坂下真希子の「毎日パンとサラダ弁当」ときどき「山生活日記」

ときどき週末山生活

先週末は山の家で過ごしました。土曜日はホワイトデーだったので、ダンナと息子からこちらを。

46dbfb5f-33b0-475a-99da-15107dd0e76c

AU BON VIEUX TEMPSの包みを開けてみたら、真っ黒なチーズケーキでした!

ce5bfadd-72cc-4a26-af13-b73a8c546b71

これはもしやバスクチーズ?!

と思いきや、どうやら違うよう。これは トゥルト フロマージュというもので、山羊のチーズを使ったチーズケーキ。みんなで今日のおやつに食べることにしました。

午前中のうちに、夕飯の仕込みをひとつ済ませちゃいます。前日の晩から仕込んできた鶏胸肉の塩麹漬けをタンドリー漬けダレにつけておく作業。

0c1b52ee-3eb7-4bac-9f0e-e801433ea606

作り方

前日の仕込み>鶏胸肉3枚は余分な水分を拭き取り、皮にフォークでブスブスと穴をあけて、塩麹をすりこんでおく。

翌朝、タンドリーの漬けダレを作る。

*カレー粉 小さじ2

*ニンニク、しょうが

各すりおろし2かけ

*ヨーグルト 大さじ6

*蜂蜜 大さじ1

*しょうゆ 大さじ1

*ケチャップ 大さじ2

*ターメリック 小さじ1

前日の晩に塩麹につけておいた鶏胸肉を、削ぎながらひと口大の大きさに切る。ジップロックに漬けダレの材料を混ぜ合わせて、鶏肉をよくもみ込み、半日程度漬け込む。あとは、食べるときにオーブンで焼くだけ。 

カレー粉はいつもこの「オーガニックカレーミックス」を使っています。↓

dcf4b816-f06d-407d-9a6b-067e7e729618

お昼ごはんは家族のリクエストでいつものカルボナーラにしました。

⚫︎キノコと燻製ベーコンのカルボナーラ

材料>

乾麺400g 1.7mm8→300g

4 1個卵黄のみ

ベーコン200g

にんにく1片みじん

しめじ2パック

パルミジャーノ40g

作り方>フライパンにオリーブオイルを引き、ニンニクみじんを入れてから火をつけ、香りがしてきたら、ベーコン→きのこの順番に炒め、茹で汁を少し入れて乳化させる。

7fddb3e4-4ac4-489e-932f-bd2f6eb8ddd6

卵、チーズをボールで混ぜておきます。

1c3dcf4b-425d-4150-8bff-1bdc5724bd10

ここで火を止めて、茹でたパスタを投入し、全体的和える。

316ebe8a-8941-40f0-a990-dc8d43812835

ここに先ほどの卵液をいれる。全て余熱でやると、卵が固まらずに滑らかに仕上がります。

c4df9b57-e3cb-4812-8162-be561169af87

最後にパルミジャーノを上からかけて完成です。

1902a3e5-7a86-449f-b919-9713aea9dc42

美味しいよ!と娘。

3dfb204b-0729-4c46-af96-8a903f7cff24

息子はこれにちょっと醤油をかけて食べるのが気に入っているとのこと。

3a53f100-814c-4b5e-85e6-4da54e463692

私もやってみました。カルボナーラは途中で飽きてくるので、こんな風に味変もありですね。

d6ca25f5-4f49-4605-b57e-7b8eb985f7e0

この日は一日中雨予報。家の中でゆっくり過ごしました。

まずは娘と黒糖くるみづくり。最近はこればっかり作ってます。

作り方>まずはフライパンでくるみ150gを5分程度乾煎り。

a28f98c7-f014-4cc1-ba10-ac6ec8724e4a

小さめのフライパンに甜菜糖70g、水大2程度を入れ中火で沸騰させる。

39b4c557-dc19-40fd-abf8-5ca8554d6ce4

少し煮詰めてからくるみを入れ、全体的に絡まるようによく混ぜていく。娘もだいぶ慣れた手つきになってきました。

2aa60a00-8947-4274-8fb2-f5e2e3ac7a0c

結晶化してきたら火を止める。クッキングシートに広げ、粗熱を取って出来上がり。

cfd2391e-4da7-4a6e-908f-45e549b97991

これにちょっと塩を振っても美味しいです。

私はこの時間に明日の朝用のスコーンも仕込みました。スコーンは時間をかけないでざっくり作るほど上手く上がることが最近わかりました。笑 塗り玉はカルボナーラで余った白身を活用。白身でもいいツヤが出ました。

4d1e32b9-49dd-4d4c-8850-a3c49e6cfa8b

そろそろケーキタイム。先ほどのチーズケーキをカットしました。

d698e207-d1cd-44c6-a1ab-496ee0df1d46

みんなでいただきました!

