使いたいものです。
普段より、ゆっくり丁寧に本を読むと、先へ先へと読み急ぐときよりも
ずっとたくさんの言葉が胸にささります。

私は今、「おへそ」別冊の取材のために、読まなくてはいけない本がたくさんあって、
自分が好きな本を広げる時間が少ないのが悩みのタネ。
それでも、この本だけは、手放せなくて夢中になって読んでしまいました。
柚木麻子さん作の「BUTTER」です。
書店でたまたま手に取ったのですが、私は柚木さんのことをこの本で初めて知りました。

も〜、びっくりするぐらい面白かったな〜。

 

年上の男たちに料理を作り、尽くして尽くして、いい気持ちにさせ、財産を奪い、殺害した容疑で
逮捕された梶井真奈子。

「本当に彼女が殺したのか」だけではなく、
「若くも美しくもない彼女に、どうして男たちは夢中になるのか」を知りたくて
週刊誌記者の町田里香が動き始めます。

 

最高に面白いのが、刑務所に面会に行った里香に
「これを作って食べて、感想を聞かせて。そうしたら本当のことを話すわ」
と言って、いろんな料理の作り方を話すところ。

いちばんはじめの「命令」が
炊きたてのご飯にバターをのせ、しょうゆを一滴垂らして食べるコト。
でした。

週刊誌記者で自宅には寝に帰るだけ。ご飯はいつもコンビニ弁当。
という里香が、炊飯器を買い、米を炊くところから始めます。
そして、例のバターのっけご飯を食べる描写のおいしそうなこと!

 

そして、梶井真奈子の「命令」に従っているうちに、
里香の持つ「価値観」が壊され、新しい価値観が立ち上がっていく……。
読むうちに、お腹がぐうとなり、
でも、同時にどこか怖く、本当の自分ってなんだろう?と考えさせられる1冊です。

 

img_8449

 

「こんなにもこの事件が注目されたのは彼女の容姿のせいだろう。
美しい、美しくない以前に、彼女は痩せていなかったのだ。
(中略)
梶井は何よりもまず、自分を許している。
己のスペックを無視して、自分が一人前の女であることにOKを出していたのだ。
大切にされること、あがめられること(中略)
それらをごく当たり前のこととして要求し続け、その結果
自分にとって居心地の良い環境を得て超然と振る舞っていたのだ。
そのことが、(中略)里香には感嘆に値すべきことのように思われる。
どんな女だって自分を許していいし、
大切にされることを要求して構わないはずなのに、
たったそれだけのことが、本当に難しい世の中だ」。

誰かに「〇〇して」とお願いするのは意外に難しい……。
「こんな私が頼んでいいのかな?」
「相手に悪いんじゃないかな?」
お願いするための条件が整っているかどうかを、ついチェックしてしまいます。
でも、誰かに何かをお願いすることは、
自分を丸ごと受け入れ、自分を許し、愛おしむことなんだなあと思いました。

ちょっと自分自身を「愛おしむ」という目線で見つめてみようか、と考えさせられました。

よかったら読んでみてください。

そんな読書のお供にしたいのが、ちいさくて、お腹の負担にならない甘いもの。
最近私がはまっているのが上の「ロシェ」というメレンゲのお菓子です。
KINOKUNIYAで見つけました。
砂糖と卵白、アーモンドだけでできていて、サクッと噛むと口の中でたちまち溶けてなくなってしまう
儚いお菓子。
甘さがちょうどよく、大好きです。

お茶を入れて、好きなお菓子を用意して、本を広げて。
不安定な情勢に自分をのっとられないように、
「幸せ」という免疫力を上げたいものです。

 

img_8446

 

 

みなさま、いい1日を

 

 

You Might Also Like