Event/News

あの人素敵、と思う人はいつも同じ印象の服だった。「おしゃれの制服化」本日発売です!

img_6098

びっくりするぐらい、すとんと涼しくなりました。
千葉では停電の復旧までまだまだかかるよう。
少しでも早く日常が戻るようにお祈りしています。

さて、じゃじゃじゃ〜ん!!
本日、新刊「おしゃれの制服化」(SBクリエイティブ刊)発売です!

私にはいったいどんな服が似合うのだろう?
今の自分の暮らしに必要な服ってなんだろう?

そんな迷路から抜け出すためのキーワードが
「いつも同じ印象の服でいい」
ということでした。

昨日アレだったから、今日はコレじゃないと……。
かつて、私はおしゃれに必要なものは「特別感」や「変化」だと思っていました。
だから、いっぱい服を買い、クローゼットはパンパンなのに、本当に自分に似合う服が
1枚もない……という状態に陥っていたのです。

でも、ある時から「あの人、素敵」と思うひとは、
みんな「いつも同じ印象」だということに気づくようになりました。

そうか!おしゃれって、毎日服を取っ替え引っ換えすることじゃないんだ。
いつも同じでいいんだ。
そう知ると、おしゃれのハードルがぐんと下がって気がしました。
これまで「きのうと同じ」ことは、マイナスポイントだとおもっていたけれど、
「いつも同じ」であることこそ、その人の「スタイル」となる……。

そこで、自分だけの「いつも同じ」を見つけることを
「おしゃれの制服化」と名づけてみました。

 

この本では、そんな「制服」を持っているおしゃれさん6名を取材させていただき、
その人ならではの「制服化」のルールを聞きました。

たとえば……。

img_6087

イイホシユミコさんは、シーズンのはじめにヘビーローテーションできそうなパンツとトップスを
2〜3枚エイっと買うそうです。
選ぶときのポイントは「あまり人の印象に残らない」服。
でも、自分が大好きな服。

「印象に残らない服」というのがイイホシさんらしい!
洋服ばかりが頭に残るより、
「何を着ていたかは忘れちゃったけれど、あの人と会えて楽しかったわ〜」という方がずっと大事
なのだといいます。
なるほど〜!と膝を打ちました。

img_6088

スタイリストの大草直子さんは、つい最近までおしゃれの低迷期を過ごしていたと聞いて
びっくり!
何を着てもしっくりこなくて、コーディネートが決まらなかったそう。
そこから抜け出すきっかけが1本の口紅でした。

大草さんの制服化の特徴は、似合うものを見つけたら、
必ずそれを「更新する」ということでした。
きっかけは、なんとなくの違和感なのだと言います。
そんなおしゃれの微調整は、外見と自分の内面のズレを修正することでもあるそう。

「おしゃれは隣の人との競争じゃない」という言葉が胸に刺さりました。

その他に
佐藤治子さん
高橋みどりさん
平井かずみさん
石田純子さん

どの方も、キラリと光るおしゃれの名言を教えてくれて
この取材の面白かったこと!
それぞれの方の詳しい紹介は、また追って……。

 

そして、恥ずかしながら私のおしゃれの制服化のプロセスも載せています。
写真は大森忠明さん。実物より3割増しに撮ってくれました。

 

 

みなさま、よかったら手にとってみてくださいね。

img_6086

img_6095

You Might Also Like