138ca64b-5180-46c8-a028-9d4f05c83a43

土台はパイ生地でカステラのようにしっとりとした食感で、上の黒い部分は全然焦げた味はしなくて、香ばしく、いいアクセントになってました。

c931eb60-5463-4b8c-b904-0c26e67beb50

先ほど作った黒糖くるみも。お茶請けにぴったりで手がとまりません〜

6a790eb1-de5d-4bce-ad42-4294101d539b

一服したところで、夕飯の準備に取り掛かりました。メインのタンドリーチキンと合わせる副菜を作ります。

⚫︎さつまいもとベーコンのホットサラダ

さつまいもは皮つきのまま1cm角に切りし、水にさらす。フライパンにオリーブオイルを引いて熱し、角切りにしたベーコン100gを入れて焼き色が付くまで炒める。次にさつまいも、ナツメグ少々、塩を加えて炒め、フタをし、さつまいもの色が変わるまで蒸し焼き。

35d2b18c-3d92-4f8a-8573-3d6dbcceb3e0粗熱が取れたらボウルに移し、オリーブオイル、ワインビネガー(なければお酢)、はちみつ、ヨーグルト各大1を加えて和える。

174bac9b-bc46-460e-8558-febac1ff0595

続いての惣菜は、美味しいソーセージを買ったので、キャベツと一緒に白ワイン蒸し。子どもたちに、庭のローズマリーを取ってきてもらいました。

a8e32f30-b8f2-45df-97b1-0c13654db4fc

フライパンにオリーブオイルを引き、ニンニクみじんを入れてから火をつけ、香りがしてきたら、ざく切りキャベツ→ソーセージの順番に炒め、ローズマリー、白ワインを入れて蓋をして蒸し焼き。最後に塩コショウで味つけをするだけのシンプルなもの。

55924fb8-99c4-48e9-8a76-2b129f57dfcf

粒マスタードを添えて、レモンを絞っていただきます。

d57142b0-87c8-47ca-9fe5-98c0d8e78bb1

そろそろタンドリーチキンを焼いていきます。天板にクッキングシートを敷き、その上に鶏肉を並べて、230℃のオーブン15分〜20分焼く。フライパンやトースターでも可)

a36a383e-51dd-4a00-b42d-2fff6c57addc

準備が出来た頃にはすっかり日も暮れてました。今回はツォップのヨーグルトライというカンパーニュを持ってきました。あとは娘におにぎりを握ってもらい、準備完了です。

784688bb-00fe-4868-981e-53bb3ff78df4

ツォップのヨーグルトライには、たっぷりバターをつけていただきましたよ。美味しかった〜

8ca2dc31-589a-4f03-92ab-e600a3d19845

次の朝

今朝の朝ごはんは、昨日焼いておいたスコーンとバナナブレッド。それに合わせ、アッサムで濃いミルクティーを淹れました。

db9c976f-2c3f-4457-b26b-c7ba3ff1610e

スクランブルエッグとソーセージ、水菜のサラダも作りました。

4ac9ebc5-44be-4186-a351-765f62c9d46d

スコーンはオーブンでリヒートしたら、周りはサクッと中はふわっと仕上がりました。半分に割って、まずはバターとブルーベリージャムで。

527f283b-7e4c-49b4-942c-a2f526942ce3

次は、お気に入りの「チャイジャム」。こちらはアフタヌーンティー・ティールームのもの。とっても濃厚でスコーンにもよく合います。

5807148b-c765-4fd2-9901-ea02cacae591

息子と娘は、スクランブルエッグとソーセージを挟んでスコーンサンドにして食べてました。こちらは息子作↓

c5363c04-772a-46b5-81bb-f655ba8df232

のんちゃんのもおいしくできたよ〜!と娘。スコーンはやっぱりクリームやジャムを付けたくなりますが、ちょっと試しに私もやってみました。

68a46451-ddc3-4617-9552-a4a19f3a436c

なるほど、しょっぱい系もなかなかでした!

df40fb7d-46db-46ff-a18e-decdf357eb3d

先週末もたくさん食べて、ゆっくりと家族で過ごしました。

You Might Also Like