日々のこと

「暮らしのまんなか」復刊しました!

img_7889

 

東京は急に寒くなり、
昨日、夜にテニスのスクールに自転車を走らせていたら、
頭のてっぺんがつ〜んと痛くなりました!

さて。
少しお知らせが遅くなってしまいましたが、
私が10年以上前から担当させていただいている「暮らしのまんなか」が
2年間ほどお休みしていたのですが、
この春、扶桑社から復刊いたしました!

かつては「暮らしのまんなかからはじめるインテリア」という名前だったこのムック。
インテリア雑誌がどんどんなくなっていく中で、
インテリア&ライフスタイルをしっかり紹介する1冊で、私にとって
とても楽しく取材をさせていただく仕事になっています。

今回のテーマは
「整理整頓は引き算から」。

インテリアというと、家具や食器や道具を買ったりと
「プラス」することでつくると考えがち。
でも、本当に必要なものを見極めて、
いらないものを手放す……
ということから始めてみるのはどうだろう……。

さらにもうひとつ。
手間をかけたり、時間をかけたりするのではなく、
何かをやめたり、省略したり。
そうやって「時間を手放す」と、
もっと気楽になって、毎日が楽しくなるかも……。

というわけで、
「ものを手放す」
「時間を手放す」
という2つの視点から、いろいろなお宅の取材をさせていただきました。

 

今回はスタッフと手分けして、
いろんな人に手伝ってもらいました。
私以外の視点が入っているので、物件もバリエーション豊か。

 

img_7891

Dajaの板倉直子さんから紹介いただいた奥田善子さんは、
庭に小さな小屋を建て、家時間と庭時間を過ごしていました。

 

img_7893

久しぶりに会った溝江里映さんは、
新居に引っ越したばかり。
以前は、フランスが大好きで家具や雑貨はアンティークや古いものだったのに
新居は、真っ白なニュートラルな空間。
個性を出しすぎずに、色のない空間で、
自分の中から自然にこぼれ出すものを待つ……。
そんな変身っぷりに驚きました。

img_7894

そのほか、デザイナーの引田大さんにご紹介いただいた
深瀬千絵さんは、「子供のため」という視点を手放し
大人の楽しめる部屋作りにシフト。

 

img_7895

パーマネントエイジの林多佳子さんに連れて行ってもらった
料理家の幣真紀子さんのお宅は中古マンションを
隅々まで自分仕様にリフォーム。

 

img_7896

その幣さんと大の仲良しという料理家の小堀紀代美さんの新居は
ウィリアムモリスの植物柄のカーテンが主役でした。

そのほかにも、見どころがいっぱいです。
ぜひ手にとってみてくださいね。

 

 

You Might Also Like