Monthly Archives

11月 2016

image
坂下真希子の「毎日パンとサラダ弁当」ときどき「山生活日記」

本日のパン&簡単サラダ弁当

今日もいつもの簡単サラダ弁当。べースのサラダは、水菜、ルッコラ、紫キャベツ、紫玉ねぎ、フェンネル。こちらは前日にカット。私は夕飯の支度のときにいつもついでに切ってしまいます。 今日乗せたつくりおき惣菜は2種類。 ボルチーニ茸のオレキエッテ→ボルチーニ茸をお湯で戻しておく。フライパンにオリーブオイルに刻んだニンニクを入れて火をつける。ベーコンと刻んだボルチーニ、しいたけを炒めて、白ワインを入れ、アル […]…

img_6696
日々のこと

毎日サラダ

  以前、フードコーディネーターの江口恵子さんを取材させていただいたとき、 毎日、火を通した野菜と、生野菜の両方を食べるといい、 と聞きました。 それまで、私は火を通した野菜が好きで、 蒸したり、炒めたり、オーブンで焼いたり……した野菜が 食卓の中心。 そっか!生野菜もか! と思ってから、サラダをあれこれ作るようになりました。 作るといっても、油と塩、酢などを適当にふりかけたり、和えるだ […]…

wagamamann_201611_005
美しきワガママンたち

色彩プロデューサー 稲田恵子さん No2

「あのそうさん、かわいいね」 「ね〜」 そんなお孫さんとの会話から 「ね〜」という言葉が 気持ちの確認の意味を持つ、 と改めて知ったと語った稲田さん。 今でこそ、色彩プロデユーサーとして 活躍されていますが、 実は、40歳まで専業主婦で、 色彩にもアートにも全く興味がなく、 むしろ子供達のスポーツ観戦に 夢中になっていた、 と聞いて驚きました。     3人の息子さんを育て や […]…

_dsc6074
いちだ&さかねの往復書簡

いちだ&さかねの往復書簡No2

坂根 一田さんの「これからいい文章が生まれてくる」という心強い言葉に 今のまま、ブログを続けてみようと、悩んでいたことが吹っ切れました。 ありがとうございます。 実は、ずっと焦っていたんです。 それは「暮らしのまんなか」取材の時のこと。 寝るのを惜しんで考えた原稿を一田さんにメールでお送りさせていただいた時に、 20分もしないうちに「こんな言い回しもいいかもしれませんね」と 赤字で返信をいただいと […]…

img_4213
坂下真希子の「毎日パンとサラダ弁当」ときどき「山生活日記」

本日のパン&簡単サラダ弁当

今日もいつもの簡単サラダ弁当。 前日に切って置いた野菜は、水菜・ルッコラ・紫キャベツ・紫玉ねぎ。ちなみにルッコラは山の家で育てたもの。週末切ってキッチンペーパーを濡らしてタッパーに入れておけば鮮度が保たれてぴんぴんしてます。 今日サラダ弁当に乗せた惣菜はこちらの2種類。 キャロットラペ→人参を千切りし、玉ねぎはみじん切りして水にさらす。ボールにワインビネガー、オリーブオイル、クミンパウダー、粒マス […]…

wooden-plate-of-tsukuda-shingo
暮らしの「もの風景」

佃眞吾さんの木皿

  もうずっと15年以上、パン皿は木製と決めています。 湿気をほどよく吸ってくれ いつまでもパリッと保ってくれるので。 これは、昨年の佃眞吾さんの個展で求めたもの。 シンプルなんだけど、 どこにもない形。 この美しさに一目惚れしました。 網で焼くのは横浜の「on the dish」さんの「cotton」という食パン。 スープ バタートースト 自家製マーマレード 長野県のスーパー「つるや」 […]…

IMG_6582
日々のこと

分量はご自分で

  先日、「fog line works」で開催された、 竹花いち子さんの料理教室に参加してきました。 人と一緒に何かをする……ということが、 意外に苦手な私にとっては、珍しいことです。 いや〜、面白かったな〜! そう、面白かったのです。 もちろん、料理がおいしい、 ということにも感動したのですが、 それよりも、竹花さんの料理に対する考え方が面白い! デモンストレーション形式で開催される […]…

IMG_0369
ビジネスピープルからの贈り物

パン屋「ダンディゾン」「ギャラリーフェブ」オーナー引田ターセンさんNo2

吉祥寺で、パン屋「ダンディゾン」と「ギャラリーフェブ」 を営む引田ターセンさん。 かつては、IT企業で働くモーレツビジネスマンでした。 そんなターセンさんに、 夢を実現するための、ビジネスの基礎について伺っています。 前回は、基本の「き」 ビジネスの三角形のお話をしていただきました。 今回は、その中身を、じっくり伺います。     まずは一番上の「ビジョン」から ターセンさん; […]…

img_0712
日々のこと

「外の音、内の香」はじまります。

  いよいよ、この日がやってきました。 「外の音、内の香」はじまります。 「そとのね、うちのか」と読みます。 「about」のところに、このサイトの説明として、こんな風に書きました。   私の夢は、 おばあさんになっても、誰かに会って「へ〜っ」と感動し、 その刺激を、自分の家に持ち帰ったら、 自分の暮らしがちょっと変わる……。 そんなささいなプロセスを、自分の文章で綴っていくこ […]…

IMG_0367
ビジネスピープルからの贈り物

パン屋「ダンディゾン」「ギャラリーフェブ」オーナー 引田ターセンさんNo1

13年前に、吉祥寺にパン屋さん「ダンディゾン」と 「ギャラリーフェブ」をオープンさせた 引田ターセンさんとカーリンさん。 まだおふたりと面識がない頃から ターセンさんは、大手IT企業の重役として活躍し 50歳を機に退職して、このふたつのお店を作ったらしい…… と聞いていました。 その後、何度か取材をさせていただく機会がありました。 おふたりの住まいの素敵なこと! 持っていらっしゃる器や家具や道具の […]…