日々のこと

年末は、疲れないよう小分けした小掃除で

img_7396

 

あっという間に大晦日になりました。
みなさま、いかがお過ごしでしょうか?

私は、結局大掃除も片付けもお正月の準備も1ミリもできなくて、
今朝も原稿に向かっております。トホホ。

いつもは年末旅行に出かけることもあって、
私の大掃除はいつも年が明けてから。
一気にバババと片付けるのではなく、
疲れきらない程度に小分けにして、少しずつ取り掛かります。
今も、気分は「小掃除モード」。
気が付いたところから、「いつもは目をつぶる」ところに手を伸ばします。

 

img_7399

それは、ほんのささいな掃除で、
たとえば、お風呂の蓋の隙間を洗うことだったり、
「無印良品」のディフューザーを分解して洗うことだったり。
ディフューザーの蒸気が出る口を洗うなど、細かなところをきれいにするには、
100円ショップで売っているブラシが便利です。
さらに、ここは雑菌がたまりやすいので、
「パストリーゼ」などのアルコールをシュシュっとふりかけておけば安心。

 

img_7400

昨夜は連れ合いがいなかったので、
冷凍庫の大掃除を兼ねて、ひとりで残り物で夜ご飯。
2本とか、1個とか余ってしまって冷凍しておいた、
春巻きやコロッケを救出しました。
冷凍したものをパリッとおいしくいただくには、
フライパンに油を少しだけしいて、熱しきらないうちに春巻き、コロッケを入れ
弱火でじわじわと揚げ焼きにします。
(写真を撮っておけばよかったな〜)
おかげで豪華なひとりディナーになりました。
年が明けて、実家から帰ってきたら、冷蔵庫の掃除に取り掛かろうと思います。

家の掃除って、小さなことの積み重ね。
いつもは、見ないことにしているあれこれに意識を向ける、というのが
私にとっての大掃除です。
1月は、意識的に「小掃除アンテナ」を立てておく、という感じ。
これって「意識」の問題だから、「面倒だなあ」と思う日はパスします。
1年に1度だけ、大雑把で面倒くさがりの私が、あえて部屋のディティールへ意識を向ける……。
そんな時間が意外や好きだったりするから不思議です。

 

みなさんは、どんな「小掃除」をされているのでしょうか?
こんな箇所はこうやって掃除すると便利ですよ〜!っていうことがあれば、ぜひ教えてください!

今年1年間この「外の音、内の香」を読んでくださって本当にありがとうございました。
イベントなどで「いつも読んでいます」とか
「通勤途中の電車の中で読むのが楽しみです」とか
「会社のデスクで読んで泣きそうになりました」など、
声をかけていただく度に、
毎朝、お風呂に入り、ストレッチをした後に、パソコンに向かってこのサイトの記事を書く……
という私の時間が、
いろんな場所のいろんな人の時間とつながっているんだなあと
胸が熱くなります。

来年もコツコツ書き続けていきます。

ではでは、みなさま、素敵な新年をお迎えください。

You Might Also Like