日々のこと

シアワセは、すぐそこの窓辺にある。

 

img_7801

昨日の東京は、まるで春のような暖かさでした。
そして、「暮らしのおへそ vol29」の発売日!
私が1日間違えて告知をしてしまい、本当に申し訳ありませんでした。
みなさま、お手にとっていただけたでしょうか?

さて。
今号でご紹介した小川糸さんの新刊「ライオンのおやつ」。
読まれた方はいらっしゃるでしょうか?

もう、これが素晴らしい物語なのです。
いい本に出会うと、いつまでも読み終わりたくなくなります。
ずっとこの世界に浸っていたい……。
残りのページ数が少なくなると、なんだか寂しい気がして……。
この本も、ストーリーはもちろんなのですが、
ページとページの間から立ち上る光や影、
香りや音に体をすっぽり包まれて、ひたひたと幸せな気持ちになれる1冊です。

お母様の死をきっかけに「死ぬことが怖くなくなる本を書きたい」と思ったという糸さん。
物語は、余命を宣告された主人公、海野雫さんが、
瀬戸内海に浮かぶレモン島へ向かうところから始まります。
この島にあるホスピス「ライオンの家」で、人生の最後の日々を過ごすために……。

img_7803

そして、「ライオンの家」での日々が淡々とつづられています。
それがもう、気持ち良さそうで、おいしそうで……。
さんさんと光が降り注ぐ部屋のベッドには、
ふかふかのふとんが敷かれ、シーツもまくらカバーも真っ白。

朝食は、365日毎朝違うお粥。
小豆粥、百合根粥、おいしそうだったな〜。
「おやつの間」でいただくのは、ピーナッツスープをかけた豆花だったり、カヌレだったり。

そこでの雫さんの日々を追いながら、読み進めていると
「死にゆく人の物語」ということさえ、すっかり忘れて、
私自身が、なんとも幸せな気分になっていくのです。

仕事でバタバタしても、トラブルがあってイライラしても、
誰かの言葉に傷ついてメソメソしても、
続きのページをそっと繰り始めると、たちまち心に温かさが広がって、
なんともいえない多幸感に満たされる……。

そんな本です。

 

帯には小さな文字でこう書かれていました。
「毎日をもっと大切にしたくなる物語」。

確かにその通りで、暮らしのディティールがあまりにも気持ち良さそうなので、
あ〜、私も干したばかりのふわふわの布団で眠りたい。
とか
小豆でも煮て、あったかいお善哉でも作ろうかな
とか、
窓辺でゆっくり本を読む時間を作ろう
など、
いろんな家での時間が頭の中に浮かびます。

そして、シアワセとは、何かを成し遂げることや、
誰かに褒めてもらうことや、
頑張ってゴールに駆け込むことでなく、
すぐそこの朝日が差し込む窓辺にあるんだよな〜と思えてくる……。

ぜひ、みなさま読んでみてください。

糸さんには、実は「暮らしのおへそvol6」で、「おへそエッセイ」を書いていただいたのでした。
そのときのタイトルが「おむすびのこと」。
今回の表紙とリンクして、なんだか不思議なご縁を感じました。

今日もいい1日を!

img_7805

You Might Also Like