美しきワガママンたち

気が長いのと、しつこいのと、粘り強いのと。紅茶教室「お茶の時間」主宰 村上みゆきさん

 

 

_99a7968rs

今回、「ワガママン」として登場いただくのは、
東京西荻窪で紅茶教室「お茶時間」を主宰している村上みゆきさんです。

私は、いつからだったかインスタグラムをフォローさせていただいて、
そこにアップされるケーキやクッキー、紅茶、
たまには日々のご飯まで……。
そのたまらなくおいしそうな写真に、いつも舌なめずりしていたのでした。

でも、おいしそうだけじゃない……。
そんな予感がしていました。
細やかで、でも決して押し付けがましくない。
きっと、完璧な準備をされているだろうに、
「よかったらどうぞ〜」的な、ゆるやかな空気が流れていて、
なんだか見ているだけでほっとして、心地いいのです。

紅茶教室に行ってみようかなあと考えていた時、
「よかったら、お茶会にいらっしゃいませんか?」
と誘っていただきました。
その時からのご縁です。

_99a8055rs

 

 

今回久しぶりにお邪魔すると、
まず出してくださったのが、ホットアップルジュース。
てっきり紅茶が出てくるものと思い込んでいただけに、
思わぬフェイントにびっくり!
でも、これがおいしかった〜。

「小鍋にアップルジュースとシナモンを砕いて入れてから、火にかけるんです」
と教えてくれました。
ぷ〜んとスパイシーな香りがして、りんごのすっぱ甘さだけでない
大人の味わいです。
これは、帰って真似してみよう!
と思ったのでした。
そして「サプライズ」もおもてなしのひとつなんだなあと。

_99a7904rs

 

 

_99a7864rs

 

 

幼い頃、本屋さんでお菓子作りの本を買ってもらい、作り始めるや否や大好きになってしまったそうです。
「丸々1冊全部作れるようになって、次は母が持っていた立派なおお菓子の本を見ながら、
作れるものから作り出して……。
中学生になって進路を考えるときに、母が買っていた「オレンジページ」をパラパラ
見ていたら、『製菓学校』というものがあるって初めて知りました。
絶対ここに行く!って思ってたら、高校卒業していないと入れないということがわかってガ〜ン!
慌ててぶっつけ本番で受験しました」と笑います。

 

辻調理師専門学校を経て、近所のケーキ屋さんに勤務、その後アフタヌーンティーに勤め
紅茶教室に通って勉強しなおした後に独立。
ざっとその経歴を聞いても、その真ん中には必ず「紅茶」と「お菓子」があったよう。
「自分が何者になるかなんて、ず〜っとわかりませんでした」
と語ります。
でも、今回お話を聞いていると、近所のケーキ屋さんで働いていても、
アフタヌーンティーでも、その後紅茶教室を開いたものの、
なかなかそれだけでは食べられなくて、アルバイトをしたときも
「楽しかったんです〜!」とニコニコと笑います。

 

_99a8223rs

 

 

 

_99a8202rs

けれど、どんな時にも、お菓子について、紅茶について突き詰める緻密さといったら!
「気が長いのと、しつこいのと、粘り強いっていうのが、自分の性格っていうのが
やっとこのごろわかってきました。
うちの母親にずっと言われ続けていたのは『頑固だから』という一言。
やりたいことしかやってこなかったと思います。
自分がこうって思ったら、あんまり人の話を聞かず、それをやるぞ!って突き進むので、
いつも周りの人が突然の変化に『えっ!』ってびっくりするの。
でも、私にとっては、ずっとずっと考え続けてきたことなんです」

そんなお話を聞いて「やっぱり〜!」と思いました。
そう、つまり村上さんはきっと、「ワガママン」だってこと。

 

これから、そのワガママンぶりをゆっくり伺ってみることにしました。
おいしいケーキとお茶をいただきながらの、
幸せなインタビューをお届けします。

 

 

撮影・清水美由紀

You Might Also Like