日々のこと

見えていなければ「ない」と一緒!

5bbf851f-2850-49d5-81ed-b28e91c420ae

みなさま、台風の影響はいかがでしょうか?
被害にあわれた方、心よりお見舞い申し上げます。

週末は、兵庫県芦屋市のスペースRで「おへそ塾」でした。
合計5回を終えて、台風もきているし、急いで帰ろう!とJRの芦屋駅に
行くと、もうすでに新幹線が止まっているとのこと。
仕方なく、夙川の実家に戻りました。
(金曜日の夜から実家に泊まっていたのでした)
家のドアを開けると、母は急いでありあわせのもので夕ご飯の用意をし
父がこの日の朝まで私が着ていて、すでに洗濯しおわっていた
私のパジャマにアイロンをかけてくれておりました。
東京に帰れず、仕事のリスケでイライラしておりましたが、
そんな両親の姿にありがたや、と手をあわせたくなりました。

 

bc2c8284-7a1b-4a2c-8bfd-eb50b9874937

芦屋での「おへそ塾」ももう5年目になりました。
リピーターの方も多く、毎回みなさんの「おへそ」の話をきくのが楽しみです。

今回「なるほど〜」と思ったのは
ある方が語ってくださった「あえてピントをずらしてものを見る」というおへそ。
つまり、「あえてぼやかして、ものを見る」ということ。

きっかけはお風呂に入るときに、
いつもはメガネをはずすのに、うっかり忘れたことだったそう。
湯船に浸かってあたりを見渡すと、いつもはぼんやりとしか見えなかったのに
隅々までくっきり、はっきり!
するとあちこちにカビを発見!
「毎日あ〜気持ちいい〜とはいっていたのに、こんなに汚れていたなんて、と
ぞっとしたんです」と語っていらっしゃいました。

でも、「いつも見ているつもりで見えないものがある。だからちゃんと見ないと」とは思わなかったのがすごいところ!

 

その方は「見えるってなんだろう?」「見えないってなんだろう?」と考えたのだといいます。

たしかにそこにカビがあっても「見えていなかった」ら、まったく気にならなかった。
だったら、「見えないもの」は「ない」と同じ。
世の中にある「事実」は、たしかにそこにあるけれど、
自分が「見る」「見ない」で、
そこに「ある」「なし」が決まる……。

だとするなら、今まで当たり前だとおもっていたことを
ピントをずらして見てみたら、「こうじゃなきゃ」と思い込んでいたことが
実は必要ないことになるんじゃなかろうかと……。

 

この話を聞いて、目からウロコが落ちました。
私たちが事実と思い込んでいることも、
自分の「見る」「見ない」という意志によって変えることができる。

嬉しい、悲しい、つらい、しんどい、苦しい。
世の中にはいろんなことがおこるけれど、
それは自分の態度次第で変えることができるのかも……。

いつもの身の回りを「見る」「見ない」という選択肢を意識して
もう一度見直してみたいと思いました。

 

d698ba51-1401-4597-b696-c21cbfe12f46

今回のおへそ塾のおやつは、大川雅子さんがバナナブレッドを焼いて
くださいました。
りんごとプラムのコンポートまで添えて送ってくださいました。
感謝!

おへそ塾って、わたしがみなさんの「おへそ」=習慣を引き出してあげる!
なんて偉そうに考えていたけれど
回を重ねるごとに、
参加者のみなさんが語ってくださることが、
互いにとても参考になって、
私自身が参加者のみなさんに教えられ、助けられていることに
気づきました。

人ひとりができることなんてほんのわずか。
隣にいる人の力を借りることのすごさを実感しています。

まだまだ台風の影響がありそうです。
みなさま、どうぞお気をつけてお過ごしください。

 

 

 

 

You Might Also Like